ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

テムノドントサウルス

てむのどんとさうるす

テムノドントサウルス《切歯の歯を持つトカゲ》とはジュラ紀前期に生息していた水棲爬虫類である。

データ

全長約7~9mほどの魚竜の仲間である。

比較的大型な魚竜である。テムノドントサウルス属には数種が確認されている。

視覚に頼った魚竜類のは大きい者が多く、その中でもこのテムノドントサウルスのは直径26㎝を超える大きさになる。これは動物の中では史上最大の大きさになる。


また少なくとも何種かは大きなを持ち、の縁にはギザギザの鋸歯状になっており、大型肉食恐竜のような歯になっている。そのため、彼等は大型の獲物を襲う強肉食性だったと言われ、現在のシャチのような生態の、当時の海の頂点捕食者とも考えられている。特にユーリケファルス種などは太い形状の顎、巨大で頑丈な歯を有し、獲物の粉砕力能力が高く大物狙いだったことが示唆される。一方でプラティオドン種のように細長い顎と小さめな歯を持つ種もおり、彼等はどちらかといえば小さな魚や頭足類を好んだと推測される。恐らくは喰い分けをすることで同属同士の競合を避け、何種ものテムノドントサウルスが棲み分けをしていたのだろう。


関連タグ

魚竜

関連記事

親記事

魚竜 ぎょりゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 505

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました