ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

水蟷螂。

名前通りカマキリに似た姿をしているがまったく別のグループに属し、系統的にはカメムシに近い水生昆虫である(カマキリはゴキブリの方が近い)。

 

むし

※イラスト中央


同じカメムシ目の水生昆虫であるタガメコオイムシは環境悪化により個体数を減らしているが、意外にも飛行能力に優れているため生息可能な環境にすぐさま移動できる。そのため生息圏が広く、シベリアから東アジア、東南アジアにいる。


ミズカマキリ

一方で泳ぎは他の水生昆虫より苦手で、体長ほどもある2本の呼吸管を水上に出し、枝や水草などにつかまりながら擬態。近づいてきた昆虫や魚、オタマジャクシなどを鎌状の前肢で捕獲し、口吻を突き刺して消化液を注入して溶解した肉を長時間かけて食べる。

 

関連タグ

カメムシ カマキリ 収斂進化

関連記事

親記事

水生カメムシ すいせいかめむし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3193

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました