ピクシブ百科事典

のび太と竜の騎士

のびたとりゅうのきし

映画ドラえもん第8作。
目次[非表示]

概要

 987年公開の映画ドラえもん第8作。地底に存在する恐竜を舞台にドラえもんたちが地球歴史を揺るがす大事件にかかわっていく。本作は第1作『のび太の恐竜』と同じく、原作者の藤子・F・不二雄が大好きな恐竜がテーマになっている。

あらすじ

ピー助との別れから時は過ぎたが、のび太はいまだに地球のどこかに恐竜がいると信じていた。しかしそのことをスネ夫に笑われ、ドラえもんの道具を使っても「地上に恐竜は一匹も生き残っていない」と釘を刺されてしまう。

そんなある時、スネ夫は絶滅した筈の恐竜の姿を度々目撃するようになり、ショックでノイローゼになってしまう。一方のび太は0点の答案を隠すために「どこでもホール」で地下大空洞を捜し当て、地下空洞を作ってみんなを遊びに誘う。
しかし、スネ夫はただ独り、自分が見たものの正体を突き止めるべく単独行動を続けた末、地底深くに迷い込み行方不明になってしまう。そのことに気づくも、どこでもホールを壊されてしまったため地下に行けなくなってしまう。紆余曲折を経て地底世界の存在を確信し、多摩川の底から地底につながるトンネルを見つけたドラえもんたちは、スネ夫を救出すべく地下世界へと潜入する。

そこは、巨大な植物がうっそうと生い茂る、恐竜たちの世界だった…!!

世界観・用語

本作の重要なキーパーソンであり、いわゆる地底人。恐竜の中で最も知能が高いトロオドンが6500万年かけて進化した生物。高い知能を持ち、恐竜に跨り活動する。
ナンジャ族・モンジャ族のように原始的な文明を固辞する野蛮な種族もいる。

  • 地帝国
地下100㎞に存在する空洞の中で恐竜人間たちが作り上げた巨大な国家。閉鎖された地底空間であるため化石燃料などは用いられていないが、極めて高度な科学文明が築かれている。のび太たちの住む現代と同時代に存在しつつもその技術力は実用に耐えうる巨大なタイムマシンを建造する程で、地上世界はおろか22世紀の未来をも凌駕している。

主な登場人物

地帝国の騎士で本作の看板理系男子。勇敢で心優しき指揮官。普段はメイン画像のように兜を被っている。体色は緑。

バンホーの妹。かわいい。人間であるのび太たちに言えない秘密を持ちつつ、優しく接してくれる。

関連項目

地底大魔王の謎 - ドラえもん学習ゲームブックの一つ。この映画の続編と言っても過言ではない内容のゲームコミックでもある。
ゲッターロボ - 設定が非常によく似ているが、たぶん気のせいだろう…、と思いきや、実はてんとう虫コミックス第一期のラインナップにそれぞれの第一巻があったりする。

pixivに投稿された作品 pixivで「のび太と竜の騎士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4847

コメント