ピクシブ百科事典

ジャークミドラ

じゃーくみどら

ジャークミドラとは、特撮番組『仮面ライダーBLACK RX』に登場するジャーク将軍の化身にして最強怪人。
目次[非表示]

概要

第46話にてRXを倒す力を願い(前の回で「最高司令官の真価を見せる」とを言っていたが?)、クライシス皇帝によって最強怪人に変化させられたジャーク将軍。ただし、常にこの姿のままというではなく、場面によってはジャーク将軍の姿に戻っている場合もある。それまでの杖に代わって蛮刀のような幅広の剣を武器としており、目から放つ破壊光線も角を通して放たれる。

クライシス帝国の魔の手から逃れるべく自家用車で疎開先に向かう人々の前に稲妻と共に現れ彼らを襲撃し、茂とひとみを逃がすべくジャークミドラに組み付いた佐原夫妻を惨殺。直後に現れた仮面ライダーV3ライダーマンを退けた。

その後、10人ライダーや光太郎の前にジャーク将軍の姿で現れ1対1の勝負を申し込み、ロボライダーがパワー負けするほどの圧倒的な力を見せつけた。そのさ中、茂とひとみがボルティックシューターを拾い上げ、両親の仇であるジャークミドラに向けて発砲する一幕もあったが、あえなく防がれてしまった。

窮地に陥ったロボライダーはバイオライダーに変身、バイオブレードによる一方的な斬撃の前にジャークミドラは手も足も出せず、彼の身を案じるマリバロンダスマダーに救援を求める。しかし、彼は無情にも「奴は全能力を使ってRXに勝てなかった。あんな奴に用はない!」とこれを一蹴し、クライス要塞も何処かへと去っていった。

去り行くクライス要塞を呆然と見つめるジャークミドラにバイオライダーは「邪悪な皇帝の下に使われたのが、お前の不幸だ!」と言い放ち、即座にRXに変身。リボルケインで腹部を貫かれるも刀身を掴んで抵抗し、死の間際にジャーク将軍の姿に戻ると「よくぞ私を倒した。だが覚えておけ…いかにお前でもクライシス皇帝には勝てぬ」と捨て台詞を吐き、高笑いと共に爆発し果てた。

漫画版では

漫画『宇宙の11 仮面ライダー銀河大戦』では、仮面ライダーZXの必殺技を寄せつけずスカイライダー共々一刀でねじ伏せると置いう、最強怪人の異名にふさわしい実力を発揮している。辛うじて二人は逃げ延び、彼自身も基地の崩壊に巻き込まれたと思われる。

余談

ジャークミドラの名前の由来は、本来登場させる予定だった怪魔妖族怪魔異生獣の合体したミ怒羅ガ怒羅という怪人である。

関連タグ

仮面ライダーBLACKRX クライシス帝国 ジャーク将軍

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャークミドラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3476

コメント