ピクシブ百科事典

ヤマアラシロイド

やまあらしろいど

「仮面ライダーZX」の敵組織「バダン」の怪人。※イラストは仮面ライダー大戦時のもの。
目次[非表示]

概要

 児童誌でのスチール連載小説写真つき小説)並びにTVSP『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』を総合した企画『仮面ライダーZX』に登場する悪の組織バダン」の改造人間
 その名の通りヤマアラシを模した怪人であり、今までのハリネズラス獣人ヤマアラシなどよりもさらにトゲトゲしい外見をしている。
 主な戦力は鉄板をも容易く貫き、吸血効果のある状の体毛で、これを状にして敵を突き刺すほか、手持ちの武器として使用する。
 なお、小説『仮面ライダーZX オリジナルストーリー』(著:平山亨)の設定によると神代地列という男が自ら進んでバダンの改造手術を受けた姿であるらしい。

 UFOサイボーグと呼ばれる上級怪人のリーダー格であり、タイガーロイドと並ぶバダンの顔役で、雑誌掲載版では、配下の複製怪人たちのエネルギー源である人間の血液収集のため、その禍々しく研ぎ澄まされた針を使い、人間を襲って血液を収集してまわっていた。

 更に雑誌掲載版では再生怪人ゲドンの獣人大ムカデ・ブラックサタンの奇械人カメレオーン・ネオショッカーのクモンジン&カガミトカゲ・ドグマ王国のカメレキング)を統率していた。その為、怪人軍団長の異名を持っている。

 最期は雑誌展開、及び小説ではZXイナズマキック連続攻撃の一環である『爆弾蹴り』で、TV特番の『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』では仮面ライダー1号タコ殴りにされた挙句、投げ飛ばされてドクガロイドとぶつけられ、揃って地面墜落爆死した。

客演情報

仮面ライダーSPIRITS

の名『ゼクロス』は私にこそふさわしい!!」

 バダンの最古参幹部の一人であり、陰険で執念深いマッドサイエンティスト。人間態は「ニードル」というコードネームを名乗る、眼鏡をかけたひょろりとした体躯の白衣の男性
 一人称は「」で慇懃無礼な敬語を使い、常に自己の利益になることを考えている。中盤でZXが逃走したのを皮切りに、自らがを手にするためにバダンを離反する。その後も勝手に幾度となくバダン本部要塞サザングロスに出入りしているが、暗闇大使に対する忠誠は無に等しいように見える。
 能力は体毛に変えて飛ばすことで、アメリカ軍の一斉攻撃でもまるで歯が立たなかったコマンドロイド装甲をたやすくぶち破り、怪人を暴走させて巨大怪獣変身させる、相手の経絡飛行を突いて自在に操るなどと言った不思議な技が使える。針はのように長大化させることも可能。また、時空魔法陣を使っている描写もあり、未だ能力の全貌は謎に包まれている。
 SPIRITSウェイ・ペイからは「師匠、なぜあなたがこのようなことを」と言われているが、関係性は不明であり、本人はとうにウェイ・ペイのことなど忘れている模様(第5巻の時点で、銀のドクロのセリフから、人間だったころの記憶を消去されていると思われる描写がある)。

 そして『新仮面ライダーSPIRITS』にてとうとうその思惑が明かされ、暗闇大使と最初からグルだった事が発覚した。ショッカー基地で息絶えた地獄大使の死体から発見された髑髏を奪い取り、スチール連載やTVSPのデザインそのままの新生バダン怪人たちと合流。すべては、暗闇大使JUDOを欺くための芝居だったのである…。

仮面ライダー大戦

「この世界はバダンが頂く。だがその前に、あのガキをひっ捕らえろ!!」

 バダン総統の力により地獄の底から復活した…はずなのだが、なぜか体の半身が人体模型のように赤く塗装されており、TVSPとは大きく異なる姿をしている。タイガーロイド共々旧バダンのメンバーということもあり、再生怪人軍団を統率する立場にあった。
 性格はニードルとは真逆のチンピラそのものであり、その外見も相まって北斗の拳悪役のような印象を受ける(しいて言えば同じバダン怪人であるカメレオロイドジゴクロイドトカゲロイドに近い)。だが、味方ごとライダーを攻撃し、何人か戦闘員巻き添えにしても気にも留めずにのた打ち回るライダーを指差して嘲笑うなど、外道な性格は変わっていない。
 能力は全身から生えたのように噴出することで、鋼鉄でも簡単に突き破る。
 タイガーロイド亡き後、再生怪人戦闘員を率いて仮面ライダーたちに襲い掛かるが、仮面ライダーバロン仮面ライダー斬月・真仮面ライダー龍玄の猛攻の前に倒され、「バダン万歳!」と叫んで爆発四散した。
 声優リュウタロスでおなじみの鈴村健一であり、やりすぎなまでのチンピラボイスは必見もの。ちなみに断末魔はいわゆる中の人ネタと思われる。

仮面ライダーゴースト

「お待たせしました! 242センチ92キロ、ヤマアラシロイド~!!」

CV:宇垣秀成
第24話に登場。他の出演作と同じくバダンによって生み出された怪人だが、現在はショッカーに加担しており、ベルトは「ショッカー」のもの(それも強化ショッカー怪人が装着していた黄金のショッカーベルト)に変わっている。『仮面ライダー大戦』の個体と比べ、かなりコミカル色が強い性格をしており、相手に追い詰められるとすぐに相手をショッカーに勧誘しようとする。
強化ショッカー怪人のベルトを巻いているのにも関わらず、あまり戦闘力は高くない。
地獄大使の復活の為にショッカー構成員を増やすことを目的としており、ハリヤマワンダーランドという遊園地でクマのぬいぐるみが付いたテントで移動しながら、発射した針で人間達を針状に変化させて誘拐していた。
しかし、一部の市民にはその姿を目撃されてしまっており、「ネズミ怪人」として認識されていた。

ハリヤマワンダーランドで人々を誘拐していたが、「ネズミ」と言う言葉に反応した御成に取り付いたゴエモンゴーストアイコンに発見されてしまい、ゴエモン魂と交戦。タケルをショッカーに勧誘しようとするがノリツッコミで飛ばされ、逃走を図るもその際バイキングに搭乗してしまい、絶叫して吹っ飛ばされてしまう。

吹っ飛ばされた先で、移動に使用していたテントを囮に不意打ちをかけようとするも風切大和に妨害されてしまい、多数のショッカー戦闘員を呼び出してグレイトフル魂ジュウオウイーグルと交戦。
しかしショッカー戦闘員は2人によって全滅され、針を発射して抵抗するも、イーグライザーで拘束されてガンガンセイバーハンマーモードの攻撃でかなりの痛手を受け、ジュウオウイーグルを勧誘するも当然断われる。
降参するフリをして針攻撃を行うも全く通用せず、最期はグレイトフル魂の「オメガトライブ」とジュウオウイーグルの同時攻撃を受け、「地獄大使様、バンザーイ!!」と言う断末魔を上げ、爆死した。

彼が倒された同時に針状にされた人々は元に戻ることが出来た。

しかし、自分のために汚名まで被った部下のこの断末魔を聞いた暗闇大使はどう思ったのだろうか…。

仮面戦隊ゴライダー


トーテマが作り出した怪人の一体として登場。
タイガーロイドモグラロイドと共に出現し、孤立した仮面ライダーエグゼイドレベル3と交戦。
3体でエグゼイドを苦しめるが、アナザーアギトバロンマリカが駆け付け、エグゼイドの「ゲキトツクリティカルストライク」で爆散した。

関連項目

ライダー怪人 幹部
ヤマアラシ怪人 ゴ・ジャラジ・ダ ヘッジホッグロード ヤマアラシ(魔化魍)

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤマアラシロイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 293

コメント