ピクシブ百科事典

ガテゾーン

がてぞーん

ガテゾーンとは、特撮番組『仮面ライダーBLACKRX』登場する敵幹部の一人。
目次[非表示]

CV:高橋利道
演:北村隆幸

概要

仮面ライダーBLACKRX』に登場したクライシス帝国怪魔ロボット軍団の長で、「機甲隊長」の称号を持つ。
自身もロボットであるが、配下の怪魔ロボットも自らの手で製造する優れたメカニックでもある。ロボット故に頭部と胴体を切り離して行動することが可能で、第39話では老人に擬態し、佐原茂らを言葉巧みに誘い出してRX抹殺の為のスペシャルプラトーンに仕立て上げた。

ニヒルな性格で、他の隊長のような出世欲や忠誠心が薄く(ゲドリアンが欲を露わにしているせいもあるが)、強い相手と戦うこと=RX打倒に最も執着している。マリバロンと協力して作戦を進めることが比較的多かったが、ジャーク将軍に心酔している彼女とは、実はあまりソリが合わない。上司であるジャーク将軍の命令を無視したり、嫌われ者のダスマダー大佐に手を貸すこともあった。
RX打倒のためなら、組む相手や手段を選ばないという信念(もしくは執念)のなせる業であろう。

専用バイク「ストームダガー」を駆り、常に携帯している銃による射撃を得意とするなど、ハカイダーに近いところもある。一方で格闘戦は苦手なようで、RXと肉弾戦になった時はことごとく一方的に撃退されていた。

最後はRX打倒の為にダスマダーと結託して手に入れたクライシスチャージャーを組み込んだ新たな愛車ネオストームダガーを完成させたが、ジャーク将軍によってクライス要塞を追放され、最強最後の怪魔ロボット・ヘルガデムと共にRXと対決。

ヘルガデムの背面に取り付けられたファンから吐き出されるデススモークでRXのキングストーンを蝕み窮地に陥れたが、RXに加勢した的場響子の放った矢でファンが破壊され、RXの復活を許してしまった。

ロボライダーにネオストームダガーを破壊され、ヘルガデムもリボルクラッシュで致命傷を負ったため最後の手段として頭部を切り離し胴体に仕掛けた時限爆弾でRXを葬ろうとしたが、瞬時にバイオライダーにチェンジされてかわされてしまう。

残った頭部にRXキックを受け、最後の力で頭部から高出力の光線を放射したがリボルケインに防がれる。死の間際に彼は「地獄で待っているぜRX!」と言い残して爆発した。

仮面ライダーディケイド』第27話でリ・イマジネーションクライシス帝国が登場し、かつ怪魔ロボット・シュバリアンが登場するものの、ジャーク将軍(リマジ)以外の幹部らしき姿は登場していない。

余談

CVを務める高橋利道氏は、ジャーク将軍のスーツアクターも担当している。
また、第2話登場の怪魔ロボット・キューブリカンと第34話登場の怪魔ロボット・シュライジンの人間態でそれぞれ顔出し出演している。

スーツアクターを務めた北村隆幸氏によると、ガテゾーンのニヒルな性格は当初台本にはなく、台本を貰いセリフをチェックした際に作り上げ第1話の南光太郎が拘束されていた撮影現場でプランニングしていた動きを見せた所、採用されたものとのこと。

またデザインがロックマンゼロパンテオンシリーズとそっくりであるが恐らく関係は無いはず。他にはガテゾーンを元にしたようなデザインのブリュンヒルドというキャラが居るが、こちらは双剣使いとなっている。

関連タグ

仮面ライダーBLACKRX クライシス帝国 怪魔ロボット ブリュンヒルド パンテオンシリーズ

関連記事

親記事

クライシス帝国 くらいしすていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガテゾーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68581

コメント