ピクシブ百科事典

マットボット

まっとぼっと

特撮番組「仮面ライダーBLACK RX」に登場する怪魔異生獣。

CV: 西尾徳

概要

第27話「大逆襲!影の王子」に登場。怪魔界に生息する「タテガミ象」から生み出した異生獣。
富士山の地中で高エネルギー爆弾を爆発させ、噴火を誘発して山麓の都市を壊滅させ、クライシス帝国移民のための都市を築く計画に従事。

両腕の爪を高速振動させて地中を掘り進む能力を持つ。強大な怪力を誇り、暴れれば溶岩の流れすら変えてしまう。

怪魔異生獣全般に言えることだが、特に知能が低いのが致命的な欠点。シャドームーンの脅しにあっさり屈して秘密計画を喋った上(忠誠心にも問題あり)、「クライシスを倒したら将軍にしてやる」という空約束をまんまと信じ込み、ゲドリアンら幹部たちに叛逆するという失態も演じた。

あわやクライシス幹部たちもろとも溶岩流に呑み込まれて終わりとなるところだったが脱出。とんだ大恥をかかされた上司のゲドリアンから百叩きのお仕置きを受けた後に作戦に復帰(よく処刑されなかったものだ…)。宿命の対決に臨むRXとシャドームーンを罠にかけ、その隙に爆弾をセットして富士山を噴火させようとする。

しかしシャドームーンに勝利し、作戦を知らされて駆けつけたRXに妨害される。自慢の怪力もロボライダーの前には全く通用せず、片腕をもがれた挙句にリボルクラッシュを受けて爆死。リボルケインを抜いてとどめの態勢に入っているRXに向けて正面から突撃するなど、馬鹿は死ぬまで治らなかった

pixivに投稿された作品 pixivで「マットボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93

コメント