ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ボルティックシューター

ぼるてぃっくしゅーたー

ボルティックシューターとは、特撮テレビドラマ『仮面ライダーBLACK RX』に登場する武器の一つ。

概要

ロボライダーの専用武器である、高出力レーザーガン。仮面ライダーシリーズとしては初となる、銃型のライダーウェポンでもある。

仮面ライダーBLACK RXの使用するリボルケインが、多段変身に伴ってその形状を変化させたもので、使用の際には胸の前に両手を合わせる、或いは右股側面に手をやることにより、ロボライダーの意思に応じてその姿を実体化させる。


銀を基調とした本体に、銃身下部のマガジン状の部位などが外見上の特徴で、ロボライダーのエネルギーと連動して光エネルギーの弾丸(※)を発射する。理論上では、ロボライダー自身がエネルギー切れになるまでは発射可能ということでもあり、さらに後述の一例から、彼の手を離れてもそこまで時間が経たない場合、本体に残存したエネルギーを通常通り発射することもできることが示されている。

本体に備わっている照準器は、ロボライダーの脳と連結して確実に敵を捕捉し、作中では彼自身の射撃能力の高さと相まって100%の命中率を叩き出してみせた。初使用の際に、RXの力では破壊不可能とされた神殿牢獄の扉をやすやすと吹き飛ばすなど、発射される破壊光弾の威力も相当なものであり、この連射によって敵を撃ち抜く「ハードショット」は必殺級の威力を有する。

さらに、グリップ部のボタンでその威力の調整は勿論、

「連射光線」「拡散光線」「熱線」「火炎放射」といった、発射される光エネルギーの種類の変化までも自在に行える※。


※昔の書籍資料では、ボルティックシューターは前出のハードショット以外にも、「連続シュート」、「ピンポイントシュート(局所攻撃)」、「オープンシュート(拡散攻撃)」、「サンシャインシュート」などの4種類の攻撃を繰り出すこともできる設定が存在したが、名前のみで各シュート技の詳細まではほぼ不明なままであった。

しかし、上記のグリップ操作によって発射される光エネルギーの種類も丁度同じように「4種類」である為、シュート技の正体は、そのグリップ操作による四つの光線技に該当されると思われる。

よって、それぞれ名前と種類の特徴と消去法から推測すると恐らくは

『連続シュート=連射光線』『オープンシュート=拡散光線』『ピンポイントシュート=熱線』『サンシャインシュート=火炎放射』となるかもしれない。




とは言え、作中においてこれらの機能が十分に活用された訳ではなく、RXにとっての数少ない主要な遠距離攻撃手段ではあるものの、必殺技としての使用も登場初期のごく数回のみに留まっている。とはいえ、物語終盤でのジャークミドラとの戦闘の際、取り落としたボルティックシューターを佐原兄妹が使用したくだりなど、色々と印象的な使われ方もなされており、同時にこの使用例からは普通の人間(それも子供)でも、特に反動もなく正確な射撃を可能とするという汎用性の高さも示されている。


(※ 通常発射される光弾はオレンジ色をしているが、映画『仮面ライダー世界に駆ける』では、太い水色の光線とされている)


関連タグ

仮面ライダーBLACKRX

ロボライダー

リボルケイン バイオブレード


ライダーウェポン 拳銃 銃ライダー


ロボコップ:アメリカのSF映画の一つ。第1作目が公開されたのは『BLACK』と同時期であることから、ロボライダーのガンアクションや細かな挙動にも同作からの影響を色濃く受けている、と指摘する向きも根強く残されている

関連記事

親記事

ロボライダー ろぼらいだー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20586

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました