ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ショニサウルスほか、魚竜だよ


中生代に栄えた爬虫類の一群。外見はイルカサメに似ている(収斂進化)。脊椎動物の歴史の中で最も早くへの適応を示した生き物である。
長らく原始的な双弓類とされていたが、最近では鱗竜類に含める考えもある。

発見

1811年のイギリスでの発見を皮切りに世界各地で化石が発見されており、日本で発見されたウタツサウルス(歌津魚竜)の化石は、世界で最も古い魚竜の一つとして有名。

体の大きさ

最大のものは三畳紀に生息していたショニサウルス。その体長実に15~21メートル、ナガスクジラ並の大きさを誇っていた。逆に最小の種は同じく三畳紀に棲息していたミクソサウルスで、1メートルほどの大きさである。良く知られているイクチオサウルスジュラ紀)のような3メートルほどの大きさの小型種も居れば、6メートルほどの大きさを持つオフタルモサウルスや7メートルほどの大きさがあるプラティプテリギウスの様な中型種も居た。

食性

主に表層や深海魚類頭足類エビなどを食べる種が多かったが、テムノドントサウルスタラットアルコンの様な一部の種には現存するシャチのように、他の海生爬虫類を襲う種も存在していた。

絶滅

三畳紀末にキンボスポンディルスショニサウルス等の一部が絶滅し、イクチオサウルスと同じ体形を持つ魚竜のみが生き残る。
ジュラ紀前期の海洋生態系の頂点捕食者だったテムノドントサウルスがジュラ紀前期末に発生した中生代最初の海洋無酸素事変(海底火山の噴火などで海中の水温・水質が悪化し、酸素が極度に欠乏する事で海洋生態系が崩壊してしまう現象)で滅んだ事で魚竜の支配した海は終わりを告げた。
ジュラ紀中期に入ると勢力を拡大し始めた首長竜に押されて頂点捕食者としての地位を失い、ジュラ紀後期から白亜紀前期中頃にはプリオサウルス類に捕食される立場となったが、当時の小中型の魚竜はそれでも首長竜に次ぐ地位を維持していた。
しかし、白亜紀前期後半に発生した2度目の海洋無酸素事変でプリオサウルスと一緒に衰退を始め、更に白亜紀後期前半に再び発生した3度目の海洋無酸素事変でとどめを刺される形で中生代の終焉を待たずに絶滅したとされる。
絶滅後に空いた魚竜の地位を白亜紀後期前半に出現したモササウルス類プレシオサウルス類に属するポリコティルス類が占める事になる。

主な種類

イクチオサウルス科

ウタツサウルス科

レプトプテリギウス科

オフタルモサウルス科

シャスタサウルス科

ミクソサウルス科

テムノドントサウルス科

ステノプテリギウス科

グリッピア科

不明


関連タグ

古生物 爬虫類 恐竜 首長竜 翼竜

関連記事

親記事

双弓類 そうきゅうるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「魚竜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309616

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました