ピクシブ百科事典

野比のび助

のびのびすけ

『ドラえもん』の副主人公、のび太の父親。のび太からは「パパ」と呼ばれている。
目次[非表示]

「君はな、いつも辛いことから逃げている。それじゃダメなんだ。水が低い所低い所に流れていくように、気付いたらどん底に落ちてしまうぞ」

「苦しいこと辛いことに、ドンとぶつかっていけ!!!」

担当声優

村越伊知郎日本テレビ版)、加藤正之テレビ朝日版 第1期 初代)、中庸助(テレビ朝日版 第1期 2代目)、松本保典(テレビ朝日版 第2期)

概要

のび太の父親で玉子の夫。 ドラえもんのび太からは『パパ』と呼ばれ慕われている優しい父親で、四男一女の兄弟姉妹の長男であり、作中の時点では36歳。両親は父親の野比のびると、自身の母親にしてのび太の最愛のおばあちゃんとなっている。初期の版では名前が「野比のび三」と書かれたものがある。

会社では課長の地位(初期の作品では「課長が嫌味を言ってくる」と言う設定があり係長以下の階級であった)にあり、意外と出世コースに乗っている。それなりの地位にある故、中間管理職の悲哀に泣かされる事も多く、直属の上司である部長からは雨男であるために、嫌味を言われるなどの苦労もしている。
タイムマシン死んだ母親に会いに言った時には酔った勢いもあって「すごく意地悪な部長が僕の事をいじめる」と本音を吐露していた)
最初期はのび太が父の会社を継いだとの描写があったことから社長だった様子。

昼間は仕事で家を空けていることが多いが、それ以外にもゴルフ釣り麻雀などの趣味で家を空けていることがある。作中では時代の変化で、洋服を着ていることが増加した他、趣味でドラえもんの道具に頼る事もしばしば。

少年時代はのび太と瓜二つの容姿であり、性格や態度もよく似ているが、5人の兄妹の長男であった事と、父親(のび太の祖父)の野比のびるが厳格な人物であった(実際は子煩悩だったが、表に出さなかった古風な人物)ため、のび太とは多少違う少年時代を過ごしていた。そのためか、息子ののび太を成長させてくれるドラえもんを受け入れ、早期に家族であると認識していた。
連載初期では戦中世代であり、幼少期には田舎に疎開していた。この時に白百合のように美しい少女からチョコレートを貰ったのが初恋だと言っていたが…?

今の容姿はふくよかな体型となっているが、のび助の孫(のび太の息子)を設けてからの未来ののび太は、母親寄りの容姿から父親に似たようなふくよかな体型に変わっていっている。

会社の日常のシーンはほとんど描かれていないが、「雨男はつらいよ」で上司から雨男だとバカにされたり、「海坊主がつれた!」では釣り好きの友人に嫌味を聞かされたりしており、自宅以外でのプライベートでは苦悩しているシーンが多い。

たまに彼がのび太を叱る(玉子の依頼も含む)こともあるが、彼の場合はあまりきつく叱らずにじっくりと諭すように注意するのが特徴で、「くろうみそ」ではのび太を感涙させている他、わさドラ版「勝利をよぶチアリーダーてぶくろ(原作の『勝利をよぶチアガール手ぶくろ』)」では帰りが遅くなったのび太に「駄目じゃないか!」と控えめに怒っているのを玉子に注意されている。

特徴

不器用

のび太同様に不器用で運動面にはあまり優れていないのか自動車運転では教習所の先生に投げ出されてしまうほど不得意。だが、息子の為ならすさまじい潜在能力を引き出す。
また、小学生時代ののび助はのび太同様勉強が苦手だったようで、「七時に何かがおこる」では自分の0点のテストをのび太に見られてしまい、のび助は彼を叱ることが出来なかった。

チェーンスモーカー

煙草が大好き。禁煙には何度も失敗している。ヘビースモーカーどころか、チェーンスモーカーの領域に達しており、完全なニコチン中毒である。愛飲の銘柄は「チェリー」。チェリーが発売された1970年は、ドラえもん連載初年である。
わさドラ版では表現の変化もあり喫煙シーンは描かれていない。

野球好き

作中ではテレビを見ていることが多く、中でも野球が大好きで野球の勝敗によって、大きく機嫌が変わる。因みに好きな球団は読売ジャイアンツの模様で、ドラえもんが道具で勝たせた事もしばしばである。

画家の才能

野比家男子で珍しく、絵が得意。若かりし頃は画家志望であったという意外な過去を持つ。
とあるお金持ちの女性に、結婚すれば画家としての道が約束されるという条件で婚約者になるよう提示されたが、「画家としての成功のために結婚したら、自分の夢を裏切ることになる」と断っている。(先方の実家に断りを申し入れた帰り道にジュースを歩き飲みしていた女性とぶつかり、それが二人の馴れ初めとなった)
結局、最終的には画家として自立する夢を捨てて、サラリーマンとしての道を選んだ。この背景には「プロの画家になりたいわけでなく、ただ絵を描くのが好き」ということを、この結婚騒動で再確認したことが大きいようだ。

普段はゴルフや釣り、晩酌などサラリーマンらしく仕事仲間と一緒にできることを趣味にしているが、ごくたまに今でも一人で黙々と絵を描くことがある。そのときだけは、損得や他人からの評価抜きに「本当に自分のやりたいこと」をしている時間なのだろう(のび太のあやとりに近いのかもしれない)。
その為、のび太の趣味には比較的寛容であるが、大事にしていた茶碗をあやとりを自慢するために走って来たのび太に割られた時にはさすがにだいぶ怒っていた。

元画家志望だけあって芸術には敏感で、骨董品を集めるのも趣味だが、ママからは「いつもパチモノでしょう!」と怒られている(酒井田柿右衛門のホンモノの壺を入手したこともあったが)。日曜大工は下手だが、工作は割と得意で、ドラえもんそっくりのを作って3人で上げに行った微笑ましいエピソードもある。音楽鑑賞も好み、巨大なステレオでレコードを楽しんでいるシーンもある。
こうした博学かつ遊び好きなパパの描写・言動は、大体F先生自身がモデルになっているらしい(F先生の娘さん方がそう言っている)。

オチ要員

のび太達だけでは収拾のつかなくなった話のフラグ回収要員として描かれることがある(例:「家の中で迷子」での大迷宮と化した野比家のホームメイロを終盤で反転させて迷宮状態を解除するなど)。
無自覚な「デウス・エクス・マキナ」役を与えられているというべきか。

関連タグ

ドラえもん
野比家 野比玉子 野比のび太 のび太のおばあちゃん
父親 サラリーマン
松野松造:そっくりさん
波野ノリスケ:日本の国民的アニメの父親&声優繋がり。
潮田渚の父親:とは対照的に息子に対して頭ごなしに怒鳴るほど特別厳しい訳ではない父親繋がり。しかしこちらは争い事を苦手とするあまり、妻のヒステリックに耐え兼ね家を出てしまうが、息子とは良好な関係を保っていた。最終的には紆余曲折を経て改心した妻と復縁し、再び家族一緒に暮らし始める。

関連記事

親記事

ドラえもんの登場人物一覧 どらえもんのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「野比のび助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 383114

コメント