ピクシブ百科事典

のび太の恐竜2006

もうひとつのぴーすけのものがたり

映画ドラえもん第26作で、わさび期の映画ドラえもん第1作。
目次[非表示]

概要

 2006年に公開されたアニメ映画水田わさび版のドラえもんとしては最初の映画であり、1980年に公開された映画ドラえもん第1作『のび太の恐竜』のリメイク

封切りから26年も経つため、徹底した古生物学考証が行われ、原作ではしっぽを引きずっていたティラノサウルス・レックスは前傾姿勢になり、オルニトミムスには羽毛が生えた。また、スピノサウルスアラモサウルスなどの新恐竜も登場している(原作者藤子・F・不二雄勘違いにより原作ではアパトサウルスが登場していたが、白亜紀にはとっくに絶滅しているため)。また地域や性質ごとに別の恐竜を当てはめる場面もあるため登場する恐竜の種類も増えている。
例外的に現在の説ではフタバスズキリュウはたまごを産む事は無かったとされているものの、それでは本作の物語が根本から変わってしまうため、ピー助関連は意図的に旧来の設定のままとなっている。

なお本作が公開された2006年は、ピー助のモデルであるフタバスズキリュウが「フタバサウルス・スズキイ」の学名で命名された年にもなった。

登場する恐竜及び古生物

恐竜

翼竜

哺乳類

首長竜

鳥類

その他


派生作品

映画公開と同時期にセガからニンテンドーDS専用ソフト『のび太の恐竜2006DS』が発売された。
これは映画と途中で分岐した世界を舞台にしており、のび太たちが最初に黒マスクに襲撃された際にしずかちゃんジュラ紀スネ夫三畳紀、ドラえもん・のび太・ジャイアンはまだフタバスズキリュウのいない白亜紀前期に飛ばされてしまう。ドラえもん達は仲間を集め、タイムパトロール少女ルル(どことなくリーム・ストリーム似)と共に恐竜ハンターの野望を打ち砕いていく。

なお、『2006』は原作と古生物学考証によるブラッシュアップ以外は特に差違の無いリメイクのため、漫画原作は無し。
代わりに『2006DS』が岡田康則によりコミカライズされている(ゲーム作品の攻略本としても機能している)。

関連項目

新・魔界大冒険 七人の魔法使い
新・宇宙開拓使
新・鉄人兵団
新・大魔境

pixivに投稿された作品 pixivで「のび太の恐竜2006」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6238

コメント