ピクシブ百科事典

バルンボルン

ばるんぼるん

『仮面ライダーBLACK RX』に登場する怪魔異生獣の一体である。

CV: 西尾徳
グレートマスク: 高橋利道

概要

第36話『ヒーローは誰だ?』に登場。巨体に巨大な一つ目が特徴の、ゲドリアン曰く「怪魔異生獣大隊No. 1のパワーの持ち主」で、一つ目からの破壊光線と口吻から噴出するガスが武器。

ヒーローに憧れる人間の子どもたちを洗脳してクライシスの工作員に仕立て上げる「クライシス・ユーゲント計画」に従事する。謎の覆面万能アスリート「グレートマスク」の姿をとって野球、陸上、サッカー、テニスといった各スポーツ界のトップ選手たちに対決を挑んでは打ち負かし、心酔した子どもたちを自らの親衛隊へと加えていく。続いて世界チャンピオンのプロボクサー・沢田勝にも試合を申し込み、超人的な力で(元が人間ではないのだから当然だ)圧倒してマットに沈め、彼のファンだった少年たちも親衛隊に取り込んだ。

 しかし再起した沢田にリターンマッチを挑まれると、今度は以前とは比較にならない強さを見せる沢田の前に劣勢を強いられる。挙句の果てにカウントを取ろうとしたレフェリーを突き飛ばし、ボクシングの試合にもかかわらずキックを繰り出すという反則行為を繰り返したために親衛隊の子どもたちからも愛想を尽かされてしまう。
 それでも圧倒されついにKOされると、たまらず怪人態を現す。すると沢田の体内からバイオライダーが出現。本来禁じ手である特殊能力「細胞融合」を沢田の了承を得て使用し、RXの力を沢田に与えていたのだ。

 計画をぶち壊されたバルンボルンは親衛隊の少年の1人を人質にとってRXの攻撃を阻もうとするが、RXはアクロバッターとの連携で少年の解放に成功。こうなると力の差がはっきりし、RXキックで吹っ飛ばされた挙句にリボルケインに貫かれ爆死。

 「怪魔異生獣大隊No.1のパワー」という触れ込みだったが、RXはパワー重視形態であるロボライダーに変身するまでも無く圧勝している。例によって看板倒れの怪人であった。

pixivに投稿された作品 pixivで「バルンボルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 202

コメント