ピクシブ百科事典

タイムボカン24

たいむぼかんとぅえんてぃーふぉー

タツノコプロによるタイムボカンシリーズ最新作。
目次[非表示]

タイムボカン」それは時空を過去へと遡る爆発的現象。過去には教科書に載っている歴史とは違う、ムチャクチャ面白い「真歴史」が待ち受けているぅぅぅぅ!! (CV:千葉繁)

概要

タツノコプロが2017年10月に創立55周年を迎えるのを記念して制作されるタイムボカンシリーズの最新作。第1作「タイムボカン」を基に、キャラクターや世界観を一新した物語となる。
タイトルの『24』は24体のメカの総数であり、昆虫だけでなく、クモやサソリといった節足動物も含まれる。
放送ギリギリの既存の別番組のパロディも色々とやらかしており、他局の番組や(映画)主題歌、ゲームソフト、海外ドラマのBGM、プロレスの入場曲すら平気で使ってもいる(但し、孤独のグルメは友情音楽として、エンディングのクレジットに実際に入っていたりする)。
また、ゲストの偉人も有名声優が多数演じている。
企画協力およびキャラクター・メカ原案としてレベルファイブが参加。タカラトミーによって玩具も発売された。

2016年10月1日から、2017年3月18日にかけて、読売テレビホスト・日本テレビ系列全27+1局にて、土曜日午後5時30分-6時にて放送。また、テレビ大分フジテレビ系列)でも、日曜午前7時-7時30分に放送された(が、テレビ大分はオリジナルを放送した実績がない。ちなみに赤坂のお友達の商売敵が垂れ流した)。

2017年3月25日から、「僕のヒーローアカデミア」がテレビを跨いで後番組として放送されることになったため、話数まで24となってしまった。当然、これも24話のアバン数分を使ってネタにしている。なお、打ち切りなどではなく、当初から予定されていた通りと考えられる。
その一方で(と言うべきかそれを証拠にと言うべきか)、その後継番組の放送が開始された日に開催されていたAnime Japan2017にて2期の制作決定が明らかになった。
2017年10月から放送されている。放送局はもちろん第1期と同じ。ただし、タイトルは「タイムボカン 逆襲の三悪人」に改められ、アクダーマが主役のような立ち位置になり、出番が大幅に増加した(一応、主役はトキオとカレンである)。また、ダイナモンドを回収する方法が真歴史を発見するのではなく、偉人が持っているダイナモンドを回収するという方法に変わっている。当然以前からBGM関連は引き続き放送ギリギリなものばかりで4話では次番組パロをやらかした。ゲスト声優も以外な人物が出演する。
ところで、公式サイトでは「見て下さる方募集します」と謳っている。そんなに見て下さる方々いなかったのか前シリーズ!?

なお、オリジナルも元々は半年で終了するはずだった(結局1年3ヶ月も持った)。

登場人物

JKK

時空管理局。略してJKK。時間を超える事によって教科書の歴史と異なる真歴史を見つけ出し、歴史の教科書を正しく修正している。トキオやカレンのみと思われているが、実際には複数のスタッフが勤務しており、男子は薄紫、女子はオレンジの制服を身に付けている。

トキオくーん!待ってました~!


 2016年に生きる中学二年生(14歳)。何事にも時間にルーズな冴えない男の子だったが、偶然にもカレンの乗るメカブトンと出会い、生身でタイムボカンに耐えられる資質から時空管理局のメンバーに抜擢される。搭乗の際のシークエンスはカレンが楽なのに対し、彼はかなり災難。
 思春期の盛りなのか、美女を見たらゾッコン。他のキャラよりもキャラが地味で影が薄い事を気にしている。

カニ!


 時空管理局の局員(17歳)。アクダーマ一味に追われていた所に偶然居合わせたトキオを未来へ飛ばした張本人。毎回現地に行ってはコスプレをしている(ただしそれが役立った事は無い)。かなり惚れっぽい性格。
何処かの時代で消息を絶った彼氏を探しているらしいが、全く情報がないため他からは「エア彼氏」だと思われている。

 カレンと行動を共にするナビゲーターロボ。ボカンメカを呼び出す為のボカンキーを収納している「タックルBOX」を背中に内蔵しており、頭のゼンマイを押す事で呼び出すボカンメカのナンバーが表示される。スキャニングで動物や昆虫の視覚を可視化、ラップでは全音域スピーカーを装備する機能もある。口が悪く、たまに暴言を吐く。
『逆襲の三悪人』では更なる強化改良を施しイケメンになる為にアジア支部に異動した。

 カレンと行動を共にする毒舌ツッコミをする黄色いオウム。可愛らしい姿だがナルシストな男性の声で喋る。ボカンキーを呼ぶ為のピコボーのゼンマイを押すのは彼の役目。
『逆襲の~』では婚活の為アマゾンへ赴いている。

24世紀に存在する時間管理局の司令官。トキオが生身でタイムボカンに耐えられる資質を知り、局員に抜擢する。重要な話を語る時や指令を与える場合は大概カレンとペラリーノに取られてしまう。10話ではピンチに陥った二人を救うべく長官権限で調整中のクワガッタンを戦国時代へ跳ばした。また、職権濫用でクリスマスのプレゼント配りに起動可能なボカンメカ全機を2016年へ飛ばしている。23話では病気を押して登場するもペラリーノが代弁する形を取らせ、トキオにカレンのナース姿を写メで送るように頼んでいる。
『逆襲の~』では以前引き起こした騒動の責任を執らされたのか、シュレッダー部へ異動されたらしい。

 JKKのメカニックマン。何時も発進口付近でトランプタワーやドミノ(クワガッタンではジェンガ)を積み上げているが、寸前にボカンメカの噴射で崩されている。

 JKKのメカニックチーフ。未来では珍しい職人気質の男で、未完成のボカンメカは見せない、出さないと頑なに断る。クワガッタンの調整者でもある。24話では天才であるダ・ヴィンチ達に出動許可している。

2期「逆襲の三悪人」より登場

JKKに新しく配属された女性司令官。優しく美人だが、アクダーマ(特にビマージョ)に対して私怨がある様子。

O-3(オースリー)(CV:津田健次郎
タイムボカンチームの新型の男性ロボット。正式名称「OTNP55エトセトラエトセトラエトセトラデラックス3」
科学の粋を集めた優秀な電子頭脳を持っているハズだが、メカなのにどこか人間(おっさん)臭く、トキオに対してはぞんざいに扱い、カレンに対してセクハラ紛いの行為をしてはキツい制裁を受けている。サポートメカを呼び出す場合は尻部のボタンを、ゴーカブトンをロボモードにする時は右脇の下や臍等を毎回何処か押さなくてはならない。
二人の監視役らしく美麗に逐一報告をしている。

アクダーマ

ヒストリーパラダイス社の社員。詳細は単独記事を参照。

メカニック

JKK側のメカニック

  • ボカンメカ

JKKが所持している24機のメカ。タイムマシンを兼ねたメインコアボカンメカと、戦闘の際に補助するサポートボカンメカに分かれ、コスプレドッキングやスーパードッキングを可能にする。
劇中以前より開発が進められている機体が多く、中には百年以上も経過したボカンメカさえある。
ピコボーのルーレットでランダムに決まるため、状況によっては不利に陥ることも。
一応ほとんど開発されているようだが、劇中で全て確認出来るわけではなく、一部は玩具で販売されていない。
だが、24話ではダ・ヴィンチ達による鬼ごっこ騒ぎに乗じて全機発進させ、勝手に改造して合体機能を追加する超展開を行った。

