ピクシブ百科事典

澤穂希

さわほまれ

澤穂希とは、元ジャパン女子サッカープレイヤーにして、なでしこジャパンのレジェンドでもある。
目次[非表示]

「苦しい時は私の背中を見なさい」

主なキャリア

1978年9月6日生まれ、東京都府中市出身。

12歳でジャパン女子サッカーリーグ(現在で言うなでしこリーグ)デビュー、15歳で女子日本代表デビュー。
ジャパン女子最初の海外リーグ挑戦者
INAC神戸レオネッサに長らく所属した。

FIFA女子ワールドカップに1995年大会から5大会連続出場し、2011年大会で優勝、MVP・得点王も獲得した。

この他、国際Aマッチ79ゴール男女総合での日本人最高記録を更新した。
ちなみにそれまでの最高記録保持者は釜本邦茂氏の75ゴール。メキシコシティオリンピック(1968年)サッカー銅メダルメンバー。

しかし、流石に30代後半に差し掛かると体力のピークもすぎ目眩などにも悩まされるようになってきており、2015年のカナダW杯では出番が大幅に減っていた。
2015年夏に元サッカー選手で他チームのスタッフをしている男性(当初は一般男性としていたが、後に名前と身元がバレてしまった)と結婚。
その後もリオデジャネイロオリンピックへの出場を目指してはいたものの、同年12月に「W杯のレベルにない」として引退を決断、12月16日に「今季限りでの引退」を発表した。
なでしこで共に戦ったチームメイトやファン、サッカー業界人は勿論、盟友吉田沙保里ライヴァル且つ元チームメイトのアメリカ女子代表ストライカーアビー・ワンバックをはじめ多くの関係者がその功績をたたえ引退を惜しんだ。
2015年12月27日の皇后杯決勝をもって現役引退。決勝ゴールを決めて引退に華を添えた。

引退後

引退後は旦那の拠点である仙台に移住。TVのコメンテーター等の仕事などを行っていたが、2016年7月に妊娠を発表。翌2017年1月に無事出産、母親になった。

プレースタイル

最も得意とするのは、トップ下と呼ばれるポジション。しかしながら豊富な運動量と、守備に奔走することを厭わない献身的プレーから、キャリア後半は中盤の底で構えるボランチでの起用が主であった。
ジャパン女子サッカーのパイオニアとしてのプライド・プレースタイルの熱さから、一部では親しみを込めて、「澤兄貴」と呼ばれていて、カズ同様、ジャパンサッカー界のレジェンドでもある。


関連項目

なでしこジャパン なでしこ パイオニア レジェンド
三浦知良

pixivに投稿された作品 pixivで「澤穂希」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107797

コメント