ピクシブ百科事典

目次[非表示]

修羅の国

日本のどこかにあると言われている秘境
群馬県とはおそらく違う。……はず。

その生態は謎に包まれており、「電子機器が使用できない」「成人式ではバンジージャンプが行われている」「たった2人のグンマー兵に軽傷を負わせるのに、7000人余のトツィギ兵が戦死した」、といった噂が絶えない。

雅称は、『グンマー帝国』。

首都はマエバシとされるが、これは山間部族と平野の民との間に結ばれた和平協定の上での妥協ともいわれ、本当の政庁並びに経済基盤はオオタ・シティーに集中していると噂される。
しかし、これらの情報の多くは推測も含み、現地の実情は帝国北部にそびえるタニィガヮ北壁を超えて浸透するニィガタ連邦の山岳部隊も、南部国境線でもあるトォニェ大河を渡河して侵入するネオサイタマ共和国の特殊工作班も誰一人として生きて帰った者がいないため、その多くは謎に包まれているとかいないとか。

  • グンマー国境を守る戦士(想像図)

どっかの原住民が飛び跳ねるほど忙しい年末
戦闘民族の女の子


  • 帝国領内の風景(伝聞)

ファイナルフロンティア群馬
農夫





由来

元はネット上で発祥したギャグ。群馬県とは関係の無い秘境っぽい写真(ただし、毛無峠だけは本物の群馬県)に嘘コメントを散りばめたもの。戦争ネタでは栃木県ならぬトツィギがグンマーの敵として設定される場合が多い。


語源

なお、グンマーという単語そのものの語源として有力なのは以下のコピペと考えられている。

夜中に町をプラプラしてたら警察に捕まった。
パトカーが俺のそばに止まって警官が2人出てきて俺を囲んだ。
警「ドゥーユーハヴパスポート?」
俺「ノー」
すかさず確保される俺。
警「ニホンゴワカル?」
俺「はい」
警「どこから来たの?」
俺「…ぐんま」
警「ミャンマー?」
俺「ぐんま」
警「グンマーね。ビザは持ってるの?」
俺「持ってないです」
警「はい、じゃあパトカー乗って」
パトカーに乗る俺。
警「名前は?」
俺「山田太郎(仮名)」
警「日系人?」
俺「日本人です」
警「え?」
俺「日本人ですよ」
警「…えっ?」
俺「免許証見ます?」
免許証を見せる俺。絶句する警官。
警「…すいませんでした…不法入国の人かと思って…」
警「…あの、その、お顔とかが、ちょっと外国の方みたいだったので…」
俺「帰っていいすか?」
警「…はい…。お気をつけて…」
それでやっと解放された。その日を境に俺のあだなは「ネパール」から「グンマー」になった

元々このコピペ自体は、(例えばネプチューン名倉潤のような)東南アジア系の外国人に間違えられる「俺」の滑稽さをメインにしたものなのであるが、
文中で警官が(頭の中での決めつけがあったとは言え)国内の県だと想像もつかないような対応をしたことから、後々の立場にも繋がっているとも言える。

使用に関する注意

ギャグ、パロディとはいえ現実の群馬県民にとって気分のいいものではないので、配慮を忘れないように。
知名度ランキングなどのネタでは、常に下位常連であることが多いなど、群馬県民は自虐的に自分たちの県を扱うこともままあるが、あくまでそうした範囲での冗談であり、分と立場をわきまえての使用を心がけたい。

ちなみに知事は「それだけ自然豊かな証」、「未開の地=これから発展する余地がある」と好意的なコメントを出している。

群馬は田舎なのか

都道府県の人口ランキングだけでみれば、群馬県の人口は全国19位(2019年度)と中の上程度であるから、決して想像を絶する田舎ではない。
また、日本最大の経済圏である首都圏に含まれている以上、その恩恵は大なり小なり受けているし、最大の都市高崎市は二路線の新幹線のジャンクションとなっており、実はこれは政令指定都市以外では唯一のものである。
主たる反論としては、首都圏の端くれなのにその程度か、というものもあるが、逆に言えば首都圏では馬鹿にされても他には…というプライドを持つ群馬県民もいるようである。

しかしながら、例えば人口順で言えば下から数えた方が早い香川県などは人口密度ではTOP10近くに位置するほどであるなど、人口だけでは必ずしも都会度を測れるわけではない(逆の例では北海道は8大都市のひとつ札幌市を有し10位以内の人口を有するが、それこそ有史以来人の手が入っていないエリアまで(知床の一部など)存在するなど田舎というレベルを超越した地区も存在する)。

群馬県内でも吾妻郡の一部など町村部ほど田舎であるし、上述した高崎など立派な都市もあるのだから、一概に群馬だからと色々言えるわけでもないし、他県は「人口が少ないから」一律に見下せるものでもない。
結局、群馬=田舎というのはイメージに過ぎず、またその反論すら偏った考えによるものが大きいことを考慮すべきであり、それらを踏まえて出来るだけ中立的に見るべきだろう。真面目に考えるならば。

群馬県に凸る長野県女子高生


↑グンマー帝国とナガォノ辺境領の国境毛無峠。(注:実際に存在します)荒涼としている原因はこの地でかつて創業していた硫黄鉱山の鉱毒のせい。
ちなみに実写版『翔んで埼玉』でさらにこの看板設置場所を秘境感マシマシにされてしまった。

しかも「この先の群馬県内において当局保証は一切しない。 国土交通省」という看板まである始末。もちろんこんな看板は毛無峠には実在しない


pixivにおいて

秘境を描いた作品に、ネタ的な意味でこのタグが付けられる。
また、群馬県を舞台にした創作作品をテーマにしたファンアートでも、
・群馬要素が強い。
・(作品内の)日常的ではない(概ね修羅の国系)。
といった場合に、このタグが追加される事がある。
いずれにせよ、本物の群馬県の要素が欠片もなさそうな場合、混乱防止のために「群馬県」タグの併用は控えた方がよいかもしれない。

他世界のグンマー



歴代1・2位を争うと恐れられるスイーツ大河の金字塔。歴史や偉人を題材とした叙事詩戦記という意味合いが強い大河ドラマをホームドラマに寄せるというだけで高評価よりも疑問符がつきまとっていた同作だが、それ以上に後半の群馬編は県民の心胆を寒からしめる出来栄えであった。既に江戸時代から『日本のはたどころ』として京都の西陣と並び称された桐生桐生織など養蚕を背景にした商工業を発達させていた群馬の実情なぞ一切考慮せず、『老農』船津伝次平以下の当時の群馬県民とその風土がまるで貧しさの中に閉じこもった非文明圏のそれかのように表現されたフィクション世界が展開されたからであった。これに対する視聴者の感想の中には「群馬県とグンマー帝国を取り違えているんじゃないのか!?」といったものも見られ、当の群馬側の関係者も期待していたほど経済効果が無かったこともあって、現在は半ば黒歴史として扱われている。



関連イラスト

群馬県境
アフリカン


【もしもの】戦地・群馬にて【世界】
グンマーちゃん



関連タグ

異世界
群馬 群馬県
ブラックジョーク
お前はまだグンマを知らない - グンマー的な秘境要素をうまいこと群馬県のあるあるネタに時折被せたりして群馬をギャグ的に紹介していく。

関連記事

親記事

異世界 いせかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グンマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 763470

コメント