ピクシブ百科事典

うつつまくら

うつつまくら

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。及び同作品のエピソードの一つ。
目次[非表示]

ひみつ道具としての解説

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。及び同作品のエピソードの一つ。TC5巻収録。
枕型の道具で、これを使用して眠ると夢と現実を入れ替えることが出来る。すなわち眠る前までの出来事が夢となり、この枕を使用した状態で見た夢が現実となる。それだけでなく、枕の横に取り付けられたダイヤルを回すことで、夢(=道具使用後における現実世界)の内容を自由に調節することも可能。

使用者は夢と現実が入れ替わったことを自覚している。しかし作中では、うつつまくらの所有者であるドラえもんも、のび太が夢と現実を入れ替えたことを認識しており、道具使用前の記憶を保持している。これは所有者はうつつまくらの影響を受けないということなのか、(身も蓋も無い言い方だが)単なるご都合主義なのかは不明。

ただし、この道具は(少なくとも原作版においては)実在していたかがはっきりしない

エピソードとしての解説

新学期初日、のび太は珍しく早起きし、夏休みの宿題は全て終わらせていた為、登校する時間まで予習を始めようとした。しかし、その様子を見たドラえもんは流石におかしいと思い、のび太に対して「これは夢だよ」と言う。

すると、どこからともなくドラえもんの声が響き渡る。ドラえもんがのび太を起こそうと声をかけており、彼が目を覚ますと夏休み最終日だった。当然、夏休みの宿題はまだ終わっておらず、ドラえもんはのび太から「折角良い夢を見ていたのに邪魔しないでよ!」と言われてしまう。
ドラえもんは「それは悪いことをした」と言いながら、ポケットから「うつつまくら」を取り出す。ドラえもんはこの道具を使用して夢と現実を入れ替えることを提案し、早速のび太をこの枕で寝かしつける。

のび太が目を覚ますと、先程夢で見た通りの世界が広がっていた。ドラえもんがのび太に「これでさっきの夢が現実になった。何もかも元通りだよ」と説明すると、のび太は嬉しそうに学校へ向かって行った。
しかしのび太を見たしずかは「のび太さんがいるということは遅刻!?」と言いながら大急ぎで学校へ向かったり、のび太が宿題をやって来たと言っても先生は中々信じてくれず、それどころか「体調が悪いのでは?」と言い出す始末。

そのことに憤慨したのび太は、再びうつつまくらを使用して夢と現実を入れ替える。すると夏休み最終日になり、宿題も手を付けていない状態に戻った。すると、ドラえもんは宿題をすることを面倒だと思ったのび太から「僕が天才で皆から尊敬される世界に出来ないかな?」と頼まれる。
ドラえもんはうつつまくらのダイヤルを回し、のび太の要望通りの世界になるよう調節する。そしてのび太はそのまま眠りにつき、再び夢と現実が入れ替わった。

ドラえもんが上手く調節したお陰で、のび太は大天才になる。周囲の人々からは「のび太様」と呼ばれ、野球をすればボールが大気圏を突破するほどのホームランを打つ。その様子を見ていたプロ球団ヨメイリジャイアンズからは契約金1億円でスカウトされ、に帰れば取材の記者が殺到し、総理大臣から面会の打診があり、自室では宇宙ロケットの研究と、正に夢のような人生になっていた。

だが、のび太の卓越した才能を悪用しようと企んだスパイが現れ、のび太を外国へ連れて行こうとする。慌てたのび太はうつつまくらで眠ろうとするが、流石にこの状況では寝付けなかった。スパイ達はのび太を銃で殴って気絶させたが、のび太が倒れた場所にはうつつまくらが置かれていて…

すると、どこからかドラえもんの声が響き渡る。ドラえもんがのび太を起こしていたのだ。のび太は思わず飛び起きると、スパイに襲われていたのが夢になったことを安心する。しかしその直後、夏休みの宿題がまだ終わっていないことに気が付く。
のび太から「うつつまくらを出して!」と頼まれたドラえもんだったが「うつつまくら?何のこと?そんな枕知らないよ。それに、夏休みはまだ半分以上残ってるよ?」と言う。
のび太はどれが現実でどれが夢かが分からなくなってしまい、その様子を見たドラえもんは困惑するのだった。

