ピクシブ百科事典

タイムボカン王道復古

たいむぼかんおうどうふっこ

『タイムボカン王道復古』とは、タツノコプロによる自社記念作品の総称。
目次[非表示]

概要

アニメ制作会社『タツノコプロ』の創業30周年記念企画の1つ。

ドラマCD2巻とOVA2巻から成る全4話のメディアミックス作品

構成

表題に『タイムボカン』を冠してはいるものの、実際の中身は各作品を彩った三悪の視点で進行する異色の内容となっており、前半は「歴代三悪が30周年記念OVA作品の悪玉の座を奪い合う」、後半は「代表に選ばれた三悪が他のタツノコキャラとの夢の共演を果たす」というコンセプトの下に大騒動を繰り広げ、各作品の決め台詞やお約束、意外な脱線ネタがこれでもかと散りばめられたファンサービスに終始する大盤振る舞いの作品となっている。

歴代三悪が総出演する形式上、特にOVA第1巻では各担当の小原乃梨子八奈見乗児たてかべ和也声優業界唯一の「単発30分作品でメジャーキャラクター7役同時演技」の偉業を達成し、この事はドラマCD第1巻の主題歌『3×7=大予想』の歌詞中で

悪役同士がぶつかり合って でもはおんなじ声はおんなじ わっからないなぁ

と皮肉めいた一節で触れられている。

※後の2011年8月8日、土俵こそ違えど玄田哲章が『銀魂』第220話でこれを上回る大記録「シリーズ放送30分作品で8役同時演技」(屁怒絽、次郎、三郎、四郎、五郎、)を樹立した。

なお、王道復古シリーズが終焉してから約一年半後に当たる1995年9月25日に富山敬が膵臓癌により病没したため、この作品がタイムボカンシリーズにおける富山の遺作となった。

メディア一覧

VHS

発売日表題
1993年11月26日タイムボカン王道復古 第1巻
1994年1月1日タイムボカン王道復古 第2巻
※2000年7月には2話を1巻にまとめてDVD化されている。

CD
発売日表題
1993年9月22日タイムボカンOVA大復活記念 悪玉馬券
1993年12月16日タイムボカン王道復古 特訓満漢全席

ストーリー

前日談(ドラマCD第1巻)

タイトルは『大レース その前夜』。

タツノコプロが創業30周年を記念してタイムボカンシリーズのOVAを制作する運びとなり、歴代の三悪7組に『主役はもらった杯争奪 オール三悪メカメカ猛レース』と称する悪役争奪バトルロイヤルレースへの参加状が届けられた。久しぶりに活躍の場が、しかも優勝すれば自分たちがOVAの悪玉を飾って再び脚光を浴びる千載一遇の機会とあって、各チームは他の三悪を出し抜くための作戦会議に明け暮れる。

なお、このCDには「馬券」と銘打たれた応募ハガキが封入され、ブックレットの情報やケース裏面の下馬評を参考にしてOVA第1巻の優勝チームを予想する、即ち「悪玉馬券塾」の表題が示すように三悪のメカレースを7頭立ての単勝競馬に見立てた人気投票を兼ねたお遊び要素が含まれており、予想を的中させた上で抽選に当選した応募者にはOVA第1巻予約特典と同様の単勝式馬券を模したテレホンカードが贈られた。

下馬評

馬番騎手厩舎馬名馬主
1マージョ一味タイムボカンゴリラ ガイコッツ木江田博士
2ドロンボーヤッターマンダイドコロンメカドクロベエ
3アクダマンゼンダマンアクダ ライオンニャラボルタ
4オジャママンオタスケマンアターシャ メカトンマノマント
5ミレンジョ一味ヤットデタマンタイム ラクーダコマロ王子
6クリーン悪トリオイッパツマンシャレコウベ バギードンコンコルド会長
7ヤンヤン一味イタダキマンリュウコメカ竜子ちゃん
※騎手内訳、予想印、短評はレイアウトの都合で省略。また、一部に本来の名称とは異なる部分が存在するが、これはケース裏面の下馬評に従った公式表記である。

第一話(OVA第一巻)

タイトルは『チキチキ・ウゴウゴ・ホゲホゲマシーン猛レース』。

満を持して開催されたレース当日、腹黒い野心に燃える三悪6組とは対照的にドロンボーのみが意気消沈していた。ドロンボー解散後、コスイネンから皆伝された職人顔負けの蕎麦打ち技術を頼りに国分寺で小さな蕎麦屋『会津屋』を構え、ようやく結ばれた恋女房会津若松のおハナ」と共に第二の人生を静かに歩んでいたボヤッキーだけがレースへの不参加、つまりは三悪復帰を拒絶したのである。

いよいよ熾烈なレースが始まり、各チームが練り上げたそれぞれの秘策を実行に移して他の三悪に妨害工作を仕掛ける中、コスイネンが放った「シリーズで唯一、顔の違うヤツなんかに負けませんよ」とする痛烈な嫌味がジュリー・コケマツの逆鱗に触れ、とんでもない闘いの幕を上げる事態となった。コケマツがこの日のために用意した秘策とは、何と出演機会を条件にヤットデタマンを口説き落として借り受けた『大巨神』であり、これを使ってクリーン悪トリオに襲い掛かったのだ。

ところが、当のコスイネンも「タイムボカン史上唯一正義に勝った男」の絶対的自信から来る万全の秘策を用意しており、コケマツ同様にイッパツマンを口説いて借り受けた『逆転王』を出撃させて善玉メカ同士の一大決戦に持ち込んだのである。

一方、そうした争いから抜け出した上位数チームのうち、狡猾な本性を現したマージョ一味の参謀グロッキーが事前に仕掛けておいたを発動し、アクダマンとドロンボーの足止めに成功した。辛くもアクダマンは窮地を脱して逃げおおせたものの、罠に掛かった影響でエンジントラブルが発生したドロンボーが絶体絶命の危機を迎えたその時、余裕綽々の下卑た高笑いと共に現れたのは、せっかく掴んだささやかな幸せを捨ててまでも旧友の危急に駆け付けたボヤッキーその人だった。

後日談(ドラマCD第二巻)

歴代三悪ひしめく大混戦を紙一重で制して悪玉の座を手にしたドロンボーが、善玉として同時出演が決定したヤッターマンとの対決に臨むべく様々な特訓に挑戦する。

このCDに収録されている楽曲『風雪マタタビンガー』は、OVA第2巻で行われるインチキ商売のアニメ作品『放浪戦士マタタビンガー』の主題歌である。

第二話(OVA第二巻)

タイトルは『ヤッターマン タツノッコン王国同窓会だコロン』。

久し振りのインチキ商売で大金をせしめて浮かれていたドロンボーだったが、突如として現れたドクロベエならぬトグロベエから下された指令に従って「トグロストーン」があるとされる謎のタツノッコン王国』の探索に乗り出す。

アジトに潜入してこれを知ったオモッチャマがヤッターマン復活の必要性を説くが、めでたく結婚して新婚ボケの毎日を繰り広げるガンちゃんアイちゃんにはまるで届かず、そうこうしている間にボヤッキーが究極の悪玉メカ『ロリコンダー』を完成させて出撃の時を待っていた。

とは言うものの、ドロンボーもタツノッコン王国に関わる情報が見つからずに出撃しあぐねていた折、ふとボヤッキーが以前に会津屋に訪れた奇妙な客の行動を思い出し、その足跡を辿った終着点こそが実はタツノッコン王国の入り口であった。これ幸いと飛び込んでみると、そこはタツノコプロが手掛けた30年分の新旧アニメキャラクターが一堂に会する世界、まさしく「タツノコキャラの国」だったのである。

特に襲撃を邪魔される事も無く、トグロストーン奪取まであと一息に迫った時、の底では「いつヤッターマンが現れるか」と期待していたドロンボーがどこからともなく現れた集団に襲われた。そこに居並んだのはヤッターマンではなく、何と科学忍者隊ガッチャマン新造人間キャシャーン宇宙の騎士テッカマン破裏拳ポリマーという名立たるタツノコヒーローの面々だったのだ。

それぞれに高い戦闘能力を持つ善玉ヒーローだけあって、それらの集中攻撃によって折角のメカもあれよあれよと傷付き、遂に装甲の剥落を見て爆散の危機に瀕したその時、満身創痍のロリコンダーが第二形態『セーラームンムン』に姿を変えて真の究極悪玉メカの本性を現したのだった。

三悪メカ『小学一年生メカ ロリコンダー』(サブネーム『アリサ』)
声優:松井菜桜子

形状機体名攻撃方法
第一形態ロリコンダー突進頭突き踏み付け
第二形態セーラームンムン超出力ビーム高圧電流嘘泣き色仕掛け
最終形態オバンバー強行直進

関連イラスト

  • 大巨神vs逆転王
逆転王VS大巨人(イッパツマンとイタダキマン)


ええーい、全ては任せた!!大巨神、行けぃ!!
逆転満塁サヨナラホームランだ!!逆転王、行けぇ!!

  • 成長する究極のメカ セーラームンムン

MGセーラームンムン


アリサはとっても不幸です。えーんえーん、えーんえ…(ニヤリ)ふざけんなよぉぉぉい!!

  • 究極のメカニック ボヤッキー

ACVエンブレム ボヤッキー


何をおっしゃるタヌキさん!!セーラームンムンの本当の恐ろしさ、見せてやるわよ!!

関連タグ

タツノコプロ タイムボカン 三悪
小原乃梨子 八奈見乗児 たてかべ和也 滝口順平 富山敬

pixivに投稿された作品 pixivで「タイムボカン王道復古」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1978

コメント