ピクシブ百科事典

ヘスペロルニス

へすぺろるにす

白亜紀後期の北アメリカに生息していた古代の飛べない海鳥の一種である。
目次[非表示]

概要

学名はHesperornis(ギリシア語で「西の鳥」の意)。

特徴

ヘスペロルニスの大きさはコウテイペンギンより少し大きいくらいの首の長い海鳥である。ヘスペロルニスの姿は現在のペンギンと似た部分があり、その実態もペンギンと同じように陸上では細かくピョンピョンと跳ねたり、のそのそと歩く事位しか出来なかったと考えられている。空も飛べず、陸上でも素早く動く事ができないという特徴を持つヘスペロルニスであるが、水中では素早く泳ぐことが出来たとされ、餌はで泳いでいるであったようです。また、その長いは水中で素早く泳ぐ魚を瞬間的に捕える事に向いており、の中には獲物をしっかりと固定する為の細かいが多く並んでいた。

尚、ヘスペロルニスが生息していた時代の海には小さな魚が大量にいたと言われており、その豊富な餌によって、この大きな体を維持する事ができたようです。

関連タグ

鳥類 海鳥 ペンギン
古生物

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘスペロルニス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント