ピクシブ百科事典

孤独のグルメ

こどくのぐるめ

原作:久住昌之、作画:谷口ジローのグルメ漫画。および、この作品を原案としたテレビドラマの名称。
目次[非表示]

「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず
  自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ
   独りで静かで豊かで・・・」

井之頭五郎はとにかく食べる。一人で。

概要…そういうのもあるのか

「月刊PANJA」にて1994~1996年連載。現在は同出版社の「SPA!」にて不定期に連載。
あらたに『新装版 孤独のグルメ』が出版された。そして、2015年9月末第2巻目が刊行された。
2017年に作画の谷口が逝去したため事実上連載は終了したことを原作の久住により明かされた。

緻密に書き込まれた背景と料理は実在の(または過去に実在した)店舗を参考にしている。
グルメ漫画ではあるが、基本的に主人公の井之頭五郎がひとりあちこちで食事をしてモノローグが延々と続くだけ。他のグルメ漫画のような「食材や産地がどうこう」「調理法がどうこう」といった蘊蓄は出て来ない。
ステーキを残念そうに食べたり、コンビーフを美味しそうに食べたり、新幹線内をシュウマイの匂いで充満させてしまったりと実にハードボイルドに食べる。

そして何より五郎のあまりにネタっぽい(本人は大真面目なのだが)台詞が一部で話題になる。
いわゆるインターネットで火が付くパターンであり、正連載が終了し単行本が出版された数年後、文庫版やドラマCDが発売されるなど、じわじわと静かなブームが広がってゆく。

なるほど、これがドラマ版の概要か

2012年1月より松重豊主演で、実写ドラマがテレビ東京系で放映された。

井之頭五郎。


松重氏の豪快で幸せそうな食いっぷりが深夜の視聴者の腹の虫を刺激し「夜食テロ」という言葉まで生まれた。
松重氏のどちらかと言うと痩せ型で強面なルックスが漫画版の五郎とはかけ離れていたため、ミスキャストではないかという懸念もあったが、(松重氏の役作りの一環が功を奏した)その食いっぷりはまさに五郎そのものであり「これもまた五郎ちゃん」と受け入れられた。

「アニメや漫画の実写化作品に良作無し」とまで言われるほど、実写化作品はハズレが多いジャンルではあるが、あえて漫画版を「原作」ではなく「原案」とし、よくある実写化作品のように「原作をそのままなぞる」ようなことをせず(作品としての「最低限の要素」を取捨選択の上に換骨奪胎)、大筋をドラマオリジナルの作風で仕上げた結果、前評判を覆して良作ドラマとして人気を博すに至った。
もとい「実在する店を架空の人物が探訪する」という点では「モキュメンタリー」としても定義でき、実際にそう表現しても差し支えないだろう。

なかでも、作中で腹ペコになった五郎(松重氏)が様々な場所で「( ゚д゚)ポカーン」と棒立ちになったまま(あるいは仕事中に座った状態で、ふと思い出したかのように)「腹が、減った…」と呟く(直後、カメラが3段階で引く。背景を見ると歩行者や自動車が動いていたり、周囲の物が風に揺れていたりするので、止め絵ではないことが確認できる)演出や、番組の最後に原作者である久住昌之本人が、実際に作中で入店したお店を訪問しては酒を飲んで悦に浸るおまけコーナー「ふらっとQUSUMI」といった、ドラマ版独自の演出やおまけも人気が高い。

なお「ふらっとQUSUMI」では酒好きな久住氏が毎回のように酒をオーダー(店側が好意で出してくれることも)するのだが、別に誰も咎めやしないというのに日本酒ビールマッコリなどをわざとらしく「井戸水」「麦ジュース」「カルピス」などとしらを切って言い換えて笑いを取るのがお約束

もちろん、原作ファンもニヤリとするような小ネタの数々や、松重自身がナレーションを手掛ける「食事中の五郎ちゃんが織り成す独特のモノローグ」など、原作で特徴的だった部分をきちんと考証して作風に組み込んでもおり、原作ファンの視聴者に対しても抜かりは無い。
ちなみにこのナレーション、最初期はロケバスの中で録音機に直接収録すると言うスタイルだったそう。
また、ドラマ作中のBGMはこのドラマに合わせて作者の久住氏のチームが作成したもので、二次使用に関しては久住氏にメールで許可を貰えれば自由に使える(久住氏曰く「作品のイメージを損なう」様な使い方でなければ問題無く使用出来る、とのこと)。

