ピクシブ百科事典

三浦知良

きんぐかず

三浦″キング″知良とは、日本サッカー界をけん引する生ける伝説。最高齢の現役。1967年2月26日177cm72kg
目次[非表示]

人物

プロになるまで

1967年2月26日静岡県静岡市葵区にて生を受ける。実兄は元サッカー選手である、三浦泰年氏。
知良で「かずよし」と読ませる独特の名前は、母方の祖父より授かった物。
小学校4年の時に両親が離婚、以降三浦姓を名乗るように(それ以前は納谷姓であった)。
その頃から既にサッカーに傾倒しており、中学校の時に提出した進学希望に「第1志望:ブラジル」と書いて、教師から大目玉を喰らう伝説を残している。

ブラジル単身留学

1982年12月に高校の1学年修了を待たずに途中退学、ブラジルへ単身武者修行の旅へ。
地元クラブへ入団を果たすも、日本人独特の身長の低さがネックとなり、当時の指導者たちは口をそろえて「ブラジルでプロになるのは無理だ」と語っていたそう。
1985年に挫折しかけ帰国と言う選択肢を選びかけるが、地元の子供たちがサッカーに興じる姿に発奮し、ブラジルに留まる。
1986年、ブラジルが誇る超名門・サンパウロFCに入門(あの神様ペレを生んだクラブである)。しかしレギュラー定着とは行かず、すぐに別のクラブへと移籍。
その後複数のクラブを渡り歩くジャーニーマンとなるが、1990年2月に復帰。

日本復帰、日本のキングへ

1990年7月、現在の東京ヴェルディにあたる読売サッカークラブへと移籍。日本の方がギャラが良いからと移籍理由を語っていたが、実際のところたけし軍団のラッシャー板前のところに居候するほど生活に窮していた事が、後に暴露されている。
そして1993年、日本での本格的プロサッカーリーグ「Jリーグ」が開幕。ヴェルディ川崎優勝貢献、そして日本人最高得点20得点をマークし、この年のMVPを獲得。名実ともに日本のキングとして君臨。

イタリア挑戦

1994年にイタリア・セリエAのジェノアに1年間の期限付き(レンタル)移籍。この時のジェノアのスポンサーがケンウッドだった事もあり、外貨獲得の為の商業的移籍とする見かたが強かった。
イタリアデビュー戦、DFと競り合って鼻骨骨折のアクシデントに見舞われる。この時競り合ったDFはACミランの伝説的DFフランコ・バレージ。
21試合10先発1得点でジェノアでの挑戦を終え、同じイタリアのトリノFCやポルトガルのスポルティング・リスボンからオファーが掛かるも、いずれも断り日本に帰国。

日本帰国後~現在

日本に帰国後、1996年には得点王を記録するなど目覚ましい活躍を見せたが、1998年に川崎の親会社が撤退。大幅なリストラが断行され、カズに対しても年俸ゼロが提示される。
また、同年のFIFAワールドカップフランス大会でも、代表の最終選考に漏れるなど不遇な時期を迎える。
それでも挑戦の情熱は尽きず、クロアチアのクラブへ2年契約で移籍。(ただしこちらの移籍も外貨獲得の意味合いが大きかった)
この時の挑戦はアシストのみで得点こそ記録できなかったものの、クラブの優勝には貢献している。
その後は京都パープルサンガ、ヴィッセル神戸、シドニーFCなどを渡り歩き、現在は横浜FCに現役最高齢として尽きぬ情熱で日本人を魅了し続けている。

関連記事

親記事

サッカー さっかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三浦知良」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3356

コメント