ピクシブ百科事典

イクチオルニス

いくちおるにす

白亜紀後期の北アメリカに生息していた古代の海鳥の一種である。
目次[非表示]

概要

学名はIchthyornis(ギリシア語で「魚のような鳥」の意)。

特徴

大きさはハトぐらいの大きさである。骨格がを食べるアジサシに似ていることから「イクチオ(魚)ルニス(鳥)」と名付けられた。胸骨が発達していることから飛ぶことが得意だったと言われている。にはがある原始的な特徴もある。丁度現在のカモメやアジサシのように、海辺で大きな群れを作って共同生活し、海上を舞って空から海にダイビングして、小魚を捕らえていたと考えられている。

関連タグ

鳥類 海鳥 カモメ
アジサシ 古生物

コメント