2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

原作者はマーティン・ハンドフォード。
1987年にイギリスで『Where's Wally?』または『Where's Waldo?』として誕生し、同年日本でも発売された。
ページ毎に人混みの絵が描かれており、その中に一人だけいるウォーリーやウォーリーの仲間たち、杖、巻物などを探して楽しめる。
巻末にはウォーリー以外にもそれぞれのページに登場する人物などを探す課題もある。

図書館には必ずと言っていいほど置いてある大人気シリーズだがすでに他の誰かがウォーリーを見つけて○をつけている可能性がかなり高い。
しかも、ご丁寧にボールペン油性ペンなどの消えないペンでつけられている可能性もまたしかり。

テレビアニメ

1991年版
1991年、アメリカで全13話のアニメが作られた。翌年日本でも放送。
日本語吹き替え版のウォーリーの声優は堀内賢雄が担当した。
ストーリー中、テレビ画面上で絵本と同じようにウォーリーを探せる演出があるが「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てね」を守っていては見つけることができない。

2019年版
2019年にアメリカで最初に放送され、2021年には日本初放送。全2シーズンで全40話。本作ではウォーリーの少年時代を描いた作品で、一人前の魔法使いになるために世界を飛び回るストーリーになっている。
日本語吹き替え版のウォーリーの声優は入野自由が担当。

テレビゲーム

Where's Waldo?

1991年9月に北米のファミコンであるNESで発売。
ベセスダ・ソフトワークスが開発。
日本では未発売。
ファミコンの荒いドット絵で人物を小さく描く絵本を再現しようとしたためウォーリーを探せない
他にも粗が多くクソゲーと呼ばれている。

ウォーリーをさがせ! 絵本の国の大冒険

1993年2月にスーパーファミコンで発売された。
ウォーリー親衛隊100人目の仲間となって絵本の世界を冒険する。
悪役にさらわれたウォーリーを助けるために他の親衛隊員を探すのがメインで、ウォーリーは終盤まで探さない。


都市伝説

ウォーリーがさがす!



実はウォーリーは精神病院から脱走した連続殺人犯であり、指名手配されている。
ウォーリーの赤と白の縞模様のシャツは、当時イギリスで精神異常者に着せていた囚人服である。

このような内容の都市伝説が存在するが、もちろん単なる噂にすぎない。

pixivでは

ウォーリーを探せ」というタグが使われることが多い様子。
本作のパロディとして、人混みの中にキャラクターを紛れこませているイラストが多い。

ウォーリーをさがせ!
チルノを探せ



関連タグ

ウォーリーをさがせ ウォーリーを探せ ウォーリーを探せ! ウォーリーを探さないで
集合絵…多数の人物が描かれる構成上、結果的にウォーリーをさがせ!状態になることも多い。

関連記事

親記事

絵本 えほん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウォーリーをさがせ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 402798

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました