ピクシブ百科事典

ムンデガンデ

むんでがんで

ムンデガンデとは、仮面ライダーBLACK RXに登場する怪魔異生獣の名称である。

CV/依田英助

概要

仮面ライダーBLACK RX』第29話「水のない世界」に登場。
セミ幼虫を思わせる本体に二匹のムカデの様な寄生生物が張り付いたかのような姿をした怪魔異生獣

クライシス帝国が推し進める地球上の全てのを支配する事で、実質的に地球の支配権を得る為の拠点 “水の”を建設するを築き上げる“水奪取作戦”の遂行を任務としており、その為に次々に貯水場を襲撃して破壊活動を行っていた。

残忍な性格の持ち主で、的場響子の両親をはじめ貯水場の所員を皆殺しにし、更に復旧工事に来た作業員たちを待ち伏せして殺害するなどの行為を行っていた。

背中のムカデの様な寄生生物のから破壊光線を発射したり、これを分離させて敵を襲撃するする能力を持つ。また、本体の鋭く尖ったを射出して敵を突き刺す事ができる。

劇中ではこれらの能力に加えて配下のチャップ達が携帯した液体火薬爆弾のフォローでRXを苦しめるが、最後はバイオライダーの『バイオブレード』で光線を弾き返され口を失い、更にムカデ型寄生生物を真っ二つにされた所に止めの『リボルクラッシュ』を受け爆死した。

関連項目

怪魔戦士 怪魔異生獣 クライシス帝国 仮面ライダーBLACKRX

コメント