ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

初代は2003年に登場。

基本的なコンセプトは軽トールワゴンの発想を推し進めたもので、ムーヴをベースに車高を極力高く取り、ハイゼットカーゴのような軽バンに匹敵する1330mmの室内高を確保しつつ、タイヤを四隅に追いやって室内長も最大限確保している。このコンセプトは市場に歓迎され、「スーパーハイトールワゴン」というカテゴリーを築くこととなりスズキ・パレット→スペーシアや、ホンダN-BOX三菱ekスペース日産・デイズルークス→ルークス)といった対抗車種も登場した。

これらの車は車高が極端に高いので、軽乗用車としては燃費も安定性もそれほど良くないが、それでもハイゼットのようなキャブオーバー車よりは格段に乗り心地もよく車内も静かで、法定速度未満で走る分には問題ない水準を確保している。

2007年にモデルチェンジされた際、助手席側のドアは親会社のトヨタラウムアイシスで採用した技術を応用したピラーレススライドドアとなり、乗降性が大幅に向上している。
CMではこれを大々的に宣伝しており、「親子にピッタント」というキャッチフレーズが耳に残っている人も多いだろう。

歴代CMキャラクター

工藤静香/速水もこみち/入山法子(初代)
ユースケ・サンタマリア/小池栄子(2代目標準型)
伊藤英明/長澤まさみ(2代目カスタム)
菅野美穂/青木崇高/石倉三郎/DAIGO/加藤ローサ(3代目標準型)
豊川悦司/綾野剛/菅野美穂/三浦知良(3代目カスタム)
大泉洋(4代目)

関連車種

2代目の派生車種として2009年から2014年まで販売。
こちらはヒンジドアで、シートの座り心地を重視した上級志向のモデルとなっている。
またスバルOEM供給されて、ルクラとして2010年から2015年まで販売された。

2016年にルクラの後継車として登場した、3代目と4代目タントのOEM販売車。


この他にも、初代をベースにパワーソースを燃料電池としたタントFCHVも存在する。

関連項目

ダイハツ 乗用車 軽自動車
軽トールワゴン ムーヴ ウェイク

関連記事

親記事

ダイハツ だいはつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「タント」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「タント」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15218

コメント