2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ストイコビッチ

すといこびっち

フルネームはドラガン・ストイコビッチ。1994年~2001年は選手として、2008年~2013年は監督としてJリーグ・名古屋グランパスに所属した。「ピクシー」の愛称でよく知られている人。
目次[非表示]

概要

1965年3月生まれ。セルビア共和国出身。
サッカー選手であり、1994年から2001年まで名古屋グランパスに在籍。
現役引退後は指導者の道を歩み、2008年から2013年まで名古屋の監督を務めていた。2010シーズンにチームをJ1初優勝に導き、自身としては選手時代(1995&1999シーズン、天皇杯)に次ぎ3度目のタイトルを獲得した。
現在はサッカーセルビア代表の監督として活躍している。愛称は「ピクシー」。

ストイコビッチ伝説

  • グランパスに在籍していた1995年、ホテルのバイキングで中西が食べていた納豆に初めてトライし、それ以後は海外キャンプに行くときも納豆を持参するようにクラブにリクエストしていた。
  • 1997年のオーストラリアキャンプで朝食に納豆が出されなかったため激怒し、クラブスタッフを日本食食料品店に買いに行かせた。
  • 梅干しは納豆以上に好き。フランスにいる時も取り寄せている。
  • 梅干はとりわけ大きくて柔らかい物が好みである。
  • 生卵うどん白米の塩焼きも好物。特に鮎に関しては、一回の食事で最多30匹も食べたという都市伝説がある(らしい…)。
  • 名古屋を離れ帰国したときも、アドバイザーとして来日すると、食事のリクエストは「クラブハウスのうどんと納豆、鮎」だった。
  • 小倉トーストが好き。甘いものも好き。クラブハウスにピクシー用のお菓子箱がある
  • 豚汁も好き。遠征に行くと、栄養士に「豚汁はないのか?」と聞いていた。
  • 嫁は、栄養士に教えてもらって、フランスでも日本食を作る。
  • 夏のチーム合宿で「練習が終わったら鮎が食べられるぞ」と選手を鼓舞していた。
  • 2008~2009年、チームにいたバヤリッツァがなかなか日本食になじめなかったために「偏食で栄養が心配」と納豆を食べさせようとするも失敗。
  • 納豆を食べられなかったコーチに、「優勝したら納豆を食べろ」と持ちかけ食べさせることに成功。
  • 盆栽好き。
  • サッカー関連では、1997年7月9日のJ1横浜マリノス戦において、主審・小幡真一郎氏から2度目の警告を受けた後すぐさまカードを奪って審判に対し逆イエローを掲示した(後に自身は数試合停止処分を受ける)。さらに2009年10月17日、同じ相手との試合において、相手GKがタッチラインにボールを蹴り出した際にベンチから駆け寄り、革靴を履いた右足でダイレクトシュートを放ち、見事ゴールネットを揺らした。選手時代に続き、今度は監督としても(試合遅延及び)審判への侮辱行為として退場処分となったが、このシーンは世界中で話題となり、当時のUEFA会長からも称賛された。


関連タグ

サッカー/Jリーグ/名古屋グランパス

関連記事

親記事

サッカー選手 さっかーせんしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9469

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました