ピクシブ百科事典

ヌー

ぬー

偶蹄目ウシ科の動物。アフリカ大陸南部に生息する種で、大規模な群れを成して生活する。

ヌーとは、偶蹄目ウシ科に属する動物の一種である。

解説

アフリカ大陸南部に生息するウシ科の動物。和名ウシカモシカ
アンテロープの中でもヤギに近い種で、肩高125~145cm、体重200~250kgと痩せ形の体形をしている。
特徴的なのはモヒカン状の鬣(たてがみ)と、やや後ろに向かって湾曲しながら生える角で、特に角はヌーが属する「ハーテビースト亜科」の動物の特徴でもある。また首にひげ状の体毛を備えている。
体毛は灰褐色で、縦縞が入っている。
警戒心が強く、臆病で獰猛な性格をしており、下手に刺激すると小型の肉食獣よりも危険である。また一度混乱が群れの内部に伝播すると、群れ全体が暴走を始める危険性を持っている。

100頭単位の大規模な群れを形成して生活し、雨の少なくなる小雨期(2月3月前後)にオスとメスで群れを分けて子供を出産したあと、4月前後に草の生い茂る場所を求めて大移動を始める。
一年の内の約半年を移動に費やし、出産と育児で場所を変えつつ生活をする。
その大移動は「黒い川」と形容されるほどに大きく、最終的には数万~数十万という尋常でない数の一群となって、目的地を目指していく。
特にケニアタンザニアの国境に近いマラ川での決死の渡河は有名。
これほどの数で移動するのは、中型から大型の肉食獣の多くを天敵とするため、たとえどれだけの犠牲をもってしても、自らの種を絶やさないためだと考えられている。

関連タグ

動物 偶蹄目 レイヨウ アンテロープ
アフリカ サバンナ
群れ  wildebeest

pixivに投稿された作品 pixivで「ヌー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15180

コメント