ピクシブ百科事典

メカブトン

めかぶとん

タツノコプロが製作したSFギャグアニメ『タイムボカン』に登場するタイムマシン
目次[非表示]

概要

木江田博士が助手の丹平、グロッキーと開発したカブトムシ型のタイムマシン。
テントウムシ型飛行メカ・テントウキと、ヤゴ型潜水艇・ヤゴマリンを搭載する。
出動回数は最多の40回。

ターイムボッカーン
メカブトン


4つの車輪で地上を走行し、機体の翅を広げ後部のロケットブースターで飛行。
角の先端を回転させての体当たりや、機体下部から発射されるミサイル。
翅を開閉させての風起こし、ロボットの電子頭脳を狂わす磁力破壊光線など多彩な武器が装備されている。
エネルギーはタイム電池という巨大な乾電池型のバッテリーに入っていて、電池を交換する事で補充する。

それでも、毎回角やタイヤ、翅をこれでもかと言わんばかりに破壊されるのがお約束の展開になっている。

タイムボカン24』でのメカブトン

メカブトン
タイムボカン24 メカブトン


CV:上田燿司
タイムボカンのリメイク作品タイムボカン24では4輪タイヤではなく、カブトムシと同様の六本の手足、翅はビームウイングと現代的な解釈になっているほか、某LBXや大将軍の様なロボモードへの変形が可能となっている。マスクは着脱可能で、何故か食べ物も摂取出来る。
大元の頭脳がインプットされているのか、アクダーマメカの樹液で誘い出されるなど本能には勝てない。

更にビーチクリンがモデルのハチブルーンや、ヤゴマリンがモチーフのカットンボとコスプレ合体で野球王、海賊王などの○○王という名称にパワーアップする。
合体は後輩メカである逆転王カブトゼミを連想させ、今までのオマージュとも言える組み合わせも存在する。

また、シリーズ初として、節足動物との合体や、複数のボカンメカとの大合体も可能にしている。

第11話でアクダーマの戦国武将メカの猛攻で大破してしまい、大々的な修理が行われ、発進できない代わりにクワガッタンが代わりを務め、短期間で現場復帰。復帰と同時にボカンドラゴンへと合体変形する機能が追加された。

備考

タツノコプロの社屋の窓から入ってきたカブトムシがモチーフ
国分寺市鷹の台の雑木林の中にあり、クーラーのない部屋で窓を開けていたら入ってきたという

当時タツノコプロはメインメカの殆どをプラモデルの色として使う事が出来る青、赤、黄、白の4色を基調としたデザインを多数排出しており、メカブトンもこれに倣って青を基調とした色でデザインされた

pixivに投稿された作品 pixivで「メカブトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30296

コメント