ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:森口瑤子

概要

相棒Season18の最終回にて初登場した小料理屋、「こてまり」の女将。
かつては赤坂の高級料亭の人気芸者・小手鞠(こてまり)として活動していたが、引退後は峯秋の勧めで小料理屋を開店。花の里が再び閉店して「推理力減退症候群」に陥っていた右京は峯秋の紹介もあって共々この店に通う事となった。
人気芸者だったという事もあってか、どこか妖しげで魔性な雰囲気を醸し出している。
今も多くの大物達とのコネクションがあり、様々な情報を握っているのではと思われる。
実際、初登場時には彼女が持っていた精巧なフェイク動画が事件の大きな転機となり、特命係は事件の背後にいた内閣官房長官、鶴田の存在に辿り着くことが出来た。
シーズン19以降は茉梨の情報も事件解決に繋がる重要な糸口となると目されている。

なお彼女の登場および「こてまり」開店により、右京達が仕事後に羽を伸ばす場所として大切な役割を果たしていた「花の里」は完全に過去の物となってしまったが、見所の一つだった店内でのコミカルなやり取りなど、「花の里」のシーンならではの雰囲気は少なからず引き継がれている。

芸者「小手鞠」としての人気は引退後もなお健在で、訳あって芸者仕事に再び戻ったときには彼女に会いたいがために来た客もいたほど。
また、後輩芸者である叶笑(演:高梨臨)のことは実の娘のように気にかけており、彼女の過去にまつわる殺人事件が起きた際には、彼女の心中をいち早く見抜いた上で特命係に事件解決を依頼するなど、彼女なりの優しさも垣間見せる。
そうした観察眼の鋭さとそれに伴う面倒見の良さ故か、芸者仲間からも「小手鞠姉さん」と呼ばれて慕われるなど人望は厚かった様子。
しかし、その面倒見の良さが仇となるのか、
何かと事件に巻き込まれやすく、右京達が助けに行く事も多い。

余談

茉梨を演じる森口氏は1993年~2003年まで右京演じる水谷豊氏が主演した2時間ドラマ「地方記者・立花陽介」で陽介を支える妻、久美を演じており、水谷氏と気心が知れている間柄と言う事で白羽の矢が立ったようだ。
「相棒」の世界観を崩さず、和服が似合う女優を探し続けていたのだと思われる。
「花の里」「aibou」がトレンド入りを果たし、相変わらずの関心の高さを感じさせた。
Twitter上では「所作の美しさにうっとり」「やっぱり半端なく美人だな~」など、
森口氏の美貌と演技力を絶賛し歓迎する声が上がる一方で、
“花の里の呪い”として、スキャンダルが相次いだ事を嘆き、「3代目は森口瑤子さんになるのかな?初代や2代目の様に何も起こりませんように」「文春砲被弾しませんように」など、
負のジンクスを心配する声も上がっている。

関連タグ

相棒 特命係

宮部たまき - 花の里の初代女将にして右京の元妻。店を畳み、世界へと旅立った。
月本幸子 - 花の里の二代目女将となった元"ついてない女"。彼女もまた店を畳み、別の仕事に転職。

関連記事

親記事

相棒(刑事ドラマ) あいぼうけいじどらま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「小出茉梨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 677

コメント