ピクシブ百科事典

オルニトミムス

おるにとみむす

中生代白亜紀後期にアメリカ、カナダに棲息していた小型~中型の雑食性恐竜。

データ

名前は「鳥を模倣する者」と言う意味。中国語では「似鳥竜」(スゥニャオルン)と呼ぶ。
姿かたちがダチョウに似ている事から、日本では「ダチョウ竜」の愛称もある。
発達した脚部、体の半分近くを占めるが特徴で、のない状の木の実昆虫小動物などを丸呑みして食べたり、水中の微細な生き物を嘴で濾し取って食べたりしていたようだ(保存状態の良いオルニトミムスの嘴化石から、の嘴のように多数のスリットがある事が判明している。鴨はスリットがある嘴で水中の微生物を濾し取って食べるが、昆虫や植物も食べる)。

近縁種はモンゴル中国スペインからも発見されており、日本でも群馬県神流町で背骨の一部が見つかっている。原始的な種と進化した種の間に外形的な違いは少なく、かなり完成されたボディ・プランをもっていたようである。収斂進化でダチョウの仲間が出現したのも当然かもしれない。

いくつかの化石から、群れを作って行動していたことが判明している。

最近の発見により状に羽毛を持っていた事が判明。これは飛翔の為ではなく、求愛などのディスプレイや、抱卵の際、卵を覆って保温・保護すると言う行動に役立てたと考えられている。
映画ドラえもんのび太の恐竜2006』では原作では生えていなかった羽毛までしっかりと描かれていた。

恐竜ファンタジー漫画、竜の国のユタでは以上の点で雑食性で大きさもそれほど無い点等から「騎るは易く食せば美味」と称され、ナノスの竜使いに非常に人気の種と描かれている。

関連タグ

獣脚類 ダチョウ 手ラプトル形類

pixivに投稿された作品 pixivで「オルニトミムス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10899

コメント