ボカンメカ一覧

ボカンナンバーメカ名詳細コスプレ&スーパードッキング
B01メカブトン(CV:上田燿司)旧作にも登場している水色ボディのカブトムシ型ボカンメカ。旧作と異なり4輪ではなく、リアルに6本の脚で、ビームウイングの翅を持つ。今作品はサポートメカを搭載せず、コアユニットの役割になり、他のボカンメカとコスプレ合体してロケットパンチや人型になる。カブトムシ故の性か樹液が好物。10話でアクダーマの戦国武将メカの猛攻で大破してしまい、修理中だったが、12話で機能を追加して復活した。19話では全てが桃色一色の特別バージョンに メカブトン ロボモード:メカブトンが変形したロボット形態。某列車ロボ同様吊り下げ型操作レバーで操る古典的方法の為に一人による全力での操縦はできない(局員が現地行動で二人一組の理由)。この形状でコスプレ合体を可能にする。マスク部分のカバーを開くと口があり、歯の一本が金歯である。これとは別にメインボカンメカ同士との合体も可能である。短剣を武器としているが20話まで使われなかった
B02クワガッタン(CV:櫻井孝宏)赤いボディのクワガタムシ型ボカンメカ。300年前から開発されていたもので、原点と同様に大顎を回転させられる。戦国武将メカにより大破したメカブトンに代わり10話終盤以降は代わる替わる活躍する。クワガッタン ロボモード:クワガッタンが変形したロボット形態で、頭部と腹部を含む3パーツに一旦分離して変形する。上半身を高速回転させて敵を切り裂く大回転斬りが必殺技。メカブトンとビックリドッキリ大合体してボカンドラゴンになる事も可能で相手を一瞬で焼き尽くす「ボカンファイアー」を技として持つ。
B03ゴーカブトン(CV:小市眞琴)『逆襲の三悪人』から登場する白色とオレンジ色ボディのアトラスオオカブト型ボカンメカ。クワガッタンでの対アクダーマメカ戦の不甲斐なさから美鈴がトキオ達に宛がったもの。メカブトン以上のパワーとスピードを併せ持つ。ゴーカブトン マイティモード:ゴーカブトンのロボ形態。状況によって釣竿などを装備。拳の一撃はアクダーマメカを大破させる。O-3と連動しフレイムモード、アクアモードに変型する
B04カットンボ(CV:櫻井孝宏)青色ボディの蜻蛉型ボカンメカ。目から放つ高周波で相手を混乱させ、4枚の翅の鋭い刃でなんでも切り裂く。メカブトンとコスプレ合体して野球王となる。15話ではピコボーから「羽の生えたゲジゲジ」と呼ばれた野球王:メカブトンとカットンボがコスプレ合体した形態。頭部に野球用ヘルメットを被り、右手にバットを、左手にグローブを嵌めている。バット型の操縦桿を使って操縦する。「また、つまらぬものを打ってしまった…」がお決まりの台詞。『逆襲の~』2話ではクワガッタンが装着したが、腕前がアクダーマメカより劣っていた。クワガッタンの場合の決め台詞は「明日もホームランだ!」
B05ハチブルーン(CV:岩崎征実)黄色と黒のツートンカラーボディの型ボカンメカ。蜂の一刺し「ハチニードル」はアクダーマメカのコクピットをも貫く。メカブトンとコスプレ合体して海賊王となる。海賊王:メカブトンとハチブルーンがコスプレ合体した形態。海賊帽を被り、左目が眼帯、右手にカットラス、左腕はフックを装備。その姿はまるで…
B06カマキリッパー(CV:上田燿司)深緑ボディの蟷螂型ボカンメカ。腕の鋭い鎌「カマキリープ」は武器で、突進からの牽制にも使われる。メカブトンとコスプレ合体する事で武者王になる。武者王:メインボカンメカとカマキリッパーがコスプレ合体した形態。手に持った槍による突きと、石突きの薙刀による斬撃を得意とする。刀型の操縦桿を使って操縦する。19話ではクワガッタンと合体する
B07セミトブン(CV:岩崎征実)シトロンイエローの型サポートボカンメカ。腹部から展開して放つ高周波「セミホーン」での音波攻撃を得意とする。メカブトンとコスプレ合体して雷王になる。雷王:メカブトンとセミトブンがコスプレ合体した雷神形態。背部の雷太鼓と枹で帯電させ実体化した雷撃が必殺技。稲妻のエネルギーを吸収して自身のエネルギーにできる
B08
B09ホタルジャイロ(CV:上田燿司)黒いボディの型ボカンメカ。翅の部分はツインローターとして機能する。メカブトンとコスプレ合体して警察王になる。警察王:メカブトンとホタルジャイロがコスプレ合体した警官形態。頭部がそのまんまパトライト、右手に拳銃、ローターが手錠に変形して左手に備える。初登場時は今まで出てきたサポートメカとプレゼント配りをするパターン破りを行った。
B10
B11
B12スズムピーカー(CV:上田燿司)桃色と白のツートンカラーの鈴虫型ボカンメカ。超音波「スズムウェーブ」は相手を深い眠りに誘い、説得工作も行う。メカブトンとコスプレ合体して主婦王になる。主婦王:メカブトンとスズムピーカーがコスプレ合体した女装形態。鈴虫の翅がエプロンになっている。サブメカとして息子ロボも付いている。付属武器はカブトムシを模した炎を放射する掃除機。
B13アリボマー(CV:岩崎征実)青色ボディの型ボカンメカ。強い粘着性を持つ「アントンボマー」で一時的に相手を行動不能にする。メカブトンとコスプレ合体してサラリーマン王になる。サラリーマン王:メカブトンとアリボマーがコスプレ合体した会社員形態。眼鏡にズラが特徴。基本的な戦闘はノートパソコンを利用したものであるが、ネットワークが整っていない時代での戦闘は不向き。もしもの場合は名刺を手裏剣のように投げ攻撃する。生真面目な性格だが、たまに親父的怠惰な性格にもなる。
B14
B15
B16クモモーター(CV:上田燿司)薄紫ボディの蜘蛛型ボカンメカ。お尻から発射する糸「クモスプラッシュ」が得意技。メカブトンと合体してボカンパンチになる。19話ではバレンタインデーだからか桃色バージョンで登場したボカンパンチ:メカブトンとクモモーターが合体したロケットパンチ形態。脚部分が分離変形しメカブトンの頭部と背部に合体する事でこの形態になる。強力な拳は敵を木っ端微塵に粉砕する。
B17サソモビル(CV:櫻井孝宏)紫ボディの型ボカンメカ。尾部から放つ無数の針「サソスピアー」は百発百中。メカブトンと合体してボカンマンモスになる。ボカンマンモス:メカブトンとサソモビルが合体したマンモス形態。長い鼻と凄まじいパワーを活かした戦い方が得意。何気にのりピー語を使う。
B18オケドリラー(CV:岩崎征実)オレンジボディのオケラ型サポートボカンメカ。両腕が「オッケードリル」という削岩器になっており高速で地中を掘り進む。メインボカンメカと合体してボカンドリルとなる。ボカンドリル:メインボカンメカとスーパードッキングしたドリル戦車形態。こちらは巨大なドリルで地中潜行が可能だが、固い岩では効力を失う。特攻技であるドリルアタックでトドメを刺す。初代OPでも1カット登場している
B19
B20
B21
B22イモムシータンク(cv:岩崎征実)ピンク色の芋虫型サポートボカンメカ。技は背中と尾部の砲身から拘束力の高い糸を放つ「イモムーキャノン」。メインボカンメカと合体してボカンレーサーになる。ボカンレーサーメインボカンメカとスーパードッキングした6輪レーシングカー形態。地球メカを桂剥きする程に出力が高い。喋るときはフォーミュラカーのエンジンような語尾を伸ばした口調になる
B23
B24

