ピクシブ百科事典

イクチオサウルス

いくちおさうるす

イクチオサウルス《魚に似たトカゲ》とは中生代ジュラ紀から白亜紀に生息していた水棲爬虫類である。

データ

魚竜上目魚竜目イクチオサウルス科の爬虫類で、魚竜の代名詞と呼ばれる種類。
名前の由来は「サカナトカゲ」というそのままなもの。

体長約2メートルほどで姿はイルカに似ていて、大きな目を持っているのが特徴。
耳骨が大きかったことから聴覚も優れていたと考えられる。
泳ぐのも速く海に住む爬虫類としては最も高度に水中生活に適応した動物であると考えられている。
卵を腹の中で孵化させてから産み落とす習性(卵胎生)があった事が化石から推測されている。
イカなど海の小動物を食べていたことが化石からわかっている。

イクチオサウルスは世界で最初に発見された中生代爬虫類である。1811年、当時イギリスでは化石発掘がブームになっていたのだが、メアリー・アニングという少女(当時12歳!)が岩壁でワニの頭蓋骨に似た化石を発見。それを科学者たちが研究した所、なんと全身骨格が埋没していたのである(厳密には化石を最初に発見したのは彼の兄だったのだが、少女が化石を発見したことにした方が話題性が大きくなるだろうということから、こうなったらしい)。
これにより、先史時代に「絶滅」という現象が起きていたことが判明し、考古学界は大きく動き出すことになる。
なお、メアリーは47歳の若さでこの世を去ったが、この事件の後もプレシオサウルスディモルフォドンを発掘している。

関連タグ

魚竜

マンガで分かるランサー - イクチオサウルスを武器にしている(プレシオサウルスも使えるらしい)。ファンの間では、その風貌から元ネタ(真名)はメアリー・アニングではないかとする説が有力視されている。

関連記事

親記事

魚竜 ぎょりゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イクチオサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13847

コメント