ピクシブ百科事典

ガンちゃん

がんちゃん

あ~かいかめんに もえあがるせいぎのこ~ころ~
目次[非表示]

紹介

↓Mask off

ガンちゃん


CV太田淑子、2008年版:吉野裕行(幼少時代:滝田樹里
ゲームでのCV:喜多村英梨
実写映画キャスト:櫻井翔

概要

タイムボカンシリーズ ヤッターマン』の「名前だけの主役」、平成リメイク版『ヤッターマン』の「名実共の主役」。
高田玩具店の一人息子で、フルネームは高田ガン。そうは見えないが、13歳で中学生。ツナギを裏返すことでヤッターマン1号に変身する。武器はケンダマジック。手先が相当に器用で、ヤッターメカは基本的に彼が造り出している(ヤッターワンは父親・徳兵衛の作りかけで、平成版だとヤッターペリカンは未来の彼の作品)。
昭和版のヤッターマン基地は巨大メカ、ヤッターキングやヤッターゾウが収納でき、平成版だとヤッタージンベエが出撃する度に近所の信号が赤になり、派手なカタパルトが飛び出す。
おい、どんだけ儲かってんだ、高田玩具店

昭和版ではアイちゃんと常にラブラブで、公然と人前でイチャイチャする。また、ドロンジョ様も急に恋に落ちてしまうほどのイケメンぶりを発揮し、ゲストキャラが彼に惚れる話も多かった。その反面、ドロンボーらに対してはとにかく口が悪い。それだけでなく、仲間であるオモッチャマやヤッターワンに対しても高圧的に接し、挙句の果てには「足手まとい」、「ロボットなんだから感情があるわけないだろ」だの、ドクロベエがドロンボーに接するよりもある意味ひどい扱いをしている。
昭和版の登場人物でもっとも腹黒いと言っても過言ではない

平成版では設定が一変し、基本的にいつも面倒臭がりで、アイちゃんのラブコールにもなかなか気づかず、美人を見るたびに惚れ(おかげでアイちゃんからはヤキモチを妬かれる始末で、度が過ぎるとシビレステッキの電撃を喰らう事もある)、さらに様々な流行りモノに手を出すミーハーであったり(そのため、ドロンボーのインチキ商売に引っかかることも多い)、テレビを観てゴロゴロすることが好きだったりなど、およそヒーローらしくない面が強調されている。
その反面、オモッチャマやヤッターメカのことを本当に仲間として思いやっていたり(最終話近くでは自分の命を賭して助けようとし、映画ではヤッターゼロの集中攻撃でヤッターワンのメモリーが初期化されたことに本気で悲しんでいた)、ドクロリングよりもアイちゃんのことを心配したりなど、大切なところでは熱さを発揮する、非常に人間味溢れる描写がされていた。
そのためか、イラストも2人のカップル絵(ガンアイ)が多い。結局、平成でも2人の仲はうまくいったようである(未来での描写)。

実写映画版では演じたのが嵐の櫻井くんだった。

関連タグ

ヤッターマン

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンちゃん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144200

コメント