ピクシブ百科事典

ボールペン

ぼーるぺん

ペン先に極小の金属球がついているペン。球の回転によりインクが補給される。
目次[非表示]

ボールペンで描かれたイラストにつけられるタグ
ミリペンと混同されることもある。
ちなみに正確にはボールポイントペン(Ball-point pen)という英語表記になる。
メーカーによっては、インクが水性またはゲルのものを「ローラーボール」と呼んで区別している。

日本の得意分野のひとつだが、ボールペンの世界最大手はフランスのBiC社である。

ボールペンの構造

その名のとおり極小の金属またはセラミック製ボールがペン先にはめ込まれた筆記具である。
このボールインクの出すぎを防ぎ、筆記時にはこのボールが回転することで継続的にインクが供給される仕組みである。
インクは長らく油性のものしかなかったが、後に水性インクやゲルインク(中性インク、エマルジョンインク、ハイブリッドインク、ジェルインクなどと呼ばれるもの)が登場した。

ボール径は、大きいものでは1.6mm、小さいほうは0.25mmというものもある。特に細字化の研究は現在でも進展が著しく、しばしば最小記録が更新されている。

現在は0.25mm、0.28mm、0.3mm、0.5mm、0.7mm、1.0mm、1.2mm、1.4mm、1.6mmが発売されている。

0.3mm、0.5mm、0.7mmが普段使いによく使われる。

細いものは紙に、太いものは枠や宛名書きに使われることも多い。

画材としてのボールペン

以前のボールペンはインクがダマになったりかすれたりしやすく、製版すると線が飛んで見るにたえない画面になるため、印刷される原稿に使われることはなかった。しかし技術の進歩によりインクだまりが生じにくくなり、ゲルインクの一般化などによって十分な濃さが得られるようになった。

ミリペンに比較し、筆圧をかけてもペン先が破損しにくいのもメリットであり、愛用するプロ漫画家絵師も増えている。ただし、ペン入れには油性インクではなくゲルインクの顔料のものを選ぶべきである。

色数

油性インクでは、主にの3色が主流だが、これら3色の他にもブルーブラック水色ピンクオレンジなどが開発されており、も用意されている。
さらに水性・ゲルインクでは30色以上製造されており、画材として十分使うことができる。
水性カラーインクで多彩なカラーラインナップをそろえているものとして、パイロット・ハイテックC、サクラクレパス・ボールサイン、三菱鉛筆・ユニボールシグノなどが有名。

余談

青色のボールペン

3色ボールペンに代表される多色ボールペンを使っているときに困るではあるが、これは現在のボールペンが発明される前に使っていたインクの色が青色であったことに起因する。

また、ヨーロッパなどでクレジットカードなどによる決済本人サインが必要なときは、日本でいう印鑑の代わりにコピー機で印刷できない青色のボールペンが使われる。
そのため、外国製の青色ボールペンは日本製の物よりも色が薄い。

そうした身分証明に青色ボールペンを使う習慣が無い日本では、やたらと発色がよく、くっきり書ける青色ボールペンが製造されている。

クーゲルシュライバー

ボールペンのドイツ語名。やたら強そうなのでしばしばネタにされる。

消せるボールペン・消せないボールペン

書いた字が消せないことがメリットであるはずのボールペンだが、それと同時に「消せるボールペン」も昔から開発が続いている。
消しゴムで消すタイプの「消せるボールペン」は、手でこすった程度で消える、字が薄いなどの問題があったが、近年登場した熱で消えるインクを使った製品はこれらの問題点を克服しておりヒット商品となった。→パイロット・フリクションボール

しかし、実はそれよりずっと昔から、消せないはずのボールペンインクを消す「インク消し」という道具が文房具店で一般に販売されていた。
もともと万年筆またはつけペン用の2液式の薬品で、ごく普通のボールペンで書いた字に2液を順に塗ると化学反応でインクが透明になる。インクの色ごとに専用のインク消しを用いる必要があり、相性の悪いインクは消えないなど万能のものではない。また、有毒薬品である。
このような問題の多い製品であるため、修正液が普及すると廃れてしまった。
今では年配の人しか知らない存在と思われるが、現在でも細々と製造が続いている。ちなみに水性インクやゲルインクは消せない。

関連タグ

ツール ペン ペン画 ボールペン画 アナログ 白黒
クーゲルシュライバー 多色ボールペン 4色ボールペン 3色ボールペン
染料 顔料
ボールペンの本気 消したらボールペン 俺の知ってるボールペンと違う 私の知ってるボールペンと違う


他の記事言語

Ballpen

pixivに投稿された作品 pixivで「ボールペン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8100898

コメント