ピクシブ百科事典

サザングロス

さざんぐろす

グラビア展開および小説のみに登場するバダン最高大幹部であり、総司令官でもある暗闇大使の正体。サザンクロスとも記述される。
目次[非表示]

概要

雑誌展開及び『風塵社』から出版されている小説仮面ライダーZX オリジナルストーリー』(著:平山亨)にのみ登場するバダン最高大幹部・暗闇大使の正体にしてバダン超最強怪人であるサザエ型改造人間

その使命は雑誌展開では、散々世界征服計画を邪魔して来た裏切り者であるZXを含めた10人のライダーたちの抹殺、小説ではそれを含めて『時空破断システム』による世界征服及びそれを備えるバダン基地の護衛である。

今まで登場したバダン怪人たちの10倍の強さを誇るとされており、サザエの殻で覆われたそのボディは、あらゆる攻撃を弾き返すほどの強固さを持ち、そこに備え付けられた無数の大砲の威力は絶大なもので、一撃でビルを吹き飛ばす威力があるとされ、殻を回転させながら砲撃を行う事で連続で同じ標的に攻撃を加えることが出来る。

殻の中には上半身がフジツボやホヤの様な突起物に覆われた不気味かつ醜い本体が潜んでおり、その時の姿では、人間態時の暗闇大使同様に電磁ムチや鍵爪を駆使して襲いかかる。

雑誌掲載時のラスボスに当たる怪人でもあり、最終回でライダーたちと決着を付けるべく、自身の持つ『時空魔法陣』の能力で蘇生させた、カメレオロイドクモロイドを除く、バダン再生怪人軍団を率いで決戦を挑み、激戦の末、10大ライター達の猛攻撃の前に次第に押され、最後は『超パワーイナズマキック』を浴びて滅び去った。

金山静夫氏の漫画作品では左目に十字手裏剣を受けて退散、以後は暗闇大使の姿で戦っている。

小説『仮面ライダーZX オリジナルストーリー』では『時空破断システム』を設置するアジト内にて10大ライダーたちと決着を付けるべく、自ら1人で戦いに挑み、その力でライダー辰を圧倒するが、10大ライダーたちの連係プレイの前に次第に押され、スーパー1の『エレキハンド』で大ダメージを受けたため、その場から撤退。

バダン総統に助けを求めるが、もはや用済みとして総統の手により『時空破断システム』で処刑され消滅した…(結局彼も今までの悪の組織の大幹部達同様、総統にとっては都合のいい道具として利用されていた1人に過ぎなかったという事か…)。

派生作品での活躍

仮面ライダーSPIRITSの設定では本体(?)である暗闇大使と一体化したバダンの移動要塞で、描写から察するに、漫画版仮面ライダーBLACKに登場するゴルゴムのネパール基地の正体である巨大改造人間『バドガオン』と同じようなコンセプトの改造人間(暗闇大使ことガモンから造られた分身体のようなもの?)と推測されるが詳細は不明。

また、形が原作に登場したサザングロスの本体を覆っている殻の形をしている点や、初めて時空魔法陣の能力で産まれた複製怪人であるシオマネキングモスキラスとの戦いで内部が収縮し始めたような描写から、恐らく移動要塞の役割を持つ以外にも、本体(?)の暗闇大使を護るの役割をも持っていると推測される。

能力的には原作の設定を踏まえて大胆なアレンジが加えられており、上記のように、前作で上半身を覆っていた殻の部分が、暗闇大使と一体化したバダンの移動要塞であるのと同時に『時空魔法陣』のシステムが組み込まれている事により、様々な機能が備わっており、これを用いて空間を湾曲させ、瞬時に別の所へ移動するワープ機能や遠く離れた場所の人間の大量拉致、また一部の例外を除き、『時空魔法陣』の能力で改造人間の素体から、今までライダーたちに敗れ去った怪人、改造魔人の複製を生み出すことが可能。
そのほか、内部にドグマ王国の遺産と思われる『生きたコンピューター』を内蔵することによりバダン総統・大首領JUDOを復活させる法具『時空破断装置』の中核を備えているなど、まさにバダンの持つ全ての技術の結晶であり、前線基地そのものという感じとなっている。

しかし、致命的な欠点も兼ね備えており、『時空魔法陣』が破壊されるとそのダメージが本体(?)である暗闇大使にフィードバックする危険性が有り、そのため真っ先に世界各地の空軍を壊滅させたのだが、その後の調査でその弱点が判明し、そこを突かれ、一度はライダーたちに敗れている。

その後、JUDOの計らいで再び本体(?)である暗闇大使は強化改造を受けるのだが、その際、一瞬だけ原作のサザングロスの本体のシルエットが浮かび上がるシーンが存在する。

余談

山田ゴロ版では暗闇大使の姿のままで10人ライダーと決着をつけている。

ZXを主人公としたTV番組『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』では時間の都合からか、登場出来なかった…。惨い…。
以後、映像媒介では姿を見ることはできていない。


『宇宙の11 仮面ライダー銀河大戦』では他の再生幹部がヒルカメレオンジャークミドラなど最初から怪人体で登場したのに対し暗闇大使はその姿で登場。
手が砲身でマーダーマシンを操縦する都合のためとも考えられるが(同じ理由でか悪魔元帥サタンスネークの姿を見せていない)、では素体でよかったのでは?と思える。やはり醜悪な姿が児童誌に相応しくないためか。

関連タグ

暗闇大使 バダン 仮面ライダーZX 仮面ライダーSPIRITS

pixivに投稿された作品 pixivで「サザングロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27727

コメント