余談

上記の通り、原作版では「うつつまくら」は最終的に実在していたかがはっきりしない道具になってしまった。その為、ファンの間では様々な解釈がなされている。ここでは派生作品における解釈も含めて、その一例を記述する。

  • うつつまくらは最初から存在せず、全てのび太の夢だったとする解釈
ラストでのび太が夢から覚めた世界こそが現実で、それまで描かれた展開は全て夢だったという解釈である。
この場合、のび太はその後も無事に日常を送るという結論になる為、最も平和的な解釈と言えるだろう。

  • のび太は最終的にうつつまくらが存在しない世界に移動したとする解釈
ドラえもんが最初にうつつまくらを取り出した世界から、ラストでうつつまくらが消失してしまう世界まで、その全てが現実世界として存在していたという解釈である。
この場合、最初にうつつまくらを使用した世界こそがのび太にとっての現実世界であり、ラストでうつつまくらが存在しない世界、すなわち別世界にやって来てしまったという結論になる。
のび太がうつつまくらを最初に使用した世界は夏休み最終日だったが、ラストでのび太が辿り着いた世界は夏休みが半分以上残っている
その為、この解釈が事実だと仮定すれば、ラストで辿り着いた世界はのび太が元々住んでいた世界とは異なる世界ということになる。
それだけでなく、この世界にはうつつまくらが存在しない為、のび太は(「もしもボックス」等のひみつ道具を活用しないことを前提とすれば)元の世界に戻れなくなってしまったという結論になる。

  • うつつまくらは存在していたが、最終的にうつつまくらが存在しない世界に改変されたとする解釈
上記の解釈とは異なり、うつつまくらは「別世界に移動する」道具ではなく「世界を作り替える」道具とする解釈である。
この場合、のび太は何度も現実世界を改変してしまったことになる。しかし別世界へ移動した訳ではなく、のび太が存在する世界は最初にうつつまくらを使用した現実世界と同一ということになる為、比較的救いがある結論と言えるだろう。

  • うつつまくらは存在するが、実はドラえもんが嘘をついているとする解釈
二番目の解釈と同様に、これまでの世界は全て現実世界として存在している(あるいは三番目の解釈と同様に、うつつまくらによって世界が何度も改変されている)が、ドラえもんがのび太にこれ以上うつつまくらを使わせない為に、あえて嘘をついたという解釈である。
この場合、ドラえもんがうつつまくらを持っている為、いつでも元の世界に帰る(あるいは世界を元の状態に戻す)ことが出来るという点では、二番目及び三番目の解釈より救いがある結論と言えるだろう。

  • 原作版以外の派生作品における解釈について
『ドラえもん全百科』(1979年7月25日発売)から『最新版ドラえもんひみつ道具大事典』(2004年1月1日発売)までの書籍では、うつつまくらは他のひみつ道具と同様に「明確に存在する道具」として解説されている。しかし『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』(2008年9月3日発売)では、うつつまくらは「道具が登場しないエピソード」の項目で解説されている。

水田わさび版アニメでは、ドラえもんがひみつ道具を点検している際、うつつまくらが他の道具と一緒に置かれているシーンが存在する(「シンデレラはどこいった?」等)。また、映画版新魔界大冒険』の作中でも、慌てたドラえもんが色々なひみつ道具を取り出した際(ドラえもんの石像が部屋に落下したシーン、雪山でドラえもんが「あべこべクリーム」を探しているシーン)、うつつまくらが他の道具と一緒に投げ飛ばされている

それだけでなく、アニメ版『ドラえもん』公式サイト「ひみつ道具カタログ」では、うつつまくらは他のひみつ道具と同様に「作中で登場した道具」として紹介されている。その一方、作中で存在しない道具と明言された「ウルトラ・スペシャルマイティ・ストロングスーパーよろい」及び「ラッキーやかん」(水田版アニメオリジナルエピソード「ラッキーやかん」)は、同サイトで紹介されていない。

関連項目

ドラえもん ひみつ道具 ドラえもんのエピソード一覧
胡蝶の夢

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「うつつまくら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177

コメント