ピクシブ百科事典

印刷

いんさつ

印刷はインクなどの色などがついたものを紙などの対象に元と同じように転写すること。
目次[非表示]

対象はが主であるが、ほかのものにも(たとえばに直接行ったり)行われる。また、三次元の形状のものにも行われる。

印刷の種類

凸版 

 版の盛り上がった部分にインクなどを付け、対象に転写する方法。木版印刷活版印刷など。版画など、個人で行う場合もある。

凹版

 版のへこんだ部分にインクをつけ、強い力をかけ対象に転写する方法。転写された図形は盛り上がり、立体感が強くなる。凹版のほかにグラビア印刷もこの方式である。紙幣などに用いられている。

孔版

 版は印刷する部分に小さなが複数あいたものであり、そこから対象にインク等を転写する方式。シルクスクリーンガリ版プリントゴッコなど。
 この形式では版作成の際鏡像を描く必要がなく、少部数を少数から中程度作成する個人でも行いやすい方法である。

平板

 科学的な処置によりインク等をはじく部分とそうでない部分を作り出したものを版とする。この方法は石版印刷として知られる。また、写植など、現在多くの印刷物で用いられている。
 版は水などで湿っているため、ゴムなどでできたローラーに一度転写し、対象に再度転写することが多い。

オフセット

 この形式の場合、版から直接転写するのではなく、まずゴムローラーに転写、そのゴムローラーから対象に再度転写する形式である。この場合、原版の消耗磨滅を防ぐことができ、大量印刷に向くため、商業出版に用いられている。なお、平板凸版(まれに凹版)で用いられる。

無版印刷

 版を持たず、電子的なデータに従い対象に転写する形式。コピー機プリンターなどがこの方式となる。

雑談

 印刷にはプレス(press)とプリント(print)の二種類が存在する。これは大規模な印刷機を使った印刷という意味合いと、小規模な印刷という意味合いで使い分けられることがあり、「プレス」という言葉に関しては新聞雑誌といったマスコミの意味が付加された。

歴史

アジア

 アジアにおいてはが2世紀ごろ発明されたことに伴い、7世紀には木で作られた版を用いてこの作業が行われていたとされる。
 また、11世紀ごろには陶器でできた活版(活字を組みかえることができる版)が製造された。また、13世紀には金属でできた版を用いる活版が朝鮮にて行われている。
 アジアにおいては活字を用いる印刷があまり普及しなかった。これは文字数が多いため活字が煩雑になること、および書籍の再販が面倒であるという問題ではないかと思われる。
 結果、西洋からの金属活版が入ってきた19世紀まで活版は普及しなかったと推測される。

日本

 日本においては7世紀ごろこの技術が入ってきていると推測され、8世紀後半に製造された印刷物が現存している(百万塔陀羅尼)が、印刷原版の物質は不明である。
 その後11世紀まで歴史は途絶えるが仏教お経を作るためおもに木で作られた版を用い、この作業が行われている。
 また、江戸時代には木版による印刷が盛んとなり、庶民も浮世絵黄表紙などで触れる機会が増えた。
 日本の場合、嗜好の問題および素材の問題からか活字を使用することは少なかったと推測される。
 19世紀には西洋の金属活版が導入され、それまでの技術は衰退したと推測される。

西洋

 西洋においては15世紀に金属活版の技術がヨハネス・グーテンベルクにより開発された(それ以前は木版によるものか、そうでなければ書き写しによるものであった)。
 開発後、書き写しの技術などを取り入れ、さらに挿絵を同時期に開発された凹版印刷により行うという技術になった。

pixivのタグとして

 pixivのタグとしては、印刷して使用する作品作品を印刷したものにつけられることが多い。また、印刷の講座なども存在するようである。

関連項目

出版 製本 版画 フォント オンデマンド マスコミ

参照

wikipedia同項目およびリンク先。

pixivに投稿された作品 pixivで「印刷」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59827

コメント