ピクシブ百科事典

疾風伝説

しっぷうでんせつ

疾風伝説とは、仮面ライダーSDの物語の一つである。
目次[非表示]

概要

 正式名称は「仮面ライダーSD 疾風伝説」月刊コロコロコミックにて1992年1月号から1993年3月号まで連載されていたかとうひろし氏の漫画。
 本作は人間絶滅した後の惑星で、怪人たちと仮面ライダーのみが何にも無い荒野を彷徨い、命を繋ぐために殺しあうという凄まじく殺伐とした物語である。したがって、登場する仮面ライダー達は「仮面ライダーなんとか」という名前が本名であり、変身シーンや生身の状態でのシーンなどは一切登場しない
 主人公たちは生き残るためにグランショッカーと戦うが、それは決して楽なものではなく…。

あらすじ

 かつて「BIG WAR」と呼ばれる大いなる戦争があった。正義の使者・仮面ライダー1号によって追い詰められたショッカーは超重力次元装置を発動させ、地球は滅亡した。1号は死の間際に己の力を10に分け、として空に解き放った。
 それから年月が流れた。人類が滅びた世界の上で、怪人たちの中にひときわ変わった姿の青年が混じっていた。彼の名は仮面ライダーV3。V3はマーシャルライドというバイクを使った格闘技達人で、武装組織グランショッカーに挑む。無辜の怪人たちを虐げ、非道の限りを尽くすグランショッカーに、V3の怒りは爆発。親友・ライダーマンと共に、グランショッカーに対抗するための組織「風の戦士」を作る。二人はグランショッカーを倒すため、1号の力を受け継いだ仲間たちを探す旅に出る。

登場人物

グランショッカー

魔神大首領
正体は死神博士
シャドームーン
強さも含め、破格の扱いを受けている。組織の崩壊後も生き延びる。
完全版の描き下ろしではやはり圧倒的な強さを見せ、しかしV3に敗れると潔く認める。
アポロガイスト
シャドームーン相手に偉ぶっていた。ロボライダーに変身したRXに敗れる。
ジェネラルシャドウ
清々しいまでの卑劣漢。シャドームーン失脚にライダーを利用しようとする中ジャーク将軍を抹殺。その後スーパー1に倒される。
ジャーク将軍
腹心のジャークを倒したV3達を雑魚呼ばわりする自信家。

関連項目

昭和ライダー みんなのトラウマ 
特攻の拓NARUTO疾風伝 - おしい! でも違います。

pixivに投稿された作品 pixivで「疾風伝説」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 626

コメント