ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

CV:小原乃梨子テレビ朝日版第1期・劇場版) / 亀井芳子(テレビ朝日版第2期)


人物

本名は野比ノビスケ。読み方だけならば祖父の野比のび助と同じ。

ドラえもんが来たことで変わった未来野比のび太源静香の間に生まれた一人息子


のび太と違って、運動神経抜群(「ドラミちゃん ミニドラSOS!!!」ではラグビーをやっている)で性格も気が強く、野比家代々の男子では極めて稀なガキ大将気質。母親父方の祖母(気が強いお転婆)と父親(イタズラ好きで勉強嫌い)の悪い所に似ちゃったのだろう。とはいえ、彼の曾孫に当たるセワシも運動神経は良く、彼以降は運動神経の良さが遺伝している事が窺える(セワシに関してはジャイアンの血筋もどこかしらで繋がることが示唆されているのでジャイアンの血筋の影響もあると思われる)。

本人の人間関係も父親達とは逆の様相。スネ夫の息子のスネ太郎(劇場版では「スネ樹」表記。別人説あり)、ジャイアンの息子のヤサシ(愛称:ジャイチビ)をよくいじめている。


また、ノビスケは後に(のび太の時代から45年後に)結婚する「ゆかりちゃん」からこの時すでに好意をもたれている様子でこの点も父親とは異なる。(のぶドラ版や劇場版・大長編、ひみつ道具による影響を除けばしずかはのび太に気があるそぶりを見せず、むしろ出木杉寄りである)また、父母が20代前半で婚約し、25歳の頃に結婚したのに対し、彼とゆかりちゃんは晩婚(連載当時の価値観では晩婚であるが現在では30代での結婚は割と多めである)になるらしく、結婚する年齢はお互いが30歳になる頃と明確にされている。また、月旅行がハネムーンとのことで、同世代の頃の親世代と違い、かなり裕福らしい(未来世界では宇宙旅行が身近になっているのかもしれないが)。なお、ガキ大将気質のせいか大人ジャイアンからはえらく気に入られている様子で、ヤサシが泣かされて帰ってきても、「もう2つ3つ鍛えられて来い!」と逆に彼の元に送り込んでいるほどで、さすがのノビスケも気の毒に思っていた。


反抗期である影響かのび太のことを「わからず屋で頭が古い」、静香のことを「口うるさい鬼婆」と言っているが、自身は両親のことを大切に思っている。


ちなみに成長してゆかりと結婚し誕生した息子(のび太のセワシの祖父。名称不明)は、金髪で玉子似(父方の曾祖母から隔世遺伝された)顔立ちであった。ぱっと見では外国人のようにも見える。さすがに不自然すぎると思われたのか、大山アニメ版ではノビスケやセワシと殆ど瓜二つの容姿を持つ少年へと描きかえられていた。なお、のび太の子孫で名称不明なのは、のび太の孫であり、セワシの祖父である『ノビスケの子』とその子供である『ノビスケの孫(セワシの父)』の二人のみである。


現代ののび太は「のび太のおよめさん」で初めて出会ったが、その時は不審者と見なしており現代のび太を攻撃していた。後に「りっぱなパパになるぞ!」で再会しており、現代のび太から自身のことをノビスケに話しており、それ以降「のび太の息子が家出した」等で現代のび太の事を「パパ」と呼んでいる。その家出の話で小学生静香に対して可愛いと言ったあと口うるさい鬼ババと本人の前で言い静香の怒りをかい そして父親のび太にいじめようとしたジャイアンに掴みかかり互角の戦いを演じ、ジャイアンに気に入れられている。

また、彼の息子の口から、ノビスケ自身も父であるのび太と同じ道を辿ったか、父と同じ小言を自分の子供に言っているとのこと。




まさに『歴史は繰り返す』。


ちなみにTOYOTACMではのび太が30歳独身の為まだ生まれていないが(後に大人のノビスケが未来から、息子や孫や曾孫と共に30歳ののび太の元に訪れている)、原作通りであればノビスケはのび太と静香が30歳の時点では5歳前後になっている。


関連タグ

ドラえもん

野比のび太 源静香 ミニドラ ドラミちゃん 野比家 骨川スネ樹 ジャイチビ

ガキ大将

関連記事

親記事

ドラえもんの登場人物一覧 どらえもんのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60243

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました