ピクシブ百科事典

夜ノヤッターマン

よるのやったーまん

タツノコプロが製作したテレビアニメ。タイムボカンシリーズの一つであり、『ヤッターマン』を元としたスピンオフ作品にあたる。
目次[非表示]

清く正しく美しく。ドロンボーがいる限り、この世にヤッターマンは栄えない。闇を払い、新たなる夜明けを!

概要

2015年1月からTOKYOMX読売テレビ中京テレビBS日テレで放送された。全12話。
同年4月以降からは福島中央テレビ、宮古テレビ(沖縄県のケーブルテレビ局)でも放送されている。

今風になった三悪ヤッターマンと詳細は徐々に更新されていく形式で明らかになっていった。
スタッフにはガッチャマンクラウズ波打際のむろみさんになど参加した若手メンバーが参加しているが、その代わり、古参スタッフのほとんどは関わっていない。
(ただし、笹川ひろしはスーパーバイザーとしてクレジットされてはいる。)

本作はタイムボカンシリーズ初の深夜枠で放送された1クール作品となる。
テレビシリーズでは初めて三悪が正式な主人公となった。(派生OVAを含めれば「タイムボカン王道復古」などの前例あり)ヤッターマンは敵側となり、後述するように正義の味方では無くなっている。
今回登場する三悪は「ドロンボー一味達の子孫」という設定であり、女ボスは大人の女性ではなく、九歳の少女となった。それに伴い三悪のキャストは刷新されている。

従来のシリーズのように一話完結式のギャグアニメでは無く、ヤッター・キングダムの世界観やそれに纏わるエピソード等、シリアス色の強い作風となっている。
実際本作では、シリーズ初の流血シーンが起用されたり、シリーズの特徴の1つでもある「作中におけるフィクションの意識」と「ナレーター」が廃止されている。

イントロダクション

何が善で、何が悪なのか……!?
ドロンボー一味との長き戦いを制したヤッターマンだが、彼らが築いた王国ヤッター・キングダムは平和な楽園ではなかった!?
国は疲弊し、圧政に苦しむ人々!
そこに立ち上がったのは、かつてヤッターマンのライバルとして戦ったドロンボー一味の末裔で、ヤッターマンに恨みを抱くレパード
“ドロンジョ”の後継者としてその名を受け継いだ彼女は新生ドロンボーを結成。
憎きヤッターマンにデコピンするため、ヤッター・キングダムに乗り込む!! (公式サイトより)

登場キャラクター

夜ノヤッターマンの登場人物

用語

ドロンボー一味

ヤッターマンにおしおきをするべく、レパード達が自分たちの先祖の名前を名乗って復活した組織。
当初の服装は縫製が苦手なヴォルトカッツェ(ボヤッキー)により貧相な出来になってしまった上、ガリナに暖炉に焼き捨ててしまったが、ガリナが徹夜で絵本で見たドロンボー一味の衣装を縫製し贈られ、以降の正式な服装となった。
メンバーもレパード、ヴォルトカッツェ、エレパントゥスの三人のみであったが、ガリナ、アルエットも加わり、五人になった。
登場時の口上は「清く正しく美しく。ドロンボーがいる限り、この世にヤッターマンは栄えない。闇を払い、新たなる夜明けを!」である。この口上は旧作や2008年度版におけるヤッターマン登場時の口上とほぼ同じである。
あと、ドロンボーの特徴の1つであるインチキ商売だが、祖先の様に上手くはいかない。それどころか、商品の種を自らばらしてしまい、代わりに、それをサービスと言ってただにするほど、彼らはインチキに向いていないようである。
第9話で久々に行ったが、それはもはやインチキでも何でもない。ただの芸である。

ヤッターマン

本作の「ヤッターマン」は、かつてドロンボー一味を倒し北の地に楽園「ヤッター・キングダム」を造った男女一組の英雄である。ヤッターマンの伝説は後の世にまで語り継がれており、レパードも子供向けの絵本「ヤッターマンでんせつ」を読み、憧れを抱いていた。
しかし、時代が進むにつれて当時の正義の心は忘れ去られ、天国のような王国「ヤッター・キングダム」はいつしか圧政で人々を苦しめるディストピアへと変貌、多くの人間を強制労働させたり、王国以外の人間を辺境の地で追い込むなど、冷酷非情な暴君のように支配されている。

レパードたちがドロシーの病気を治す薬を求めて海峡を越えた時、ヤッターマンのようなシルエットを持つ二人に出会ったが、その二人は無慈悲にレーザー銃を発砲、ドロシーの訴えを一顧だにせず追い返した。

第一話は影で覆われていたが、第二話でロボットである事が明かされた。さらに無数に登場し、光線銃で侵入者を容赦なく追撃する。
また、ヤッター兵隊長と呼ばれるリーダーのロボットが存在し、彼らを指揮している。
ゾロメカらしきメカも登場しているが、容赦ない攻撃するなど悪のようなメカに描かれている。

本作のヤッターマンは旧作や2008年のリメイク版とは180度違って、人々を苦しめる正義の心も一欠けらも無い非情な悪として描かれているが、現在のところ、初代・平成版のヤッターマンとの関係は完全には明かされていない。どちらの子孫でもない事だけは、間違いないようである。(もっとも旧作のヤッターマンはドロンボー一味にはおろか、オモッチャマやヤッターワンに対してもぞんざいな振る舞いをすることもあったが・・・)
なお「夜ノヤッターマン」の世界観・ストーリーは昭和版ヤッターマンを思わせるが、ヤッターマンロボやOPの亡霊のようなヤッターマン1号の衣装デザインは平成版のものである。

ヤッター・キングダム

ドロンボーを打ち倒したヤッターマンたちによって作られた王国。国主は代々「ヤッターマン」を名乗り国を治めている。
デッカイドーと呼ばれる所に存在しており、ドロシーたちの住む辺境の地の対岸にある。

当時は楽園のように国は富み、暮らす人々は幸せに包まれると言われていた天国のような理想郷であったが、時代が進むにつれて当時の正義の心は忘れ去られ、いつしか圧政で人々を苦しめるディストピアへと変貌、多くの人間を強制労働させていた。
その為、国民の多くはボロボロの家に住み着いており、ヤッターマン恐怖政治に怯えていた。
また許可なくヤッター・キングダムへ上陸することは許されず、上陸しようとすれば容赦ない攻撃が行われる。

赤紙により本人の意思とは関係なく強制的にヤッター・メトロポリスに35年間強制労働させられ、周辺の人々も洗脳されたかのように万歳で送り出される。

なお「デッカイドー」は昭和版『ヤッターマン』に見られた架空地名・・・かと思われたが、
どうやら北海道のなれの果てのようである。

因みにヤッターキングダムの消費税は80%と極めて高額である。

ヤッター・メトロポリス

「デッカイドー」の最北端にある「ソリャソウサ岬(稚内市に相当する場所)」にあるという、ヤッター・キングダムの首都。
ガリナとアルエットの両親はこの地で強制労働させられた末、工場の爆発事故で亡くなった。

ヤッターマンでんせつ

レパードが子供のころから読んでいる、子供向けの絵本。内容は先代のヤッターマンが、先代のドロンボー一味を倒し、ヤッター・キングダムができるまでを描かれている。
レパードの他に、アルエットの家にも置いてあった。この絵本が、ドロンボー一味やガリナ・アルエットにも影響を与えることになり、後にレパードたちは「ヤッターマンでんせつ」を再読し、描かれていたドロンボー一味の服装や行動・言動に倣うようになり、ガリナも、この絵本を参考にドロンボーの衣装を作成した。

辺境の地

かつてドロンボー一味がヤッターマンに倒されて流れ着いたという、海と山に囲まれた土地。
レパード(ドロンジョ)の生まれ故郷で、ドロンジョ達の末裔が住んでいた。
大地は痩せて作物は育ちにくく、住む者たちは貧しい暮らしを強いられており、医療などが乏しく、薬がない模様。
山側にはYマーク(ヤッターマンのアイコン)が刻まれた巨大で長い壁がそびえ立ち、住人たちは他の地に移り住む事も出来ず、半ば閉じ込められ、海を越えヤッター・キングダムに行こうとしても、Yマークの壁が緊急屹立し、行く手を阻む。
外れにある墓所は岬のような場所にあり、住人にとってはさながら「天国(ヤッター・キングダム)にいちばん近い場所」で、第一話に病で命を落としたドロシーも夫の墓がある所に埋葬、共に永遠の眠りに付いている。しかし第2話で、オダさまが見つけた本からヤッター・キングダムに通じるもう1つの手段として、永らく使われておらずにがれきなどで埋まっていた青函トンネルを発見がれきなどを撤去し、ヴォルトカッツェが作ったトロッコでヤッター・キングダムへの上陸に成功する(途中に竜飛海底駅があった)。

おしおき

本作ではドロシーが自分たちの状況を「おしおきを受け続けている」と語ったり、決起したレパードが「ヤッターマンに“ おしおき “をする」と誓うなど、キーワード的に多用されている。

メカニック

詳細は「夜ノヤッターマンのメカニック一覧」を参照

制作スタッフ

原作・制作:タツノコプロ
監督:吉原達矢
シリーズ構成:ふでやす かずゆき
キャラクターデザイン:後藤圭佑
メカニックデザイン:雨宮哲 / 川原智弘 / 城前龍冶
プロップデザイン:中山竜
演出チーフ:中野英明
色彩設計:のぼりはるこ
美術監督:海津利子
撮影監督:神木正士
編集:奥田浩史
音楽:加藤達也
音響監督:今泉雄一
音響制作:HALF H・P STUDIO

主題歌

オープニングテーマ

「極限Dreamer」
作詞:勇-YOU- / 作曲・編曲:太田雅友 / 歌:SCREEN mode

エンディングテーマ

「情熱CONTINUE」
作詞:畑亜貴 / 作曲・編曲:山口朗彦 / 歌:スフィア

関連イラスト

闇に飲まれた世界
や~っておしまい!



余談

カップ焼きそば現象
主役のレパードが露出度の高い服を着た覆面幼女つながりからか、「世界征服~謀略のズヴィズダー~」のヴィニエイラ様っぽいと評判。

夜ノズヴィズダー



公式が追いついた
続いてボヤッキーの末裔、ヴォルトカッツェ。
なんとイケメン! その容姿には漫画家の故・帯ひろ志先生も草の根の下で驚いているであろう。なにせ自身が手がけたコミカライズ版でイケメンとなった『かっこいいボヤッキー』をやったことがある。
ちなみに『かっこいいトンズラー』もいるがケンコバそのまんま。

まさかの公式
再びレパード。何と、MMDモデルとして登場。
しかも、実際に公式Twitterでも宣伝されている
このモデルは『Windows100%』という雑誌の2015年2月号付録として収録されているので、興味のある方はチェックしてみるとよいかもしれない。

関連タグ

2015年冬アニメ 原作クラッシャー
アンチヒーロー
ロックマンゼロ・・・元々は正義のヒーローのモチーフにした量産型の敵が出てくるなど、共通点がいくつかある。
人造人間ハカイダー・・・同じく敵キャラをリメイクした作品、又独裁国家を主人公が倒そうとしていると言う所も似ている。
タイムボカン24・・・本作終了後に制作されたボカンの新シリーズ。今作の三悪とドクロベエの声優が引き継がれている。

評価タグ

夜ノヤッターマン100users入り夜ノヤッターマン500users入り夜ノヤッターマン1000users入り夜ノヤッターマン5000users入り

外部リンク

公式サイト
公式Twitter アカウント

pixivに投稿された作品 pixivで「夜ノヤッターマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6089314

コメント