2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

演:松井哲也
第28話「皇帝陛下の代理人」から登場。
ジャーク将軍とその部下のによる地球侵攻作戦が、全然進まないことに痺れを切らしたクライシス皇帝が直々に送り込んだ査察官。

階級は大佐だが、「皇帝陛下の代理人」として格上のジャーク将軍と四大隊長さえも処罰する権限を与えられている。剣術の達人で、RXと渡り合う実力者。しかし、お目付役として皇帝の威光を笠に着た高圧的な態度はジャーク将軍達の反発を招き、彼らにプレッシャーを与えたことが裏目に出たり、余計な手出しをして結果的に作戦の邪魔になったり、逆に馬鹿にされたりすることもあった。

そのため、発破をかけるための脅しの末にゲドリアンを無駄死にさせることになったり、ジャーク将軍を出し抜こうとするボスガンを自らの派閥に招いたりした。また、RXの戦闘データを調べるために怪魔戦士を囮にして死なせたこともある(しかし、これによってダスマダーはキングストーンの秘密を知り、後にRXを苦しめることになる)。


武器は剣と兜の獅子の飾りから放たれる緑色の破壊光弾。また、念動力や不死の術、黒い霞となって移動するといった妖術も使える。不死の術はリボルケインや剣で貫かれても死なないようになっている。









以下ネタバレ注意
終盤にてジャークミドラを倒し、クライス要塞に突入したRXと一騎討ちを行う。その中で彼はリボルクラッシュによって首を貫かれ、ついにその巨大な顔面だけの怪物の姿に変化し、同時にその正体がクライシス皇帝その人だったことが明らかになる。

余談

クライシス皇帝同一人物であるはずの彼だが、前述の通り、彼が横槍を入れたばかりに失敗した作戦も数多くあったので、普段はダスマダーとしての別人格を持っていたのでは?という考察もある(実際にダスマダーもクライシス皇帝の処罰を受けたり恐れていた描写もあった)。「仮面ライダー画報」では分身とも正体とも取れると書かれている。

演者である松井哲也は16歳で倉田プロモーションに所属。
倉田保昭の内弟子としてアクション俳優としてのキャリアをスタートさせる。日本よりも香港での活躍が先で、18歳の時、香港映画『十福星』のオーディションに合格し、香港にて華々しくデビューを果たすと同時にサモ・ハン・キンポーを香港での師として仰ぐ。
また、倉田てつをと同級生で、撮影の合間での会話でお互いに知ってからは頻繁に交流するなどしてかなり仲が良かったそうである。

都市伝説として、命名の由来が「クライシス皇帝を出すのか?」、「まだ」から来たのではと言われている。

関連タグ

仮面ライダーBLACKRX クライシス帝国 クライシス皇帝
ブラック将軍:衣装が似ている敵幹部の先輩。
ソノシ:目的が彼と同じスーパー戦隊の敵艦部の後輩。

関連記事

親記事

クライシス帝国 くらいしすていこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16588

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました