ピクシブ百科事典

アメンバロイド

あめんばろいど

バダンのエリート新型改造人間・UFOサイボーグの1人。
目次[非表示]

概要

児童誌でのスチール連載小説及びそれを原作とした小説『仮面ライダーZX オリジナルストーリー』(著:平山亨)に登場するバダン帝国改造人間

ガランダー帝国ゲンゴロウ獣人ネオショッカータガメラスのデータを元に制作されたアメンボの能力を兼ね備えた新型改造『UFOサイボーグ』の1人で、小説の設定によると、でバダンについた、自尊心の強い航空宇宙学者男性「室一成」が改造を受けた姿とされる。

バダンの怪人随一の怪力を誇り、水中戦を得意としており、鋭い状のを突き刺し、エネルギー源である人間の体液を全て吸い尽くしてしまう。

また、強靭な脚力を誇り、即脚の関節部分から小型ミサイルを放てる。アメンボの改造人間らしく、脱着式の補助を延ばして水面を自在に歩き回れることが可能で、この足は引き抜いて打撃用の武器としても使用できる。

街で人を襲っていた最中、時空魔法陣の事を調べていた沖一也=仮面ライダースーパー1村雨良=仮面ライダーZXと遭遇し戦闘に突入。

最後はZXの『ZXイナズマキック』とスーパー1の『スーパーライダー旋風キック』による『ライダーダブルキック』の前に敗れ去った。

その後、最終決戦にて再生怪人軍団の一員として登場した。

仮面ライダーSPIRITSでの設定


「人の‥‥夢の為‥‥か」
「そういう奴から 死ぬ」

第1部、第十五話~第十七話「流星の神話(前編・中編・後編) 」、人間態としては第九話「密林の破壊神(前編)」から登場。

バダン四天王の一角を担う幹部怪人で、人間態時は隆々の、強面の拳法家男性の姿を採っており、組織内ではインド神話に登場する魔神アスラ」の名で呼ばれている。

本人曰はく、かつて人々から尊敬と畏怖を込められ“拳神”と讃えられた凄腕の拳法家だったが、老いのために衰えた自身に無情を感じ、自ら進んでバダンの誘いを受けて改造され、現在に至るらしい。

その使命は、バダン総統JUDOが幽閉されているの裏側にあるクレーター、「ツィオルコフスキー」の採掘場で、恐らく時空破断システムのエネルギー源である『バダンニウム』の採掘と、それに伴う月面基地を建設している忌々しい人間たちの排除であると思われる。

デザイン面ではほぼ原作通りに近い形状であるが、拳法家が素体という設定に変更されたこともある為か全体的に筋肉質となっており、着脱式だった四本の補助足は内蔵伸縮型に変更され、さらに両腕も自在に伸ばせるようになっている。
また、時空魔法陣を操る力も持っている模様。

人間を矮小と称し、をせせら笑う力こそが全ての心理と考えている武闘派気質の怪人で、月面基地を壊滅破壊して職員のほとんどを死に至らしめた後、同じ拳法家であるスーパー1と月面で対決。

自身の持つ拳法家としての腕前と6本の伸縮自在の腕を駆使し、スーパー1を苦しめた。

一度は取り逃がすが、地球にスーパー1たちが帰還した後、再び対決‼
最後はセルゲイが創り出した刹那の隙を突かれて放たれた『スーパーライダー月面キック』を喰らい、敗北、爆死した。

関連項目

バダン 仮面ライダーZX 仮面ライダーSPIRITS アメンボ

コメント