ピクシブ百科事典

概要

 水面を滑る昆虫タガメミズカマキリ同様、カメムシから進化した生物。
 短い前脚と対照的に中脚・後脚は胴体をはるかに上回る長さを持つ。この4本の脚の先には繊毛が生えており、その表面張力に浮く。そのため、石鹸水などの界面活性剤の入った水に入ると表面張力が働かなくなり、溺れてしまう。
 セミやカメムシと同じくは尖っており、ここから消化液を突き刺して水面に浮かぶ生物の死肉を溶かし、ジュース状にして飲む習性を持つ。コワイ!
 背中には翅が生えており、これで飛行する。水たまりなどにも浮かんでいるのはそのため。
 名前の由来はに似た臭いがするからとされている。
 ちなみに忍者の使う水蜘蛛とはこのアメンボを指し、水中で生活する蜘蛛であるミズグモの事ではない。

 ちなみに交尾はあくまで自分に見合うオスとしかやる事はなく、対象外のオスに対してはシャッター(わかりやすく言えば貞操帯)を閉めて交尾できない状態になるという。

関連項目

コオイムシ タイコウチ マツモムシ
ガムシ ゲンゴロウ ミズスマシ ボウフラ ヤゴ

アメタマ アメンバロイド メンボ ボムメンボ

関連記事

親記事

カメムシ かめむし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アメンボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112567

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました