ピクシブ百科事典

テムノドントサウルス

てむのどんとさうるす

テムノドントサウルス《切歯の歯を持つトカゲ》とはジュラ紀前期に生息していた水棲爬虫類である。

データ

全長約7~9mほどの大型の魚竜の仲間である。
比較的大型な魚竜である。視覚に頼った魚竜類のは大きい者が多く、その中でもこのテムノドントサウルスのは直径26㎝を超える大きさになる。これは動物の中では史上最大の大きさになる。また大きなを持ち、の縁にはギザギザの鋸歯状になっており、大型肉食恐竜のような歯になっている。そのため、大型の獲物を襲う強肉食性のだったと言われ、現在のシャチのような生態だったとも考えられている。

関連タグ

魚竜

コメント