ピクシブ百科事典

亀山薫

かめやまかおる

亀山薫とは、ドラマ「相棒」の登場人物である。主人公の一人。
目次[非表示]

演:寺脇康文

右京さん!何勝手に編集してんスかぁ!

警視庁特命係員。階級は巡査(巡査長たる巡査) → 巡査部長
シーズン7途中までの右京の初代相棒
係長の右京を除けば、最も長く特命係に在籍していた人物である。

刑事部捜査第一課入りを果たすが、指名手配犯を捕まえようとして逆に人質にされるという失態を犯し、そのことを上層部から咎められて特命係に追いやられる。
左遷された当初は杉下右京とはそりが合わず、時に右京の強引さや策略に騙されたり振り回されたりして反発することも多かったが、右京の持つ心情や思慮に触れる中で徐々に彼のことを認め、良き相棒となっていった。

服装はフライトジャケットにカーゴパンツというラフな格好。ある意味刑事ドラマの鉄則である刑事はスーツという概念を破っていた。(凸凹コンビ感を出すためだろう)
査問会議にもこの服装で出席するが、一応TPOに合わせてスーツを着ることもある。(杉下と初めて対面する時など)
なお彼の後任達はスーツに近いラフな格好で勤務している。

性格は曲がったことが嫌いな熱血漢。その一方で人情にも厚く、それによってうっかり流されてしまうことも少なくない。子供の扱いにも長けており、悪戯盛りの悪ガキともすぐ意気投合して仲良くなれる才を持つ。プライベートでも、不審人物や行動を見ると職務質問をかける事が多いが、陣川くんの様に大失態を犯すような事はないものの、それが原因で事件やトラブルに巻き込まれる経験も少なくない。
一般常識に関しては若干疎い部分があり、島根県の県庁所在地を松山市と覚えていた。(実際は松江市)だが昆虫に関する知識は杉下をも上回り、同じ昆虫好きの米沢と意気投合していた。
ちなみに嘘をつく時は敬語になる癖がある。

体育会系の経歴にしては意外にも味覚および嗅覚がかなり鋭く、事件の凶器発見に貢献したり、ワイン評論家を驚かせたりする程。
また、勘も非常に鋭く「思い出したように出る神がかりに近いヤマカン」で事件の解決に大きく貢献する時が稀にあるが、何かと事件に巻き込まれやすいトラブル体質でもあり、幾度か犯人に人質にされ窮地に陥ったことがある。
さらに霊感もあり、「全裸女性幽霊」を目撃したのがきっかけで白骨死体を発見し、幽霊や超能力に興味を持つ右京から「いささか嫉妬を覚えますねぇ」と言われた事もある。

捜査一課に所属する伊丹憲一とは同期の間柄であり、捜一時代からライバル関係にある。
顔を合わせれば憎まれ口を叩きあう仲だが、緊急時には息の合ったコンビっぷりを見せることもあったほか、伊丹は警視庁を去る際には一応薫を見送っていたため、内面では憎からず思っていたところもあったのかもしれない。

また、シーズン15から登場した鑑識官の益子桑栄も、(薫が退職したずっと後になってから登場したため直接顔を合わせることはなかったが)伊丹と同様、薫とは同期の間柄である。

人間関係ですかぁ?

言わずとしれた相棒。
初期はソリが合わなかったが、一緒に行動していくにつれ、真の相棒になっていく。
なお「右京さん」と下の名前で呼んでいたのは亀山だけだったりする。

新聞記者を経てフリージャーナリストになった亀山の妻。
同じ大学の出身で大学時代から付き合っていた。
一時期別れた事もあったが、亀山姉の暗躍?により結婚した。
得意料理は美和子スペシャル。味は美味くもなく、不味くもなく。地味にバージョンアップしてる模様。

捜査一課の刑事。亀山とは同期であり、よきライバル。
よく「特命係の亀山ぁ~」などと言っては子供のような意地の張り合いをするものの、結構似たもの同士で、時には息のあったコンビネーションを見せる。

元東京地検の検察官であり、美和子を含めた3人で付き合うなど友情に厚い。
だが彼は平成のジャック・ザリッパーと呼ばれた連続殺人鬼だった。

亀山「お前、浅倉か?本当に俺の知ってる浅倉なのか!?」
浅倉「そうだよ!大親友の浅倉だよ!」

プレシーズン2で特命係に逮捕された後も度々登場しており、シーズン2最終回で殺害された際には火葬場で荼毘にふす際に立ち会うなど、その友情は殺人鬼という色眼鏡があっても揺るぎないものだった。(死後も幽霊で登場している)

お世話になりましたっ!!

シーズン7のある事件で殺された親友への思いに接し、その親友が活動していた国、サルウィンを訪れた際、腐敗が蔓延しているこの国の子供達に正義の精神を理解してほしいと感じ、それを教えるために警察官を辞め、妻の美和子と共にサルウィンへ旅立った。最後に関わった事件では、杉下との出会いの事件を彷彿とさせたり、彼との信頼関係の強さを見ることができた。また、杉下からの最後の言葉は出会いの時と同じく携帯電話による一方的なものだった。

杉下の方の感情はわからないが、初対面の神戸に対して「君は亀山くんのようにはなれません」と若干スレていたり、シーズン12で不審者宅に訪問する際、「サルウィンに行っていた亀山くんではありませんか?」などと出汁に使うなど、少なからず記憶には残っているようだ。

それから時が経ち、シーズン16の「300回記念スペシャル」ではシーズン3時の映像が回想として使用され、エンディングでクレジットが表記された。

関連タグ

相棒 杉下右京 伊丹憲一 亀山美和子
これが日常だったあの頃

関連記事

親記事

特命係 とくめいがかり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「亀山薫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1536080

コメント