ピクシブ百科事典

100万回生きたねこ

ひゃくまんかいいきたねこ

「100万回生きたねこ」とは、児童向け絵本のひとつである。

「俺は100万回死んだんだぜ!」

作者はエッセイストでもある佐野洋子で、初版は1977年。2019年現在も販売されており、児童向けの中でも特に著名な絵本のひとつである。

内容

簡単に説明すると100万回生きたねことは100万年の間に100万回輪廻転生を繰り返したねこである。
死に至る理由は作中では100万のうち6つしか語られていないが、

  1. 戦場で飛んできた矢が刺さって死亡。
  2. 船から海に落ちてそのまま溺れてしまい死亡。
  3. 手品師が失敗してノコギリで猫をまっぷたつにしてしまい死亡。
  4. 犬に咬み殺される。
  5. 年をとって死亡。
  6. おんぶひもが首に巻き付いて窒息死。

どれもかなりひどい死に方をしている。
どの飼い主もねこが好きだったので死ぬと泣いて悲しんだが、ねこ自身はどの飼い主も嫌いだったので何とも思わなかった。100万年目で初めて飼いねこではない自由なねことして生まれたねこは、100万年の自慢話をしていた。だがある日出会った白猫は…。

関連タグ

絵本 
復活 蘇生 転生

関連記事

親記事

絵本 えほん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「100万回生きたねこ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 461949

コメント