ピクシブ百科事典

ブラック将軍

ぶらっくしょうぐん

ブラック将軍とは『仮面ライダーシリーズ』に登場した悪の組織の大幹部。
目次[非表示]

演:丹羽又三郎(本編)、黒田崇矢(正義の系譜)
  福本清三レッツゴー仮面ライダー
  高田延彦スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

概要

仮面ライダーシリーズ』に登場した悪の組織の大幹部。
大幹部の中でも悪党ながら信念が強く、多くの怪人と戦闘員から尊敬されている。
やはり改造人間であり、ヒルとカメレオンの能力を移植されていて、怪人・ヒルカメレオンに変身する。

仮面ライダーにおいて

ショッカー潰滅後に登場した新組織ゲルショッカーの大幹部として登場。
神経質な面があり、口の端を引きつらせて話すのが特徴。
元々は黒海近くの村に生まれたロシア帝国軍人であり、代々ロマノフ朝の将軍を歴任した由緒ある家系の出自。彼も陸軍に所属して将軍にまで昇りつめた。

帝政ロシア時代には、戦地で数々の緻密な作戦と勇猛さを発揮して名を轟かせ、ニコライⅡ世に忠誠を誓っていたが、敵国の兵隊には容赦がなく、降伏してきた敵を嬲り殺しにするのが何よりの楽しみという残虐さ故に、各国の軍隊間でも恐れられたほど。日露戦争でもロシア将校として作戦計画に関与していた。
やがてロシア革命が勃発して、ソ連による帝国崩壊に伴いアフリカ大陸へ亡命し、紆余曲折を経てゲルショッカーの前身であったゲルダム団に所属した。
着ている軍服と将軍という階級は、ロシア軍人時代から引き続き終生使用した。胸に輝く複数の勲章はロシア帝国陸軍~ゲルダム団時代の様々な戦功・破壊・殺戮に対してニコライⅡ世やゲルショッカー首領から授与された物である。ゲルショッカーの合成怪人のプランも彼の提案である。
鋭利なサーベルを携えるが、作戦中は指揮棒で配下の怪人たちを威圧する。

その天才的頭脳と冷酷な性格で、仮面ライダー1号仮面ライダー2号を苦戦させた
ゲルショッカー結成式をも仮面ライダーを誘き出す罠に利用するなど抜け目のない采配ぶりで、作戦を考える際に二段三段構えで臨むこともしばしばであり、途中不測の事態が起きても柔軟に対応し、手駒を使って作戦を切り替える事もあるなど、その指揮能力は驚嘆に値する。

最後の戦いで自ら怪人ヒルカメレオンに変身し、再生怪人軍団と共にダブルライダーと死闘を繰り広げるが保護色を見破られ、ダブルライダーのダブルチョップで致命傷を負い、元の人間体に戻って首領を賛美しながら爆死した。
私情を挟まず自身を捨て駒にしてまで最後の作戦を遂行する勇敢な姿は、敵ながらダブルライダーも敬意を表している。

元はロシア帝国の将軍という前歴ゆえに歴代の大幹部内でもっとも高齢(ゴルゴム怪人平成ライダーファンガイアグリードといった人外のものを除く)と推測される。柳田理科雄曰く80代以上は確実とのこと。そのためか小説仮面ライダー1971-1973において原典のブラック将軍に当たるポジションのショッカー幹部【将軍】は、度重なる改造手術により強化された肉体をもってしても老衰により限界を迎えつつあるという設定になっていた。

後続作品において




  • 漫画仮面ライダーSPIRITSでは復活したゲルショッカー総指揮官として関西制圧計画を実行。京都清水寺をジャックし、京都府民の血液を吸い取って怪人にしていた。駆けつけた一文字隼人が変身した2号、滝和也と戦闘になるが復活させたゲルショッカー怪人を使って数の暴力で2号を窮地に追い込む。しかし滝の機転で透明化し潜んでいる場所がバレ、一文字と滝のライダーダブルパンチを受け怯む。その後、再生途中の幼体の怪人達を街に放そうとするが、ちょうど到着したZXの機転により怪人達はやられてしまい、2号とZXのライダーダブルキックを受けて止めを刺された。



関連タグ

仮面ライダー ゲルショッカー

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラック将軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12533

コメント