ピクシブ百科事典

シュバリアン

しゅばりあん

仮面ライダーディケイドの「RXの世界」と「BLACKの世界」に登場した怪魔ロボット。
目次[非表示]

CV:稲田徹

概要

仮面ライダーディケイド第26話「RX!大ショッカー来襲」27話「BLACK×BLACK RX」に登場。
原典の仮面ライダーBLACKRXには登場しない、オリジナルの怪魔ロボットである。
区別付けとして「怪魔ロボット シュバリアン」と記載される場合もある。


RXの世界」における「クライシス最強戦士」を自称していたが、
大ショッカーの出現に困惑、更に世界を越えてやってきたアポロガイストの誘いで大ショッカーと手を組み、翌週には「大ショッカー最強の戦士」と名乗るようになった(これは原作の『RX』でも、毎週のように怪人が「俺はクライシス最強の怪人だ」と嘯いていたことのパロディ)。

怪力と分厚い装甲による防御力を兼ね備えており、
RXやディケイドも苦戦を強いられた。右手はになっているが、ここから光弾発射することが可能。

最後はディケイドコンプリートフォーム仮面ライダーアギトシャイニングフォームの同時攻撃「シャイニングクラッシュ」を受けて爆死した。

派生作品

春映画では2011年の『レッツゴー仮面ライダー』で初登場して、スーパーヒーロー大戦以外の作品での出演は皆勤賞である。
映画スーパーヒーロー大戦GP』ではショッカーの開発したアンドロイド(たぶん)として登場。の発光体からビームを放つ機能が追加されており、直撃すれば仮面ライダーブラックですら一発で変身解除するほどの威力を有する。これにより終盤ではある惨劇を巻き起こす一因となった。
普段はショッカーの兵隊に化けているものの、南光太郎を拿捕・抹殺すべくザンジオーカメバズーカと組んで襲い掛かった。終盤までしぶとく生き残るが、最後は仮面ライダーディケイドディメンションキックを受けて粉砕された。

関連イラスト



関連タグ

ライダー怪人 仮面ライダーBLACKRX 仮面ライダーディケイド 
怪魔ロボット RXの世界 ジャーク将軍

外部リンク

今週の最強(ニコニコ大百科)

pixivに投稿された作品 pixivで「シュバリアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1019

コメント