ピクシブ百科事典

のび太と夢幻三剣士

のびたとむげんさんけんし

藤子・F・不二雄原作の漫画『ドラえもん』における『大長編ドラえもんシリーズ』の一作品。及びそれを原作とした映画ドラえもん第15作目。当記事では後者について紹介する。
目次[非表示]

概要

 1993年に公開されたアニメ映画、及びそれの原作であるドラえもんのエピソード。
 夢の世界を舞台に夢幻三剣士に選ばれたのび太スネ夫ジャイアン、そして魔法使いのドラえもん、謎の男装の麗人シズカールの5人が、災いの根源たる妖霊大帝オドロームの魔手からユミルメ国、ひいては夢と現実の世界を救うべく戦う物語。
 挿入歌『夢の人』は歴代最高傑作と謳われる程カッコいい。



あらすじ

 魔王にさらわれたしずかちゃんを救うため、正義のヒーロー「黄金ハット」になって活躍する夢を見ていたのび太。しかしクライマックスまであと一歩というところで、ママに起こされてしまう。
 夢と現実の落差を嘆くのび太は、せめて夢の中では良い格好ができる道具が欲しいとドラえもんに懇願するも突き放されてしまう。しかし家出先の裏山で夜遅くまで気絶していた為にドラえもんを心配させることになってしまい、結果として入れたカセットしだいで自由に夢を見ることのできるひみつ道具気ままに夢見る機』を出してもらうことに成功する。
 さっそく夢を見るのび太だが、それにかまけて宿題をやり忘れてしまった。翌日しかたなく、裏山で大急ぎで済ませることに。
 しかしそこはサボり症ののび太。一向に捗らず途方に暮れていると、突如として奇妙な老人が現れ「知恵の木の実」なるものを授けられる。勧められるまま食べてみると急に頭が冴えわたり、あっという間に宿題を終えることができてしまった。さらに帰り道、再び姿を見せた老人は気になる言葉を残して飛び去っていく。

  君はもっと素晴らしい力を授かるのです  ただし、『夢幻三剣士』の世界でのことだが

 この言葉にまんまと乗せられたのび太はドラえもんに無理を言って『夢幻三剣士』のカセットを買ってもらい、夢の世界を冒険していく。

しかし、彼らはまだ気付いていなかった。これが一時の夢ではない事に...。


主要人物

ここではいつものメンバーは省き、ソフト『夢幻三剣士』内に登場するアバターNPCのみを表記する。

夢幻三剣士陣営

  • ノビタニアン:夢世界での主人公。選ばれし白銀の剣士。白銀の装備なしではダメダメな剣士だが、誰よりも優しい心を持ち合わせている。
  • ジャイトス:夢幻三剣士の一人。荒っぽい性格に、馬鹿力から繰り出す力強い剣術がウリの自称:白銀の剣士。ただし、仲間を思う気持ちは人一倍。
  • スネミス:夢幻三剣士の一人。子爵。自称:天下一の名剣士で身軽。最初こそノビタニアンを召使としてコキ使っていたが改心し、親友になる。
  • ドラモン:夢幻三剣士に協力する化け狸、もとい魔法使い。マジックアイテムをたくさん保有している。この作品の主人公であるドラえもんが、夢世界でののび太達の冒険に加入する際に変身した姿。一応、本来なら物語に登場することのないイレギュラーキャラである。
  • シルクしずかちゃんそっくりな小さな精霊。ノビタニアンのナビゲーターを務めるが、かなり無責任で時にノビタニアンを振り回す。
  • シズカリア:ユミルメ国の王女。白銀の剣士と政略結婚させられるのが嫌で城を抜け出す。その後色々あって夢幻三剣士と合流し、男装した彼女は旅の剣士シズカールを名乗って彼らに力を貸す。


妖霊

妖霊大帝オドローム


 妖魔の親玉で、大きな耳と2本の触角が生えたプテラノドンのような顔をした本作の黒幕であり、ラスボス。どういうわけか自分がゲームの一キャラクターであることを自覚し、勇者に倒されるストーリーであることもわかっているなど、かなり特殊なキャラ。自身が倒されるラストを覆して現実世界へ干渉、『気ままに夢見る機』ユーザーの全夢世界(夢宇宙)を支配しようと目論んでいた。
 使えないとわかれば幹部であっても容赦なく処刑するほどに冷酷で、「塵となれ」の言葉とともに髑髏の付いた杖から魔法を発する様は恐怖以外のなにものでもない。
 他にも木に幻影を纏わせて自身と錯覚させたり、分身して惑わす、髑髏を外した杖を伸ばして拘束する、星を降らせて行動を阻害するといった魔法を使う。
 ドラえもんの悪役の中でもかなり残忍で、のび太としずかちゃんを一度は殺してしまった悪役である。

蜘蛛の魔人


 六本の腕を持つ蜘蛛に似た妖魔。毒の剣を用いた六刀流の剣術と口から吐く粘着性の高い糸で戦い、土の精を操っている。中の人はドラえもん映画史上もっとも知略に長けた悪役であるドラコルルと同じだが、彼と違って脳筋
 なんとか逃げ帰るも、最後はオドロームに敵前逃亡を指摘されて処刑された。

 巨大なに似た妖魔。耳を羽ばたかせて飛ぶことができ、水の精と鉄の精を率いている。
 映画では精霊たちが全滅したため、ノビタニアンに一騎打ちを挑むも片耳を切られて墜落。あっさり敗れたが、漫画版では巨大化して彼を捻り潰そうとした。

夢幻三剣士


 オドロームのペット。人語を操るだけでなく人間に化けたり、夢の世界と現実世界とを行き来する能力を持つ。それだけに止まらず、現実世界から未来世界に電話を掛けるなどといった芸当も見せる。ただし参謀とは名ばかりで、そこまで優秀ではない。
 たとえ伝説の勇者になったとしても倒せるようなヘボい利用者を捜すために人間に化け、現実世界へ出現。のび太を言葉巧みにその気にさせ、夢幻三剣士のカセットを購入・使用させるよう仕向けた。
 またその登場タイミングなどから、のび太を唆す前から現実世界で暗躍していたのではという考察が存在する。

その他

 竜の谷に住む人語を解し、喋れる竜。口から吐くには浴びたものをに変える力があり、そのは浴びるだけで不死身に成れるとされる。そのため今までに多くの戦士たちが血を欲して彼に挑んでは石化され、現在の竜の谷は石像だらけとなっている。
 ただしもともと平穏を愛するなど良識のある性格であり、挑戦者たちを石像に変えていたのも自身の身を護るために仕方なかったが故の行いであった。
 ノビタニアンに弱点の口髭を斬り落とされて一度倒されるが、「いくら竜でも人間の勝手で剣を刺して血を取るなんてヒドイことはできない」と止めを拒んだ彼の優しさに胸撃たれて和解。浸かれば1度だけは生き返ることができる竜の出し汁(竜のが浸み込んだ温泉)と、アンデル市への近道を提供する。

用語解説

気ままに夢見る機

 のような形をしたひみつ道具。専用のカセットをセットすることで、ソフトの内容に応じた夢を見ることができ、マイクロアンテナを額に付ければ登場人物にもなれる。
 夢の中でのパラメータ設定は使用者に依存するが、現実では泳げなくても泳げるようになったり、現実世界でダメなヤツほど活躍できるようになったりするらしい。
 また秘密のスイッチ「かくしボタン」が存在しており、それを押すと夢と現実を入れ替えることができる。
 しかしそれは建前で、本音は夢の世界が現実世界に影響を与えるという代物。そのため入れ替えた状態で夢ソフトの世界で死亡すると、現実世界でも死亡してしまうといったいように、世界の融合が起こる危険性を孕んでいる。

夢幻三剣士(ゲームカセット)

 『気ままに夢見る機』の人気ソフト。内容は中世ヨーロッパ風の国家ユミルメ国を舞台に、白銀の剣士とその仲間たちが魔王である妖霊大帝オドロームを倒すといった典型的なRPG。
 商品としては限定一品限りであり、説明書によれば「パワーが強く、現実に影響を与える可能性がある」とのこと。
 その言葉通り、コンピュータ上のキャラクターでしかないはずのオドロームたち一部のヒールシステムを超えて現実世界を認知・侵出しているなど、夢幻三剣士の夢は確かに現実世界にも影響を与えている。

白銀の剣(しろがねのつるぎ)

 ヨラバタイジュという雲にも届かんばかりの大樹、その天辺に安置された宝箱の中にある、オドロームを唯一倒すことができるという聖剣。宝箱の中には他に兜とマント、籠手、具足が収められている。
 剣は凄まじい切れ味を誇るだけでなく所有者を剣の達人にし、魔法を受け止めたり本物のオドロームを見破って突進したりする力がある。

夢幻三剣士

作中ではノビタニアンに敗れたスネミスとジャイトスの三剣士が、ユミルメ王国の救済を夕日に誓ったことで結成された。
しかし終盤には入れ替わっていたスネオとジャイアンが離脱したため事実上解散しており、最終決戦に二人は出てこない。

余談

 本作のモチーフとなったのは勿論『三銃士』であり、竜のイベントは北欧神話ニーベルゲンの指輪』が元ネタ。その他、本作に登場する地名は、多くが童話作家から名が取られている。
 なお原作者である藤子・F・不二雄は、漫画が原作の映画ドラえもんとしては失敗作だと語っている。当初は夢と現実の境界線が混ざる恐怖を描く予定だったが描き進める内にキャラクターが暴走。ドラえもんシリーズの「非日常的でも日常性の世界観は壊さない」という約束事も加わり、漫画と映画とでラストが異なる方向に動いてしまった、というのである。
 また原作である漫画『のび太と夢幻三剣士』では、ノビタニンではなくノビタニンとなっている。
 
 ラストでの学校があり得ない位置にある、気ままに夢見る機起動前から暗躍するトリホーなど、歴代映画の中でも最も多くの謎を残している作品である。
 実は物語の規模としては歴代最小クラス(実質的にはゲームソフトの中だけの物語である)だが、今なおそのストーリーを考察するファンは少なくない。

関連イラスト

夢幻三剣士
いま、剣を抜け



関連項目

のび太の魔界大冒険 オンラインゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「のび太と夢幻三剣士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2431

コメント