ピクシブ百科事典

野武士のグルメ

のぶしのぐるめ

定年すぎた還暦男性がさまざまなところに行って食事をして、愚痴る。いわゆる日常系漫画
目次[非表示]

概要

原作は「孤独のグルメ」や「花のズボラ飯」で有名な久住昌之で、彼のエッセイモチーフとなっている。

※エッセイ本の表紙絵はみるからに「孤独のグルメ」のパロディ、絵師は泉晴紀

漫画版の作画日本文芸社のみならず劇画界随一の食物描写力を誇る土山しげる

作品内容

「孤独のグルメ」の井之頭五郎は実にハードボイルドに食べる。

その一方本作はオッサンが食事をして愚痴る。だけと思いきや、微妙に人生訓なども仕込んでくるために気が抜けない。
それでも基本的には食事に対して持論を延々と展開する話であり、このあたりは、「孤独のグルメ」に似ているが、孤独のグルメより話のオチがついている。

野武士とは結局なんなのか?

野武士みたいに、荒々しく、食に貪欲で『きれいな物』じゃなくて、庶民派っぽいものをがっつり食べたいという・・・自己満足
本人は定年退職(職についていない)=浪人では嫌だから、職に就いていない=野武士としたところからこの発想が来ている。

関連タグ

久住昌之 孤独のグルメ 中年 エッセイ

pixivに投稿された作品 pixivで「野武士のグルメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 781

コメント