この作品のヒットに伴って主演の松重氏の人気も急上昇し、他のドラマやTVCM(特に食品関係)での起用など、ドラマ放映前に比べてテレビで見かける機会が明らかに増えた。
そのため、いつしか別の作品でも「(松重氏演じるキャラクターが)実は一人で飯を食っているのでは?」とネタにされるようになったらしい。

その後同年10月には早くも第2期が、その後も2013年7月にシーズン3・2014年7月にシーズン4・2015年10月にシーズン5が放映され、テレビ東京深夜の顔としてすっかり定着した。
なお、松重氏は役柄とは裏腹に小食なため、できるだけ一発でOKが出るように腐心していたという。

実はシーズン3で主演を降りようと考えていたそうだが、評判の声と初主演のシリーズということでついに腹を括って続投したのだという。
なお、ドラマに登場した店には放送後に視聴者が訪れる事が多々あるので、ある程度ほとぼりがさめてからプライベートで訪れる事があるという。

そして、シーズン6では『釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~』とのコラボが決定し、出版社の垣根を超えた共演が実現した。
さらに2018年4月にはシーズン7が放送されたが、第5話に関しては世界卓球の中継により放送開始時間が極めて大幅に遅れ、「見逃した」「録画失敗」となった視聴者が多数いたため、全12話終了後に「第5話の再放送」を行うことになった。
2019年10月よりシーズン8が放送、加えて2021年7月からシーズン9が放送されているほか、BSテレ東での遅れネット(日曜夕方。2021年7月時点でシーズン4を放送中)に合わせ、テレビ東京のYouTube公式チャンネルにて見逃し配信や不定期(新シリーズ開始や長期休暇やそれに準ずる時期)に過去エピソードの傑作選や運が良ければスペシャル版や過去シーズンの一挙配信が行われている。

テレ東はこの時間帯を捨てたなと思いました

2017年、何と大みそかに孤独のグルメのスペシャルを放送した。ちなみに、この項目文は主演の松重豊氏のコメントである。

大みそかスペシャルでは瀬戸内に出張するとの事で、更には生中継パートが用意され、本編ラストで五郎が年越しそばを食する場面には、画面右上に「LIVE」の表示が出ていた。

大みそかと言えば、TOKYOMXがアニメを投入した事で話題となっているが、テレ東は大みそかに飯テロを起こしにかかっていた。

ここ数年のテレ東はボクシング中継がメインだったが、2017年は年越しそばで締めることになった。放送時間は午後10時~午後11時30分。また、名物となっている『ジルベスターコンサート』も、当番組に引き続いて放送された。
2018年の大みそかにもスペシャルが放送されることが決定している。
2018年度版では、生中継パートでうな重を食した。
2019年度版も放送。生中継はなし。
2020年度版も放送。実際に地上波放送されたバージョンTVerでの配信用での結末が異なる別バージョンを用意(もっとも、シーズン9開始前の事前番組で「実際には不測の事態に備え『公に放送・配信された2パターン』以外の『没案』が複数存在していた」事が明らかになった)。

そしてドラマの人気は海外にも飛び火し、2015年5月より台湾でもドラマ化され、中国大陸でネット配信された。ただしこの台湾版は「人間ドラマに重きを置きすぎ」という意見が多く、あまり評判が良くなかった模様。

2015年10月放送のシーズン5では第4・5話にて五郎がシリーズで初めて海外(台湾)に出張。同じくシリーズ初となる前後編として、異国の地で通常のように食事をする展開となる。なお、この前後編には先述した台湾版で「伍郎(ウーラン)」を演じたウィンストン・チャオ(趙文瑄)も出演、日台の主役たちが同じ店の飯を食う「夢の共宴」が実現した。

ちなみに、原作の執筆時から時間が経っている事や、実在の店舗をモデルとしている等の事情から、原作のエピソードを忠実に再現した回は無いものの、シチュエーションや台詞等、原作エピソードのテイスト自体はちゃんと盛り込まれている

なお原作漫画に出てきた店を舞台としないのは、原作者である久住氏がドラマ化にあたって出した唯一の条件が「マンガに出た店ではやらないでくれ」という事であった為で、スタッフ陣は12話分の店選びのため200店舗を回る事も。
また、飲食店サイドから制作側に対して「うちの店はどうでしょうか?」とオファーが入る場合もあるが、そういった店に対しては丁重に断っているとのことである(ただし、地方ロケの場合は地元からの推薦が出る事もある)。

なお、話に出てくる飲食店は実際の店舗で行っているが店員はほぼ全員役者。概ね実店舗の店員やシェフの容姿は再現されている。ただし、シーズン6の串カツ屋台の女将さん達など、実際に店員が出演する例も少なからずある。

また作中では五郎がフラフラと街中をさ迷い直感で選んだ店に飛び込むというのがパターンであるが、実際の店舗は普段から行列が当たり前で予約必須という例も少なくない。聖地巡礼する際は下調べをおすすめする。番組公式ホームページにも「お店からのお願い」が掲載されている。

シーズン9では(放送時点の世相を反映してか)冒頭で右下に「このドラマは感染対策を行なった上で撮影しています」的なテロップを表示している(このテロップは本番組のみならず「ウルトラマントリガー」でも表示されていたため、恐らく「テレ東のドラマ全般の措置」と思われる)。
…が、他のドラマなら「現実を想起させない為に敢えて『ノーマスク』で描写する」やり方をする所、本番組は「食べ物を扱う以上『ノーマスク』はあり得ない」と考えたのか、五郎は元より取引先の相手や店員や客といったエキストラ(と撮影スタッフ)の全員がマスクを着用(食べる時は外す)、五郎も店内に入る前にアルコール消毒や検温をしている。さらに「ふらっとQUSUMI」でも久住氏が(店によっては酒類の提供が制限されている兼ね合いもあり)、いつもの「お約束」ではなく本当にノンアルコール飲料で凌ぐ「断酒」措置がなされている。

実はこのドラマ化の企画、当初はフジテレビに持ち込まれたものだったらしいが、フジテレビ側が断ったそうである(ちなみに、実際の番組制作にフジ系の番組制作会社である共同テレビが関わっているが、ある意味ではその名残ともいえよう)。
フジは「売れるワケが無い」と判断して断ったらしいが、いざドラマ化されるやいなや本作がテレ東で大ヒットを飛ばしただけに留まらず、断続的な続編製作、ネット上を中心とした流行語を生みだした事を鑑みると、フジ上層部が「逃がした魚は大きい」と地団駄を踏んだ事は想像に難くない(実際、週刊ダイヤモンドで掲載された「誰がテレビを殺したか?」という記事にてその辺の顛末も載っていた)。
2019年5月にゴルフ延長でBSでの放送が延期になった。

五郎さん、おかえりなさい



pixivではこの作品にインスパイアされキャラが一人で食事を摂っているイラストや、登場する名言タイトルキャプションにあるものにこのタグが付けられる。

この関連タグは正解だった

漫画 久住昌之 谷口ジロー

井之頭五郎
アームロック それ以上いけない うおォン 人間火力発電所

花のズボラ飯 野武士のグルメ 荒野のグルメ

深夜食堂:夜食テロ絡みで、コラボイラストがいくつか見られる。加えて松重豊がダブってくれた。
ゴローとシャーリー:メイド・シャーリー・メディスンとの二次制作コラボ
孤独のぽちゃ子ニトロプラスが送る2015年のエイプリルフール企画
妖怪ウォッチ:アニメ版に「給食のグルメ」というパロディコーナーがある
タイムボカン24:放送局は他局だが、上記の妖怪ウォッチと同様にレベルファイブが関係しているため、本編中にBGMが使用された。その際、エンディングには「友情音楽」として孤独のグルメがクレジットされている。

外部リンクがダブってしまった

孤独のグルメ - Wikipedia
孤独のグルメとは (コドクノグルメとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

このワザとらしい関連イラスト!

山岡士郎と井之頭五郎
無題
なんだか凄いことになっちゃったぞ
ゴローさん「冬木市に来るのも何年ぶりかなぁ」
孤独じゃないグルメ
孤独のさっちゃん
リクエスト01 八雲 藍
ハートキャッチ孤独のグルメ
ヴァリアブルコンビネーション
コミケ82新刊表紙



最後の関連動画、アレが効いたな

関連記事

親記事

久住昌之 くすみまさゆき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「孤独のグルメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16938614

コメント