ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

中山雅史

なかやままさし

中山雅史とは、日本サッカー史が誇る最も熱いサッカー選手である。2022年からアスルクラロ沼津の監督。
目次 [非表示]

来歴編集

プロ入り前まで編集

1967年9月23日、静岡県志太群岡部町(現:藤枝市)出身。


高校時代からストライカーとしての片鱗を見せ、下馬評を覆すような形で全国高校サッカー選手権への出場を決めている。

その全国高校サッカー選手権では準決勝でPK負けしたものの、そこまでの4試合やってゼロ失点、更に中山もその4試合で2得点を挙げている。


1986年に筑波大学体育専門学群へと進学。当初静岡選抜で経験のあったディフェンダーに回されたが、同郷の先輩である長谷川健太(さくらももこの同級生)の助言を受けてフォワードに復帰している。

因みに大学の同期に元サッカー日本代表のDF・井原正巳、元バレーボール全日本の中垣内祐一が、一年後輩に元サッカー日本代表のDF・森山佳郎(お笑い芸人・森山あすかの父親)がいた。

プロ入り後編集

1990年にヤマハ発動機に入社し、そのままサッカー部に入部。このサッカー部が後のジュビロ磐田となる。

当時まだ実業団のサッカーチームであったため、サラリーマン生活も経験している。

だがその翌年、1993年に開設されるJリーグの10チームからヤマハ発動機サッカー部が落選されるのを受けると、新規クラブであった清水エスパルスが熱烈なラブコールを送るも、本人はヤマハにこだわりオファーを固辞。


1994年に念願のJリーグ(現J1)昇格を決めると、ジュビロのエースとして獅子奮迅の大活躍を見せ、1998年にはギネス世界記録となる「4試合連続ハットトリック(3得点)」や最速ハットトリック(3分15秒:ただしこちらは国際試合)をマーク。(その後2016年にクロアチア地域リーグで5戦連続ハットトリック達成で抜かれたが、国際試合における最速ハットは2022年現在破られていない。)

しかしこの頃から怪我との戦いが絶えなくなり、スタメンとしての活躍が難しくなってきたものの、それでもピッチに立てばほぼ確実に成果を残しつづけていた。


だが2009年についにジュビロ側から戦力外通告を受け、スタッフ就任を打診される。

しかし現役続行にこだわる中山はこれを断り、コンサドーレ札幌へと移籍。

年俸提示額は最も低かったのだが、自身の体のケアと言う面を考慮し札幌を選択。(札幌は病院が潰れるほど病院が乱立している)


2010年シーズンは途中出場で出番を得るものの、得点には至らず、更にはその11月にひざの手術を行っている。

その後出場もぱったりと絶え、2012年12月ついに「一線を退く」宣言。あくまで「一線を退く」だけで「現役引退」では無い、とは中山本人の言葉。


2015年9月5日、ジュビロ時代の監督だった山本昌邦が理事長を務めるJFLアスルクラロ沼津

の練習に参加し9月14日には現役復帰。

2015年・2016年は公式戦に出場しなかったがムードメーカーとして活動。

2016年にはチームはJFL年間3位となり悲願のJリーグ(J3)入りが決定した。


最終記録はJ1に限れば355試合157ゴール。これはJ1史上最多のゴール数である。


最大の武器はゴールへの執念、サッカーIQとも。ドリブルやトラップなどボールを扱う技術面は拙いが、飛び出しのタイミング等オフザボールの動きはJリーグ史上屈指のレベルで、身体ごとボールをゴールに押し込む泥臭い姿は、逆にブラジル帰りのテクニシャンである三浦知良と対照的なスタイルと共にJリーグを盛り上げるのに一役買った。

決して高くない身体能力と技術でゴールを量産するそのスタイルは多くの選手に参考にされ、サッカー漫画でも彼の影響が窺えるキャラクターは多い。


2020年3月に現役JリーガーでS級コーチライセンスを付与することが決定された。

2021年1月、アスルクラロ沼津を退団。事実上引退となり、古巣ジュビロ磐田のコーチに就任。

2022年11月、契約満了によるコーチ退任とアスルクラロ沼津の監督就任を発表。


代表として編集

日本代表には1992年に選出。試合の流れを一変させるスーパーサブとして重用されると同時に、その熱意あふれるプレーや彼の代名詞でもある軽妙なトークセンスで一躍全国区の知名度を得るに至っている。

また1994年FIFAワールドカップアメリカ大会のアジア地区最終予選のメンバーにも選らばれ、途中からはスタメンにも定着した。

しかし、ご存じドーハの悲劇でサッカー日本代表は、イラクの後半ロスタイムでの同点弾で本大会出場を逃しており、この時中山が崩れ落ちるシーンは日本がサッカーの歴史を振り返る際に必ずと言っていいほど使用される1シーンとなった。


1998年FIFAワールドカップフランス大会では、最終予選の重要な局面で代表に選出され、初の本大会出場へ大きく尽力。

この大会で日本は3試合1得点、2敗1分けで終わっているものの、その1得点は中山が決めており「ワールドカップ本大会における日本人初得点」として公式に記録が残されている。

なお、この大会のあと骨折した事が発覚し、「骨折と引き換えにゴールを決めた」「骨折をしながらゴールを決めた」と美談化されているが、実際には「ゴールを決めた直後に相手選手と接触した為に骨折し、それを引きずりながら3試合全てに出場した」が正解。


2002年FIFAワールドカップ日韓共同大会では、当時の代表監督であったフィリップ・トルシエが落選を仄めかしたモノの、マスコミによる「中山待望論」や対戦国のサポーターによる「ゴンコール」を受け、精神的支柱としての役割を期待され選出。

この時中村俊輔が選ばれなかった為に空席となった背番号10を背負っている。


人物編集

とにかく熱い

闘志あふれる熱血系主人公をそのまんま現実に持ってきたような人物で、そのスタイルは現役を引退した今でも落ち着くような気配はない。FIFAワールドカップ2022カタール大会では強豪ドイツを日本代表が破った試合を見て、現場で解説していた本田圭佑槙野智章に「歴史的な勝利を見ていて、(そこに自分たちがピッチに立っていなくて)悔しくない?」と質問するなど、未だ現役選手としての熱を残し続けているようである。


トーク力も高く、ピッチレポーターやテレビ番組でもプロのタレント顔負けのパフォーマンスを発揮する程。

番組の対決企画等もかなりガチでプレーしたり、解説枠にいながらサプライズ参戦する気満々だったりとノリも良い。

ただ、若干周囲と温度差が出てしまう時があり、スベり枠になってしまうこともある。





家族編集

父・中山儀助は元岡部町町議会議員で映画『Jリーグを100倍楽しく見る方法!!』に声優としてゲスト出演。

妻は女優生田智子。(韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』のチャングム役の日本語吹き替えが有名。)1子(女子)有り。


関連タグ編集

風祭将:作者が中山のファンで主人公の風祭のプレーは中山の影響が大きい事を認めている。

一条龍:主人公。大怪我をして技術は失われたが、サッカーIQとオフザボールの動きを最大の武器とするワンタッチゴーラー。

ゴン隊長:アニメハピネスチャージプリキュア!に氏がゲスト出演したときのキャラクター

鬼瓦権造:あだ名の「ゴン」はこのキャラクターが由来。

関連記事

親記事

サッカー選手 さっかーせんしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18397

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました