ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

生年月日1996年6月8日
出身地青森県弘前市
身長157cm
スリーサイズB85-W57-H82
血液型O型
趣味ゲーム
特技ピアノ
所属事務所LIBERAアクロスエンタテインメント

概要

大学進学を機に青森から上京。アイドルに憧れ、親に内緒で芸能活動を始めた。

3年ほどのアイドル・声優活動を経て、2020年から「浅倉唯」として芸能事務所「LIBERA」に所属となる。

2021年9月に『仮面ライダーリバイス』にて敵幹部であるアギレラ役で女優デビュー。これにあわせて週刊プレイボーイにて水着グラビアデビュー。グラジャパアワード2021グランプリを受賞し、「ポストえなこ」とも呼ぶ声もある。


浅倉本人の話によると、リバイスのオーディションに落ちたら芸能界を引退して青森に帰るつもりだったと語っている。

『仮面ライダーリバイス』では、当初は五十嵐さくら役でオーディションを受けていたが、童顔であるが故かプロデューサーの望月卓ら制作側が年齢を把握しておらず、女子高生を演じるには少々実年齢が大人すぎたため、急遽アギレラ役を務めることとなった。なお、浅倉に合わせてキャラクターを企画段階から若干修正している。


小さい頃から『スーパー戦隊』シリーズをよく視聴していたという。一方で、「仮面ライダー」シリーズは『仮面ライダー電王』を見ていたくらいで、本人曰く「それ以外は、【色々あるけど、最終的には一件落着になる】スーパー戦隊と違ってストーリーがシリアスなのが怖くて、見るのを避けていた。」とのこと。そのため、『リバイス』のオーディションを受けるにあたって『仮面ライダーセイバー』を視聴したところ、「そこまでシリアスではなかったので安心して見ることができた。」と後のインタビューでコメントしている。(実際、『セイバー』の作風はシリアス一辺倒という訳ではなくコメディシーンも度々挿入されていた。)


ちなみに、「浅倉唯」という名前は芸名であり、「浅倉」は自身が『タッチ』の浅倉南の大ファンであること、「唯」は今まで生きていてその名前が一番可愛いと思い漠然と付けたらしい。


撮影現場で度々一緒だった井本彩花とは仲が良く、休憩中やインタビューでもまるで姉妹のように戯れていることがあるという。


同じ事務所の俳優・世古口凌とは親友で家族ぐるみの付き合い。母親同士が仲が良いため、お互いに芸能活動についての悩みを相談することがあり、後述するストーカー被害に関しても世古口に一度相談したという。


ジェットコースター等の絶叫マシンが大の苦手。そのため、『リバイスForward』のラストシーンでは我慢して何とか乗ったとのこと。


前事務所の退所・再始動までの経緯

盗撮・自宅への侵入・ストーカー被害

2022年6月28日、浅倉の所属事務所「LIBERA」が公式サイトにて彼女への撮影現場近辺での付き纏いや自宅への侵入、盗撮などのストーカー被害を公表。「現在、警察や弁護士に相談しており、今後も従前のような行為が続くようであれば、刑事告訴を含めた断固たる処置を講じる所存でおります。」と法的措置を宣言した。

関係者の証言によると、この時点では身の危険を考慮してホテルでの生活を強いられていたらしい。


この発表の2日後、FRIDAYが世古口との熱愛を報道したため、ファンからは「ストーカーとはFRIDAYの記者では?」という声も散見されることとなった(※なお、報道に関しては上述の通りあくまで親友としての間柄であり、交際については世古口も事務所も否定している)。このような批判を受け、FRIDAY側も公式Twitterで投稿していたニュース記事を削除して鎮静化を図ろうとした。


その後、7月5日に自身のInstagramにてコメントを発表。事件の経緯について説明しており、所属事務所の対応が後手後手であったことや、事務所側の公式声明文と本人のコメントに齟齬が生じていることが明らかになった。


事務所との対立と解雇

2022年8月25日のFRIDAYにて、撮影現場での遅刻やわがままによる撮影の中断といった素行不良が原因で事務所と対立しており、8月末を以て解雇されることが噂されていることをスクープされた。

素行不良については詳細不明だが、当の事務所はこの報道について否定的なコメントはしていなかったため、先述のInstagramの投稿と合わせて彼女と事務所の間に溝が生じていることは確かだといえる。ただ、この報道が原因で「夏木花/アギレラ」としての今後の客演の可能性が低くなることを心配する特撮ファンが続出した。


報道を受け、即日浅倉本人が自身のInstagramを更新。報道通り8月いっぱいで事務所を退所すること、素行不良等が事実無根であること、以前から退所に向けて事務所と話し合いを重ねていたことを報告した。

投稿では「苦しい思いをしている中、私を救ってくれたのはお仕事であり、関係者の皆さんでした。それを自ら蔑ろにしたことは一切ありません。」「活動は今まで通り続けて参りますので、今後とも応援していただけると幸いです。」と仕事に対する真摯な気持ちとファンや関係者の方々への感謝、これからの展望を綴った。(しかし、このコメントの真意を疑うメディアも多く、週刊女性やFLASHは芸能関係者や知人らに取材を行っていたが、結局FRIDAYの報道の援護射撃のような記事になってしまっていた。また、両メディアはFRIDAYの報道に加えて、浅倉がキャスト陣によるLINEグループに参加したものの、最終的にグループのメンバーを全員ブロックしていたとスクープしていたが、上記の井本との仲の良さやインタビューやイベントでの他の共演者たちとの和気あいあいとした空気を考慮すると、その可能性は限りなく低いと思われる)。


浅倉のこの投稿を受け、事務所は本来の契約終了日である8月31日ではなく、前日の8月30日に浅倉を解雇したことを公表。このことについて、事務所は「諸般の事情並びにご迷惑をお掛けした関係各所様へのけじめ」「出演中の作品との調整、手続きがありこのタイミングとなりました」とコメントしている。

これに対し、浅倉が所属する以前に、同事務所がタレントのローラと退所を巡るいざこざを起こし、彼女に対して20年契約という不当な拘束契約を行っていたと報じられた前科もあって、事務所のブラック体質を批判する声も数多く上がっていた。


退所後の動向

退所後しばらくはフリーで活動。その中で前述の事務所との対立騒動について週刊文春から取材を受け、友人や『リバイス』の制作陣であった東映の関係者からの証言といった手助けを受けながら自身の主張を語っていた。日夜芸能人のスキャンダルを暴いては叩きまくっている文春が今回ばかりは中立派として慎重な文調に終始し、他雑誌のようにセンセーショナルな内容で追随しなかったのは注目すべき点である。

一方の事務所側は依然として(前述の文春からの取材時を含め)浅倉の主張を真っ向から否定しており、現在もなお平行線の状態が続いている…だけに留まらず、なんと訴訟を視野に動き出している模様。果たして、両者の対立に決着がつく日は来るのだろうか…。

2022年10月9日には、またしてもFRIDAYが記事を投稿。今回は、浅倉が出勤回数は10回くらいとはいえ過去にラウンジ嬢をしていて、その頃の話を店の関係者から証言を得ており、LIBERAの社長との接点はラウンジ嬢時代以前になく、あくまでラウンジの経営に関与していた社長からスカウトされる形で入所したことを明かした。

しかし、LIBERAの社長が経営に関与している事実は変わりなく、しかもFRIDAYによる執拗な記事投稿にうんざりしているファンも多く、FRIDAYやLIBERA側に批判が殺到している。

また、FRIDAYによる浅倉がラウンジに勤務していたという報道の前に9月17日の文春の取材で浅倉の親友がラウンジではなくキャバクラとは言っているもののラウンジに勤務していた理由として「浅倉の親が娘の夢を応援するために借金をしていたことが発覚し、それにショックを受けた浅倉が月の生活費を稼ぐために1週間だけ働いていた。そのお店はLIBERAの社長が経営にかかわっていて、そこで彼女を見た社長がスカウトした。一連の報道では内容がすり替わり彼女が我儘な遊び人のように書き連ねられている。」と話し、浅倉自身も文春の取材で「キャバクラではないが、どうしてもお金が必要だった時に1週間だけ、社長が経営にかかわるバーのようなお店で働いていた」と話している。


その後、浅倉が自身のInstagramを更新。退所理由の1つとされてきた金銭問題が主目的ではなかったことを謝罪し、「金銭問題を理由としたことでさまざまな誤解を生む形になってしまいました。金銭問題が退所の理由ではなかったとここに訂正し謝罪いたします。お騒がせしてしまい大変申し訳ございませんでした。」とコメントしている。

これを受けてファンの間では「事務所側の圧力では?」「裁判沙汰になるのを避けようとしてお茶を濁した?」といった声も寄せられた。

ただ、金銭問題を関係なしだとしても、ストーカーへの事務所による対応の不十分さや写真集撮影時の事務所との意見の齟齬、『リバイス』撮影現場における状況等退所理由とされている問題についてはまだ解決に至っておらず、12月24日に女性自身が所属事務所の裁判に向けた動向について「積極的に訴訟に向けた準備をしている」ことを明らかにしている。同日に浅倉氏がInstagramのアカウント削除を報告しているため、裁判の行方を含め今後の動向が注目される。


改名、そして再出発

2022年12月30日にアクロスエンタテインメントへと移籍し、芸名を「椛島光」に改名。再出発を果たした。

また、それに合わせて新しいInstagramアカウントを開設している。


心配されていた『リバイス』関連作品への出演も予定通り続行しており、『リバイス』の公式ツイッターも復帰を報告するInstagramの投稿を引用して「おかえりアギレラ様、夏木花おかえりなさい」とコメントしている。

なお、「椛島光」としての出演は「仮面ライダージュウガvs仮面ライダーオルテカ」からとなる。


なお、事務所移籍後は基本的に本人の意向を尊重したタレント活動が行われているようで、グラビアに関しては前述の件もあってか水着は封印している状態となっている。


出演

ドラマ


映画


配信ドラマ


配信ショートアニメ


関連動画


関連イラスト

12(トウェルブ)アギレラ様


関連リンク

アクロスエンタテインメント

公式インスタグラム


関連タグ

俳優 女優


花川芽衣:浅倉唯がデビューした2年前に引退したアイドル声優。生年月日が同じ。

関連記事

親記事

アクロスエンタテインメント あくろすえんたていんめんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1755

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました