ピクシブ百科事典

ゲドルリドル

げどるりどる

ゲドルリドルとは、特撮番組「仮面ライダーBLACK RX」に登場する怪人である。
目次[非表示]

CV:丸山詠二

概要

第42話「四隊長は全員追放」に登場。
ゲドリアンがRXを倒すために、自らの細胞から作り出した最強最後の怪魔異生獣。あらゆるエネルギーを吸収して巨大化していく。
武器は両腕のハサミとビーム攻撃と怪力。強化後は尻尾からエネルギーを吸収して全ての攻撃を跳ね返す無敵の体になり、両腕が口に変化し破壊光線を撃てるようになる。地面を掘り進む能力を持つ。
弱点はエネルギー切れ。エネルギーが切れると幼虫の姿に戻ってしまう。また、強化後の弱点はエネルギー吸収の間に出来る0.1秒の隙

活躍

度重なる失敗に怒ったクライシス皇帝は、ジャーク将軍達に最後通告とも言える『最終時計』を送った。「全員の処刑を免れるにはRXを倒すしかない」と考えたゲドリアンは、体内で育てたゲドルリドルの幼虫をに吐き出した。
成長したゲドルリドルは工場のエネルギーを吸い尽くし、立ち向かうRXのエネルギーをも吸い尽くし窮地に陥れる。ゲドルリドルがRXにトドメを刺そうとした瞬間、突如現れたダスマダーによって両腕を斬られ幼虫に戻ってしまう。
味方を攻撃し、さらにRXをも逃がしてしまった戦犯のダスマダーに怒りをぶつけるゲドリアン。だがダスマダーは自分たちだけ助かろうとするため「任務に失敗したゲドリアンを処刑する!!」と言いがかりをつけ※、ボスガンガテゾーンを引き連れてゲドリアンを攻撃。ゲドルリドルはゲドリアンに飲まれ、ゲドリアンと共に死んだと思われた。

しかしゲドリアンは生きており、クライス要塞に潜入し自身の体を介してエネルギーをゲドルリドルに送る。だがそれは、ゲドリアンの命も削ってしまう大きな賭けであった。

※実際、ダスマダーの邪魔がなければRXを倒せる状況だった。この時のRXはエネルギーを全部ゲドルリドルに吸い取られて衰弱状態に陥っていた。

最期

RXを敗退寸前に追い込むが、前述の弱点を見抜かれ、アンテナとなる尻尾が破壊される。
最期はリボルクラッシュを受けて爆死。ゲドリアンもクライス要塞のエネルギーの逆流によって力尽き、体が砂になって絶命する。

余談

デザインは原作者の手により、名称案はブヨムブヨム

関連タグ

仮面ライダーBLACKRX クライシス帝国 ゲドリアン 怪魔異生獣
ダスマダー

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲドルリドル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174

コメント