ピクシブ百科事典

イクチオルニス

いくちおるにす

白亜紀後期の北アメリカに生息していた古代の海鳥の一種である。
目次[非表示]

概要

8000万年くらい前、当時の北米大陸を中央から縦に貫く浅海に生息していた海鳥(プテラノドンエラスモサウルスなどがいたのもその辺りである)。くちばしに歯があること以外はカモメアジサシにそっくりで、生態も同じような感じだったとされる。
まさに恐竜時代のカモメとでも言うべき鳥だが、白亜紀の終わりと共に絶滅したグループなので現代の鳥には繋がらない(系統的には親戚)。
 
名前はIchthyornisと書き、ギリシア語で「魚のような鳥」。魚っぽくないので「魚を食べる鳥」という訳し方もある。

特徴

大きさ20センチくらいで本体はハトぐらいの大きさ。翼は左右合計で1メートルくらいある。
 
骨格がを食べるアジサシに似ていることから「イクチオ(魚)ルニス(鳥)」と名付けられた。
胸骨が発達していることから飛行能力にはかなり秀でており、一説には現代のカモメより優れていたとも言われている。
海辺で大きな群れを作って生活し、海上を飛び回りながら小魚を捕らえていたと考えられている。

余談

こいつとプテラノドンを命名したのは、19世紀のアメリカの古生物学者「オスニエル・チャールズ・マーシュ」。誰それ?という人も多かろうが、アロサウルスアパトサウルスブロントサウルス)、ステゴサウルスケラトサウルストリケラトプスなどを名付けた人である。
 
同時期に活躍したエドワード・ドリンカー・コープのライバルとしても有名で、互いに「お前にだけは負けねぇ!!」とライバル心を燃やしまくった結果いろんな恐竜が発見・命名された(ティロサウルスヘスペロルニスなど恐竜以外もいたが)。その数は合計136に及び、有名どころの恐竜の大半は彼らによって名付けられたのである。
※ただしティラノサウルススピノサウルスアンキロサウルスなどは別の学者がつけた。
 
ちなみにコープはエラスモサウルスの名付け親で、「ホモ・サピエンス、つまり人類の模式標本(基準になるサンプル)がないからわたしの遺体を使ってくれ」と言い残したすごい人。カマラサウルスコエロフィシス、幻の超特大恐竜として有名なアンフィコエリアス・フラギリムスも彼がつけた。

関連タグ

鳥類 海鳥 カモメ
アジサシ 古生物

関連記事

親記事

鳥類 ちょうるい

兄弟記事

コメント