  • コスモガレージ24
 24世紀の軌道エレベーターに聳え立つJKK本部。巨大なルーレットの形をしている。

  • ボカンブレス(CV:愛河里花子)
 JKKの局員が装着しているガントレット状の腕輪。ボカンキーを装填し、ベゼルスイッチを回転させるとコスモガレージ24からボカンメカを1体時空間発進させる。通常どうりの映像通信も可能で、カレンのブレスはメカブトンを遠方から呼び出し、コスプレ合体を可能にする。
『逆襲の~』ではボカンブレスを使用せず、直接ボカンメカを起動させる。

アクダーマ側のメカニック

  • ドクロクラフター

 旧作のタイムガイコッツやシャレコーベバギーに似たデザインのバギー型メカ。時間移動現象ドクロボカン機能を有し、推力は自由の女神すら月面に運べる。スキャン銃で読み込んだものを融合させてアクダーマメカを誕生させる為の素体の役割を持つ。
『逆襲の~』ではスキャン銃を使用せず、24世紀の地下基地から事前に開発したメカのボディと合体する方式に変わり、必ずタイムスリップした際、ボルトやナットが外れ、時にはおだてブタすら取り残される。

  • アクダーマメカ
 スキャン銃で読み込んだデータをドクロラフターに融合させて誕生する戦闘用メカ。旧作が生物だけがモチーフだったのに対し、こちらは生物を含む様々な物をモデルとしている。
素体に合わせて特化した攻撃方法を付与しているが、忠実に再現し過ぎる弱点を持つ(例:松葉ガ二メカの脱皮)。何気にコスプレ合体に対抗したメカまで現れている。

