ピクシブ百科事典

中園照生

なかぞのてるお

 中園照生とは、ドラマ『相棒』に登場する警察官である。
目次[非表示]

演:小野了

概要

警視庁刑事部参事官(警視正)。
相棒でも数少ない初回から出続けているレギュラーで、刑事部長の内村完爾の補佐役(という名の腰巾着)である。

基本的に内村同様、特命係を毛嫌いしているが、実は内心では特命係を頼りにしている節があり、そうしたこともあってか特命係のゴリ押しに弱く、情報を流したりさりげなく協力を打診したりすることもかなり多い。事件が解決した際、「特命係のおかげ」とうっかり口走ったこともある。

内村に対しては腰巾着の役割に徹しており、彼の横暴な振る舞いにも嫌な顔ひとつ見せず従順に従っていたが、近年は少々その態度に変化が見られるようになった。
上記のように特命係を評価する発言をしたほか、

  • シーズン11で内村の方針に露骨に反抗、激昂して刑事部長室を飛び出す
  • シーズン13で内村に差し出した土産を露骨に拒否され、「何年(俺の参事官を)やってるんだ!!」と怒られた後、土産の中身である羊羹を握りつぶして「耐えろ照生……!」と必死に堪える

怒れる拳に羊羹をっ‼︎


  • シーズン15で、実家からのおみやげの栗最中を「つまらないものですが…」と言って差し出したところ、「本当につまらないものだな!」と内村に怒られて「部長やめてくれればいい」「部長の椅子には俺が座る」と内村の気づかないところで言い出す
といった場面が見られる。
長年こき使われている間に、ストレスが許容範囲を超えるレベルで蓄積してしまったようだ……。
実際、右京は内村との関係について「我々が思った以上にスリリングだと思いますよ」とに話している。

警視庁内でマスコミ沙汰の不祥事が発生し、釈明または謝罪会見を行う必要が生じた場合、まず彼が抜擢される(内村直々のご指名)。なお、謝罪会見での泣きの演技は、小野田官房長に「アカデミー賞もの」と言わしめた一方、内村からは「大根役者」と酷評されるなど、かなり両極端な評価を得ている。

家族

所帯持ちであり、中学生がいる(その後、シーズン15で顔は映らなかったものの登場している両者共に登場している)。

妻は霊感が相当強いらしく、本人曰く、「妻の霊感のおかげでここまで出世してこれた」らしい。
この話では、中園が直々に特命係を捜査に招き入れたという経緯があり、そのことを訝しがった右京に対し、「霊感の強い妻の助言を受けたから」と答えている。
ただ、これに関しては「実際は特命係を頼りにしている」と大勢の捜査員の前で公言してしまったら、それが内村の耳に入って自分の立場が危うくなるので、そんなジョークを飛ばしただけかもしれないとも考えられるため、どこまで本当の話なのかは不明である。

関連項目

相棒 内村完爾
警視正

pixivに投稿された作品 pixivで「中園照生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42611

コメント