アクダーマメカ一覧

第1期

話数メカ名データを読み取った対象
第1話古代エジプト全部入りメカスフィンクスピラミッド
第2話ドローンメカ木造飛行機
第3話桃太郎メカ桃太郎の墨絵(ブロマイド)
第4話ティラノメカ片目のティラノサウルス
第5話松葉ガニメカ松葉蟹
第6話香水メカモガの香水
第7話海賊メカ海賊の船長と手下
第8話ドーナツメカ自由の女神のドーナツ
第9話ロケットメカボストーク1号
第10話戦国武将メカ今川義元
第11話種子島メカ種子島火縄銃
第12話天使メカ天使に変装したビマージョ
第13話トナカイメカトナカイ
第14話忍者メカ服部半蔵の弟子の子供たち
第15話ウナギの蒲焼きメカ鰻と古代の七輪
第16話地球メカ地球
第17話牛魔王メカ
第18話画伯メカツブヤッキー
第19話木魚メカ木魚
第20話アイドルファンメカ町娘
第21話噴水メカ噴水
第22話自由の女神メカ自由の女神のハリボテ
第23話包帯松葉杖メカスズッキーの松葉杖
第24話ダ・ピンチメカレオナルド24の一人


第2期

話数メカ名モチーフ
第1話エジソンメカエジソンの発明品
第2話メジャーリーガーメカ野球選手
第3話土佐闘犬メカ土佐犬
第4話ホームズメカシャーロック・ホームズ
第5話麗しのマーメイドメカメイド+人魚


  • スキャン銃
 アクダーマメカを生み出すのに使う銃。対象の物体に赤いライトを当ててデータを読み取り、黄色のライトに切り替えてドクロクラフターに当てることでメカを作り出す。読み込んだ物体は消滅する場合としない場合がある。『逆襲の〜』ではメカの誕生プロセスが変わってしまっているので使用しない。

 ツブヤッキーがビマージョに褒められるとで出てくる。ヤシの木だけでなく、スマホ等にもよじ登る。

  • また来週メカ
 アクダーマが完全に敗北する事が確定すると出てくるメカ。種類は様々。

  • オロカブ
こちらもタイムボカンシリーズではお馴染み。アクダーマが追い詰められると「オロカ…ブ」と言っても出てくる。

  • 実ワンコ (CV:小市眞琴)
 2期から登場。各話の偉人に関する解説が実話であると登場する犬。「実ワンっ!」と言う。

  • 諸説アリババ
2期から登場。各話の偉人の解説に諸説があると登場するアリ。「諸説アリ〜ババ、ホントかな〜?」と言う。

真歴史

 今作のキーワードであり、JKKが取り戻そうとしている本当の歴史。該当記事を参照。

スタッフ

チーフプロデューサー - 菊川雄士
プロデューサー - 永井幸治
監督 - 稲垣隆行
シリーズ構成 - 加藤陽一
クリエイティブ・プロデューサー - 日野晃博
キャラクターデザイン- 吉松孝博
メインメカニックデザイン - 川原智弘
アクダーマ/メカニックデザイン - 大河原邦男
音楽-箕輪単志
企画協力・キャラクター・メカ原案 - レベルファイブ
原作・アニメーション制作 - タツノコプロ
制作 - 読売テレビ・タツノコプロ

主題歌

第1期

  • OPテーマ

『Fantastic time』(第1話~13話)
『OVER THE TOP』(第14話~24話)
歌:Hey!Say!JUMP

  • EDテーマ
『TRUE LOVE』(第1話~13話)
歌:篠崎愛
『激ヤバ∞ボッカーン!!』(第14話~24話)
歌:妄想キャリブレーション

第2期

  • OPテーマ

『DESTINY』(第1話~)
歌:KinKi Kids

  • EDテーマ
『20xx』(第1話~)
歌:夢みるアドレセンス

余談

今作の三悪トリオのキャストに関しては三悪を演じていた声優が高齢であるため(2016年時点では怪力系のたてかべ和也が死去、科学者系の八奈見乗児も療養で半引退状態)、夜ノヤッターマンドロンボー一味が引き継ぐ流れとなる。
悪の親玉役は同じく夜ノヤッターマンでドクロベエを演じたホリが引き継ぎ。ナレーター(通称:ボカンナレ)は千葉繁が担当する。『てやんでぇ』や『ケロロ』『フルパワー忍伝』のナレーターと同じく登場する人物達と意思疏通の掛け合いが出来る。

動画



関連タグ

タイムボカンシリーズ タイムボカン タツノコプロ カレン(タイムボカン24)

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「タイムボカン24」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 442432

コメント